完全保存版TVドラマガイド【2019年春】

特集

連続ドラマW 坂の途中の家

4月27日 スタート WOWOWプライム 毎週土曜 午後10:00~午後11:00

キャラクター紹介

  • 山咲里沙子(柴咲コウ)
    3歳の娘・文香、夫・陽一郎と3人で暮らす専業主婦。愛情を込めた育児をし、家事も完璧にこなすしっかり者だが、あるべき理想の母親像に縛られて息苦しい思いをすることも。乳幼児虐待死事件の補充裁判員として裁判に参加することになり、最初は激しい嫌悪感を抱くも、次第に被告人の水穂の境遇と自らを重ね合わせていく。
  • 山咲陽一郎(田辺誠一)
    里沙子の夫。エレベーターシステムの技術者。裁判に参加するようになってから平常心を失い始めた里沙子の様子を心配するが、何気ない言動の数々で里沙子を傷つけ、追い込んでしまう。
  • 安藤水穂(水野美紀)
    生後8カ月の娘を浴槽に落として虐待死させた事件の被告人。裁判ではあまり進んで語ることはなく、どこか諦めたような様子でいる。

出演者

柴咲コウ/田辺誠一/水野美紀 ほか

スタッフ・音楽

原作:角田光代「坂の途中の家」(朝日文庫)/脚本:篠崎絵里子/監督:森ガキ侑大/プロデューサー:岡野真紀子/プロデューサー:黒沢淳/プロデューサー:金澤友也
主題歌:柴咲コウ「silence」

概要

柴咲コウが母親役で主演。角田光代原作の究極のヒューマンサスペンス

「紙の月」「八日目の蝉」などで知られる角田光代の傑作小説を連続ドラマ化。主人公となる3歳の娘を持つ専業主婦・山咲里沙子を演じるのは、同局ドラマ初出演の柴咲コウ。虐待死事件の補充裁判員となった里沙子の目を通して、誰もが葛藤と悩みを抱えている現代の“家族愛”“母性”といった、普遍的だが心に突き刺さるテーマを投げかける。共演者に、田辺誠一、伊藤歩、眞島秀和、酒井美紀、高畑淳子、倍賞美津子、光石研、風吹ジュン、水野美紀ら実力派俳優が名を連ねるほか、「紙の月」(NHK)でもタッグを組んだ篠崎絵里子が脚本を手掛け、新進気鋭の映像ディレクターとして注目を集める森ガキ侑大が初の連ドラ監督を務める。

記者会見情報

WOWOWで放送する「連続ドラマW 坂の途中の家」の試写会に、主演の柴咲コウと共演者らが登壇した。角田光代の同名小説を映像化した同ドラマは、乳児虐待死事件の補充裁判員となった専業主婦・山咲里沙子(柴咲)が、被告と自分自身を重ね合わせながら“家庭”という閉ざされた世界を見つめていくヒューマンサスペンス。6歳の子役・松本笑花がサプライズ登場し、母親役の柴咲に花束を贈呈すると、「ちょっと大きくなった? 髪の毛も伸びたね。かわいくなりました!」と、すっかり母親の表情に。「子役というのが不思議なくらい演技が自然。私もそれに引っ張られる形で自然に芝居ができた」と演技を絶賛していた。今作の主題歌も柴咲が担当しており、伊藤歩から「歌が流れた時にコウちゃんが歌っているとは思わず、どこか北欧のすごい歌手が歌っているんだろうと思っていた」と褒められた柴咲が照れる一幕もあった。

  • 主題歌の作詞は、演じ終えたばかりで物語に没入することができました(柴咲コウ/山咲里沙子)

    周りにいる、俳優の友人たちのドラマWに対する評価が高くて、「それに出られるんだ」とうれしかったです。撮影に入っても、雰囲気が良くて清々しい風が吹いているような風通しのいい現場でした。主題歌の「silence」の作詞は、ドラマの撮影を終えて間もなくの年明けに取り掛かったので、演じ終えたばかりのホヤホヤ状態で、自分の中で物語を再構築するのが簡単にできて、物語に没入することができました。失意の底にいるようなイメージで、誰にも触れてもらえないような孤独感を思い浮かべながら言葉を紡いでいきました。

  • 僕の役は“ひどい役”。柴咲コウさんの役に、いつもひどいことを言っています(田辺誠一/山咲陽一郎)

    ドラマWは、社会派で今の世の中に必要なテーマを描いてるし、地上波や映画でやりにくいものにチャレンジしているという印象です。子役の松本笑花ちゃんは、かわいい子ですが芝居で泣く時は本気で全身で泣くし、止められないくらいの勢いでお芝居をします。自分たちが裁かなければいけない側を描くことで、ドラマは小説版より立体的になっています。本読みの時の「すごい本だね、これは」という空気が、全員の中にありました。僕の役に関しては“ひどい役”です。柴咲コウさんの役に、いつもひどいことを言っています。

  • 主題歌をコウちゃんが歌っているとは思わず、びっくりしました(伊藤歩/芳賀六実)

    去年の9月からWOWOWの撮影が多くて、角川大映によく通いました。作品のどれもが似通らず、それぞの監督の個性がしっかり出ている部分が魅力的です。(主題歌の)「silence」をコウちゃんが歌っているとは思わず、びっくりしました。どこか北欧のすごい歌手が歌っているんだろうと思っていたので、すぐにLINEしました(笑)。

  • 今後も骨太な作品に出られるような役者でいたいです(眞島秀和/安藤寿士)

    WOWOWの連続ドラマWは、人生観に影響を与えるような作品が多いです。今後もそんな骨太な作品を作っていってほしいし、それに出られるような役者でいたいです。

  • 子育ての大変さやつらさが描かれている、深いテーマの作品です(水野美紀/安藤水穂)

    連続ドラマWには、他ではできない社会派の斬り込み方をした作品が多いです。私も、子どもを産んで最初の3カ月くらいは本当に大変で、記憶も曖昧になるくらいでした。子どもと2人で過ごす夜が長くて、次の日の朝が待ち遠しくて、そして夕方になると「ああ、夜がまた来る」という不安がありました。幸せだけれど大変で、その頃は人生で一番の不安と孤独を感じていました。そういう子育ての大変さ、つらさが描かれているドラマはそうそうないと思っていたけれど、そこに斬り込んだ深いテーマの作品を作ってくれたと思います。


キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP