完全保存版TVドラマガイド【2019年春】

特集

のの湯

4月14日 スタート BS12 トゥエルビ 毎週日曜 午後7:00~午後7:30

キャラクター紹介

  • 鮫島野乃(奈緒)
    東京・浅草で人力車の車夫をしている。銭湯が何よりも好き。立ち寄った銭湯で入居者募集の張り紙を見つけ、風呂なしアパートの「湯毛荘」に入居してくる。
  • 湯毛岫子(都丸紗也華)
    千夜子の孫で「湯毛荘」に住む専門学校生。潔癖性だが動物好き。意外に世話好きだが、その自覚のない一人っ子。
  • アリッサ・リベラ(高橋ユウ)
    「湯毛荘」に住む留学生。日本が大好きで日本文化への造詣が深いが、裸を他人に見せるのには抵抗があり、銭湯に入るのを嫌がる。
  • 榊汰助(福山翔大)
    野乃の車夫仲間。野乃に密かな恋心を抱いているが、まったく気付かれていない。岫子に好意を寄せられる。
  • 湯毛千夜子(根岸季衣)
    「湯毛荘」の大家で岫子の祖母。チャキチャキの江戸っ子でお酒好き。

出演者

奈緒/都丸紗也華/高橋ユウ/福山翔大/根岸季衣 ほか

スタッフ・音楽

著・釣巻和 原案協力・久住昌之「のの湯」(秋田書店「Souffle」連載)/脚本:宝来忠昭/監督:宝来忠昭/監督:平波亘
主題歌:図鑑「ゆら、ゆら、ゆら」

概要

奈緒主演! 3人の女性が下町の銭湯を巡りながら友情を深める癒やしの物語

ドラマ化もされた飯テログルメ漫画「孤独のグルメ」の原作者・久住昌之が原案協力した、同名人気漫画を連続ドラマ化。同じ下宿先に暮らす3人の女性が、下町の個性的な銭湯を巡り、裸の付き合いを通して友情を深めていく姿を描く。人力車の車夫として働く銭湯好きの主人公・鮫島野乃を演じるのは、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロインの親友役を演じ注目を集めた奈緒。野乃と同じアパートに住む湯毛岫子には都丸紗也華、留学生のアリッサ・リベラには高橋ユウが扮するほか、野乃の車夫仲間・榊汰助役を福山翔大、アパートの大家・湯毛千夜子役を根岸季衣が務める。

記者会見情報

BS12 トゥエルビの連続ドラマ「のの湯」の制作発表会見に、主演の奈緒と共演の都丸紗也華、高橋ユウが参加した。同作は、同名漫画を原作に、同じ下宿で暮らす3人の女性が銭湯を巡りながら友情を深めていく姿を描く。奈緒は「第1話からお風呂のシーンがたっぷり出てきますし、2話以降は3人の友情が展開していくので楽しみにしてください」と出来栄えをアピール。物語の舞台となる銭湯については、「日常の中で非日常が味わえるのが銭湯の魅力の一つ。何より、銭湯で毎日撮影していて疲れがたまらなかった」と実感を込めた。都丸は「お風呂のシーンはもちろんですが、私が犬の散歩のアルバイトをするシーンが面白くなっているのでぜひ見てほしい」と、お勧めのシーンを挙げ、高橋も「日本が大好きだけど人前で裸になることに抵抗があるアリッサが銭湯に挑む姿と、のんきな2人との温度差が面白い」と見どころを語った。

  • 銭湯で毎日撮影していて疲れがたまらなかったんです(奈緒/鮫島野乃)

    原作を読んで、とてもかわいらしい野乃ちゃんを演じられるのを楽しみにしていました。都丸さんは、大人っぽい印象があったんですけど、会ってみると本当にチャーミングで、一緒にお芝居をしていてものすごく一生懸命な方だと思いました。ユウさんとの共演は3度目になりますけど、頼りになるお姉さんなので、この3人の空気感がとても居心地よかったです。日常の中で非日常が味わえるのが、銭湯の魅力の一つだと思います。ちょっとした特別感が味わえて、ゆっくりと考え事ができたり、リセットできたり。何より、銭湯で毎日撮影していて疲れがたまらなかったんですよ。そこも大きな魅力です。銭湯の思い出といえば、小学校低学年の頃、銭湯を営んでいる友達と仲が良かったんです。銭湯が閉まった後に入れてもらったりして、すごく憧れの場所でした。

  • 肌ツヤが良くなったので、撮影が終わってからも普通に銭湯に行くようになりました(都丸紗也華/湯毛岫子)

    岫子は、原作ではショートカットで、しかも半分金髪なのでびっくりしたんですけど、原作通りに前髪を作って、メッシュも入れて楽しかったです。銭湯では、自分の家のお風呂より大きなお風呂に浸かれるからぜいたくですよね。私もこのドラマの撮影の間、毎日肌ツヤが良くなったと周りから言われたので、撮影が終わってからも普通に行くようになりました(笑)。皆さんもぜひ銭湯に行ってほしいです。銭湯の思い出は、幼稚園くらいの時にパパとお兄ちゃんと一緒に男湯に入って、とても恥ずかしかったのを覚えています。

  • 銭湯には出会いがあるなって思いました(高橋ユウ/アリッサ・リベラ)

    私はハーフですが生まれも育ちも日本なので、この役をいただいた時、自分とどう近づけようかと思って不安な部分もあったのですが、3人でいると自然と演じられ、空気感がいい感じに出せました。1人でお風呂に入ってリラックスするのも好きですけど、銭湯には出会いがあるなって思いました。たまたま銭湯で会った人とお話ししたり、いつも会っている友だちと普段できない話をしたり。他の場所と比べて、よりリラックスできる特別な場所なんだなって思います。私は4人きょうだいで、結構みんなで銭湯に行くことが多かったのですが、学校でたまに見かける、すごくおとなしそうな先輩が実は超ナイスバディーだったのを目の当たりにしてしまい、衝撃を受けた記憶があります。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP