完全保存版TVドラマガイド【2019年春】

特集

ストロベリーナイト・サーガ

4月11日 スタート フジテレビ系 毎週木曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後9:00~午後10:48)

キャラクター紹介

  • 姫川玲子(二階堂ふみ)
    警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係主任。ノンキャリアにもかかわらず27歳という若さで警部補に昇任。捜査一課唯一の女性班長として、直感と飛躍した思考、行動力を武器に姫川班を率いて難事件の真相に迫っていく。
  • 菊田和男(亀梨和也)
    姫川の年上の部下。生真面目な性格で寡黙だが、強い正義感を持つ体育会系の刑事。姫川班に異動してきた当初は、直感を武器に危険な捜査を繰り返す姫川を懐疑的に捉えていたが、次第に姫川の刑事としての優秀さと人間的魅力に気付いていく。
  • 勝俣健作(江口洋介)
    警視庁捜査一課殺人犯捜査第五係主任のベテラン刑事で、姫川の天敵。“ガンテツ”という通り名を持つくせ者で、摘発率は圧倒的トップを誇る。公安に8年間いた経歴を持ち、警察内外の情報収集に長けているが、おきて破りの捜査方法がさまざまな疑惑を招くことも。

出演者

二階堂ふみ/亀梨和也/江口洋介 ほか

スタッフ・音楽

原作:誉田哲也「姫川玲子シリーズ」(光文社)/脚本:徳永友一/脚本:ひかわかよ/脚本:関えり香/演出:石川淳一/演出:山内大典/プロデューサー:山崎淳子
主題歌:亀梨和也「Rain」

概要

二階堂ふみ&亀梨和也で「姫川玲子シリーズ」を再びドラマ化

累計400万部を突破した誉田哲也のベストセラー警察小説を原作にした、壮大かつ斬新な本格刑事ドラマ。2010年に同系で「ストロベリーナイト」として竹内結子主演でドラマ化された「姫川玲子シリーズ」を、キャスト・スタッフを一新し、まだ映像化されていない原作の最新エピソードを加えて再構成する。ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事で、警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係主任・姫川玲子を演じるのは二階堂ふみ。姫川の年上の部下となる巡査部長・菊田和男には、亀梨和也が扮する。さらに、姫川の天敵である、警視庁捜査一課殺人犯捜査第五係主任の勝俣健作役を江口洋介が務める。

記者会見情報

フジテレビ系の連続ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」の制作発表会見に、二階堂ふみと亀梨和也ら主要キャストが参加した。誉田哲也のベストセラー警察小説「姫川玲子シリーズ」を、キャストを一新して再ドラマ化する同作は、ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇進した姫川玲子(二階堂)と、姫川の年上の部下・菊田和男(亀梨)をはじめとした警視庁捜査一課の姫川班の活躍を描く。二階堂は初共演の亀梨について「思った以上に気さくな方で、おちゃめな部分もある」と明かし、一方の亀梨は「漢字は違うけれど、(役名の)姫川玲子と菊田和男で“玲和”。すごくいいなと感じた」と幸先のいい一致にうれしそう。亀梨いわく、撮影現場のムードメーカーは事務所の後輩・重岡大毅だそうで、「重岡くんと過ごすと笑い過ぎて自然と腹筋が割れる。今日も僕に対して『緊張してるんですか?』と聞いてきた」と語り、仲の良さをうかがわせていた。

  • 今回の攻めた作品に、文化を育てるという意味もある「令和」は合っています(二階堂ふみ/姫川玲子)

    個性的なメンバーが集まって、現場は和気あいあいで進んでいます。亀梨和也さんは、気さくな方というのは感じていたけれど、思った以上でおちゃめな部分もあります。新たな時代の元号「令和」には、文化を育てるという意味もあるそうなので、ものを作る職業としてはいい元号。今回の攻めた作品に合っているので、臆せずもの作りをしていくという意味ではいいスタートになりました。私は一人旅が好きなので、年始は1人でブータンに行きました。地球儀を回して行く場所を決める感じです。

  • 漢字は違うけれど、玲子と和男で“玲和”です(亀梨和也/菊田和男)

    大変おこがましいかもしれないけれど、新元号に自分の和也という名前の漢字一字が入ったと思ったし、漢字は違うけれど、姫川玲子と菊田和男で“玲和”。すごくいいなと感じました。二階堂さんは、お若いのにしっかりされていて、昭和の文化が好きな方。ただ寒さに弱いので、姫川の役の時はヒールの音で近づいてくるけれど、二階堂さんの時は湯たんぽスリッパのチャポーンという音で近づいてきます(笑)。重岡くんは、いまだにすべり知らずで、重岡くんと過ごすと笑い過ぎて自然と腹筋が割れます。今日も僕に対して「緊張してるんですか?」と聞いてきたくらいです。現場の雰囲気も姫川班の雰囲気も盛り上げてくれます。

  • ドラマデビューはフジテレビの刑事ドラマでした(宍戸開/石倉保)

    話がシリアスですが、僕らからは和気あいあい感が出ていると思います。意外と二階堂さんは旅好きで、一人旅が好きらしいです。1人で旅に行っているイメージがなかったので、驚きました。僕のドラマデビューが、フジテレビの刑事ドラマだったので、再び戻って来れたようで感慨深いです。

  • 姫川班のムードメーカー役ですが、演者としては重岡くんがムードメーカーです(中林大樹/湯田康平)

    姫川班の中では僕がムードメーカーですが、演者としては重岡くんがムードメーカーです。今まですべっているところを見たことがありません。亀梨和也さんはもっとクールだと思っていたけれど、実は楽しい系。決めるところは決めるのが、またかっこいいです。

  • 現場ではたくさんしゃべるようにしています(重岡大毅/大塚真二)

    僕がすべったりしているのを笑ってもらい、イジられています。僕は若いので元気にやっていかなければと、現場ではたくさんしゃべるようにしています。亀梨くんもいるし、安心感があります。新元号は令和ですが、まだ始まっていないので実感はありません。でも自分の生まれた平成が終わるのは変な感じです。新時代に切り替わる瞬間は、これから先も忘れないだろうし、絶対にこのドラマはヒットします。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP