完全保存版TVドラマガイド【2019年春】

特集

プレミアムドラマ 大全力失踪

4月7日 スタート NHK BSプレミアム 毎週日曜 午後10:00~午後10:50

キャラクター紹介

  • 磯山武(原田泰造)
    脱サラして7年間の完全失踪を遂げた男。結局、家族が恋しくて家に戻ってきてから家業のパン屋で地道に働くものの、さえない毎日を送る。ある日、旧友に再会したことから再び失踪へ導かれる。
  • 磯山聖子(緒川たまき)
    磯山の妻。夫の失踪後に夢だったパン屋を始めたが、経営は思わしくない。なんとか立て直して、娘のななみに店を譲ろうと思っているが…。
  • 磯山ななみ(優希美青)
    磯山と聖子の娘。聖子と共にパン屋で働いている中、雅也に見初められ交際。婚約までこぎつけるが、実は先方の両親からは疎まれている。
  • 白金雅也(山田裕貴)
    老舗商社の御曹子で、ななみの恋人。今は、父・憲一の部下として働いているが、そのうち独立するつもりで、昔の仲間と一獲千金を狙っている。継母とは仲が悪い。
  • 高峰俊雄(手塚とおる)
    闇金融の取り立て屋として磯山を追い、辞めた後は聖子のパン屋に勤めるも赤字続きで首に。今は、個人ブローカーとして暗躍。聖子に金を貸すとともに、磯山をおちょくるのを楽しみにしている。
  • バーテンダー(Toshl)
    バー「Disappearance」のバーテンダー。このバーのママをしていた母が、7年前、磯山に失踪を勧めた。その後、母が他界したために店を継いだ。
  • 白金憲一(石丸謙二郎)
    雅也の父親で、老舗商社の2代目社長。家庭より仕事を優先して生きてきて、雅也が子どもの時に先妻が家を出た過去がある。磯山のことを毛嫌いしている。
  • 純蓮(浅野温子)
    伊豆の寺の副住職。20年ほど前までは、東京で家族と暮らしていたが、訳あって出家した。磯山に、封印した過去を明かす。

出演者

原田泰造/緒川たまき/優希美青/山田裕貴/手塚とおる/Toshl/石丸謙二郎/浅野温子 ほか

スタッフ・音楽

作:嶋田うれ葉/制作統括:管原浩/制作統括:坂下哲也/プロデューサー:大田貴史
主題歌:エレファントカシマシ「今を歌え」

概要

原田泰造演じる磯山が再び失踪!? 今度は殺人犯として追われるはめに

原田泰造演じる、人生のリセットを求めて7年間の完全失踪を遂げた男のさすらいの旅を描いた物語の続編。前作での失踪後、家に戻った磯山武(原田)が、今度は殺人犯として追われる身となり、またもや日本各地を転々としながら出会いと別れを繰り返していく。磯山の妻・聖子役で緒川たまき、元借金取り立て屋の高峰俊雄役で手塚とおるが続投。そのほか、成長した磯山家の娘・ななみに優希美青、ななみの婚約者・白金雅也に山田裕貴、雅也の父・憲一に石丸謙二郎、磯山へ新たな失踪の手引き本を渡す謎のバーテンダーにドラマ初出演となるToshl、伊豆の寺の副住職・純蓮に浅野温子が扮する。

記者会見情報

NHK BSプレミアムで放送する「プレミアムドラマ 大全力失踪」の試写会に、主人公の磯山武を演じる原田泰造と、磯山の妻・聖子役の緒川たまき、娘のななみ役の優希美青が出席した。同作は、2017年に放送された「全力失踪」の続編で、人生のリセットを求め7年間の完全失踪を遂げて帰ってきた磯山が、今度は友人の怪しい頼み事を引き受けたことから殺人犯として追われるはめになる。原田は「普通のおじさんが殺人犯として追われて日本全国逃げ回るっていう悲惨な話なんですが、結構明るく撮影をしていました。パート3があったらまたやりたい」と、続編制作に期待。共演する緒川と優希について、本当は優しいと前置きしつつ、「2人にさげすまれ、1日の撮影が終わって、帰りの車の中でその2人の顔が浮かんできて、あれ本気だったのかな? 本気で言ってないよな?と思った」とぼやき、笑いを誘った。

  • 2人にさげすまれ、帰りに“あれ本気だったのかな?”と思う日々でした(笑)(原田泰造/磯山武)

    普通のおじさんが、殺人犯として追われて日本全国を逃げ回るという悲惨な話ですが、結構明るく撮影をしていました。僕にとっては夢のあるドラマで、現実逃避できるんじゃないかと思います。嫌なことから逃げるのはそんなに悪いことではない、ということをこのドラマは言っているようで、僕にはしっくりきています。撮影中は、朝早い時間から「全力で走ってください。よーい、スタート!」とか言われて、吐き気がするような1日が始まり、本当の2人は優しいですが、奥さん役のたまきさんと娘役の美青ちゃんにさげすまれ、1日の撮影が終わって帰りの車の中でその2人の顔が浮かんできて、あれ本気だったのかな? 本気で言ってないよな?と思う日々でした(笑)。ただ、撮影中は本当に楽しくて終わらなきゃいいなと思いながらオールアップを迎えたので、パート3があったらまたやりたいです。

  • ある種の、聖子の失恋物語と思いながら演じていました(緒川たまき/磯山聖子)

    娘のななみも聖子も、いいかげんもう少し優しくしてあげたらと思いますが、結構冷んやりとした目と言葉を投げかけてしまいます。ただ、私が演じた聖子は、前作で磯山さんが7年間の失踪を終えた後に、そのやり切った感に見直したというか、ほれ直したというか、そういう気持ちが芽生えているので、今回はチラホラと、ただの上から目線というよりは磯山さんに対して一目置いているような認識を持っています。冷たくしながらもちょっとまぶしく磯山さんを見ているような気持ちを胸に抱きながら演じていました。本当は聖子にも、磯山さんともう少しかつてとは違う夫婦の何か愛情を交わすような時間があるといいなと思って、でも磯山さんは何かに巻き込まれて失踪してしまう。ある種の、聖子の失恋物語と思いながら演じているところがありました。

  • 本当は泰造さん大好きなので、きついことを言ったりするのがつらかったです(優希美青/磯山ななみ)

    本当は泰造さん大好きなんです。だからお芝居とはいえ、きついことを言ったりするのが本当につらかったです。第1話を、一視聴者としてすごく面白いなと思って楽しみながら見ましたが、「磯山が再び帰ってきた」と、すんなり受け入れられました。泰造さんの子犬のような寂しい目とか、しぐさだったり、表情だったり、しゃべり方だったり…一つ一つが磯山さんそのもので、帰ってきたと思いました。これから私も最終回まですごく楽しみなので、皆さんもぜひ楽しんで見てください。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP