完全保存版TVドラマガイド【2019年春】

特集

連続ドラマW 絶叫

3月24日 スタート WOWOWプライム 毎週日曜 午後10:00~午後11:00

キャラクター紹介

  • 鈴木陽子(尾野真千子)
    ごく一般的な家庭に生まれるが、秀才だった弟・純と何かと比較され、母親の妙子から愛されなかった寂しさを胸に秘めながら育つ。会社員として働いていたが、借金を抱えた父親の失踪をきっかけに人生が暗転。社会的、経済的に不幸な出来事が積み重なることで徐々に追い詰められ、保険金殺人にまで手を染める。
  • 神代武(安田顕)
    NPO法人の代表。ホームレスを囲い込んで、生活保護費を奪う悪徳ビジネスを悪びれずに行っている。善悪を超越した得体の知れない思考を持つ人物。陽子の人生に新たな道を示し、殺人者へと変貌させていく。
  • 奥貫綾乃(小西真奈美)
    刑事。陽子の事件を捜査していく中で、陽子の心の闇に触れ、共感のようなものを抱いていく。
  • 鈴木妙子(麻生祐未)
    陽子の母。成績優秀な陽子の弟・純ばかりを溺愛し、陽子には冷たい態度を取り続ける。

出演者

尾野真千子/安田顕/小西真奈美/麻生祐未 ほか

スタッフ・音楽

原作:葉真中顕「絶叫」(光文社文庫)/脚本:池田奈津子/監督:水田成英/プロデューサー:青木泰憲/プロデューサー:中山ケイ子

概要

尾野真千子が転落人生を歩む主人公を熱演。心を揺さぶる社会派サスペンス

葉真中顕の同名小説を原作に、貧困、無縁社会、ブラック企業と、平凡な女性が現代社会の暗部へと足を踏み入れていくさまを、息もつかせぬストーリー展開で描く社会派サスペンス。孤独死の謎、保険金殺人のからくりなど、社会システムの隙間に付け込んだ圧巻のトリックが繰り出されていく。家族や社会から見捨てられ、経済的にも精神的にも追い詰められ転落していく主人公・鈴木陽子を尾野真千子が演じる。悪徳ビジネスを行うNPO法人代表・神代武を、映画やドラマなどの出演が続く安田顕が怪演。事件の真相に迫る刑事・奥貫綾乃を小西真奈美が、陽子に冷たい態度を取り続ける母親・妙子を麻生祐未が演じる。

記者会見情報

WOWOWで放送の「連続ドラマW 絶叫」の試写会に、主演の尾野真千子、共演の安田顕が出席した。同作は、会社員として平凡に生きる主人公・鈴木陽子(尾野)が、借金を抱えた父親の失踪をきっかけに転落していく壮絶な生きざまを通して現代社会の暗部を描く社会派サスペンス。尾野は、演じる上で自身の苦節時代の精神を投影したようで、「お金のない時は心まで寂しくなって、周りが敵に思えてくることもあった。陽子の気持ちが分かって心が痛かった」と共感しきり。また、尾野とは初共演となる安田は、NPO法人の代表ながらも生活保護費を奪う悪徳ビジネスマン・神代武役。最初の印象を聞かれた尾野は、「『初めまして』が役柄のメーク姿。眉毛がなくて驚いた」と回想していた。一方の安田は、「打ち上げのカラオケが楽しかった。尾野さんは『アナと雪の女王』の『レット・イット・ゴー』がうまい!」と、尾野の熱唱ぶりを明かす一幕もあった。

  • これを伝えることによって何かがあると思って、信じて演じました(尾野真千子/鈴木陽子)

    とても悲しく、脚本の文字を読むたびに心が痛くて不安になりました。でも、これを伝えることによって何かがあると思って、信じて演じました。“やりたい”と感じた作品です。お金のない時は、心まで寂しくなって、昔の私も周りが敵に思えてくることがありました。陽子の気持ちが分かって心が痛かったです。安田さんとの「初めまして」が役柄のメーク姿でしたが、安田さんに眉毛がなくて驚きました。すごい迫力で、まじまじと見ちゃいました(笑)。でも、これをチャンスにずっと見ていようと思いました。

  • 怖い人が優しいとプラスに転じるギャップを意識して演じました(安田顕/神代武)

    私は、第1話にはほとんど出ていません。第2話の前半も、まったく出てきません。ここに立つのは(共演者の)要潤さんがいいのではないかと思いますが、朝ドラで忙しかったのではないでしょうか?(笑)。今回のドラマは、格差のどん底をスッと見せられるような怖さがありました。演じる上ではギャップを意識しましたね。腰の低い人が横柄な態度を取るとマイナスだけれど、怖い人が優しいとプラスに転じる。その心理を利用しました。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP