完全保存版TVドラマガイド【2017年春】

特集

土曜ドラマ24「マッサージ探偵ジョー」

4月8日 スタート テレビ東京系 毎週土曜 深夜0:20~深夜0:50

出演者

中丸雄一/小芝風花/和田正人/小澤征悦/倍賞美津子 ほか

スタッフ・音楽

脚本:井上テテ/脚本:政池洋佑/監督:根本和政/監督:瀧悠輔/プロデューサー:浅野太/プロデューサー:稲田秀樹/プロデューサー:小松幸敏/プロデューサー:村上公一
主題歌:マッサージ探偵ジョー「お疲れサンクス」

概要

KAT-TUN・中丸雄一が“マッサージ”で謎を解く探偵に。おバカで笑えるサスペンス

KAT-TUNの中丸雄一が主演を務めるサスペンスコメディー。中丸扮する、卓越したマッサージ技術と情報収集能力を持つ出張マッサージ師・矢吹原丈(通称・ジョー)が、毎回仕事先で殺人事件に遭遇し、驚異的なマッサージスキルで関係者の心を解きほぐし、「マッサージでそこまで分かっちゃうの?」と思わずツッコミを入れたくなる名推理を展開。事件の謎を解決していく。毎回、深夜番組ならではの“お色気マッサージ”シーンも登場。名探偵の決めゼリフは、「事件のツボはここだ!」。

あらすじ(第12話 7月1日放送)

【最終回】ジョー(中丸雄一)は、父・段平(西岡徳馬)と再会を果たすが、なぜか段平と一緒に逃走。そして、矢吹原家が代々政府御用達のマッサージ師だったことや、段平が自らの体を酷使する仕事を息子に継がせたくない一心で家を出たことを知る。一方、「ほぐす堂」には、「病で命が危ない者がいて、今すぐ矢吹原家の人間に診てもらわないと日本が危ない」との話が告げられ、一同は仰天。ジョーたちの行方を巡り大騒ぎになる。

キャラクター紹介

  • 矢吹原丈/ジョー(中丸雄一)
    マッサージ店「ほぐす堂」の出張担当の従業員。通称・ジョー。幼いころに父親と生き別れており、苦労して育った。生来の人間嫌いでコミュニケーション能力に欠けるが、ひとたび集中のスイッチが入ると人が変わったようになり、マッサージを通してありとあらゆる体の情報をゲットしてしまう。
  • 亜久里葉子/アグリ(小芝風花)
    「ほぐす堂」の新人従業員。通称・アグリ。天真らんまんで明るく、くせ者ぞろいの従業員たちをあしらう処世術も身に付けている。自称「ワトソン役」で、嫌がるジョーを強引に事件に巻き込む。
  • 加藤虎雄/タイガー(和田正人)
    警視庁捜査一課の刑事で、マネーの部下。通称・タイガー。実直で生真面目な性格で、「全ては勉強だ」が座右の銘。無謀な行動をとるマネーの尻ぬぐいから盛り上げ役まで、苦もなくこなす究極の相棒。
  • 金石徹/マネー(小澤征悦)
    警視庁捜査一課の刑事。通称・マネー。刑事ドラマに憧れて刑事になったストレートな男だが、思い込みが激しく、事件解決を自ら困難にしてしまう。ロサンゼルスでの研修を終えて帰国したばかりのせいか、英語を交じえての会話でクールな刑事を演じたがる。ジョーには、基本悪態をつくが、実は頼りにしている。
  • エコ婆(倍賞美津子)
    「ほぐす堂」の店主。芸能界や政財界にまで顧客ネットワークを持つ伝説のマッサージ師で、穏やかな風貌ながら、得体のしれない雰囲気も漂わせている。ケチで無駄を嫌うが、本人はあくまでも“エコ”だと主張している。実は、ジョーとの出会いは偶然ではない。

記者会見情報

テレビ東京系の連続ドラマ「マッサージ探偵ジョー」の試写会が行われ、主演の中丸雄一、共演の小芝風花、和田正人、小澤征悦が顔をそろえた。同作は「家政婦は見た」シリーズの“出張マッサージ師版”ともいえるサスペンスコメディーで、中丸は卓越した技術と情報収集能力を持った出張マッサージ師・矢吹原丈を演じる。劇中には毎回、深夜番組ならではの“お色気マッサージ”シーンも登場。中丸は「ドラマに参加したことはそれほどないけれど、こんなに女性の体を触るドラマは初めて。楽しかった」とにんまり。先日の撮影では、朝から晩まで女性をマッサージするシーンに臨んでいたらしく、「これが『マッサージ探偵ジョー』だなって実感した」と鼻息も荒く振り返っていた。一方、小澤は「真面目にバカをやるみたいなところが多々あるので、寝る前に笑っていただいて、明日も頑張ろうと思っていただけたら」と作品をアピールした。

  • 何かあったら副業でマッサージをやろうと思います(笑)(中丸雄一/矢吹原丈)

    皆さん、試写で第1話を見て楽しんでいただけたかなと思うんですけど、このドラマの本当の見どころって後半なんですよね(笑)。後半に向けてまた面白くなってくると思うので、そのあたりも期待していただけたらなと思います。セクシーシーンがほぼ毎週のようにあるのですが、それは印象に残っています。ドラマに参加したことはそれほどないのですが、こんなに女性の体を触るドラマは初めてだなって。ええ、楽しかったです!(笑)いつだったかな? 朝から晩まで1日ずっと女性の体を触っていた撮影の日もあって、これが「マッサージ探偵ジョー」だなって実感しました! ジョーを演じるに当たって、プロのマッサージ師の方に指導していただいたんですが、指を滑らせず、親指を固定して体重で負荷をかけると、プロっぽく見えるみたいです。もう、何かあったら副業でマッサージをやろうと思います(笑)。

  • まだ内緒なんですけど、第5話の撮影方法はぜひお楽しみに(小芝風花/亜久里葉子)

    亜久里葉子を演じさせていただきました、小芝風花です。アグリは、ちょっと“コミュ障”で人間嫌いのジョーさんを、グイグイ引っ張って事件の現場に連れていく役です。私が印象に残っているのは、第5話の撮影方法です。すごく特殊だったんですよ。まだ内緒なんですけど、「ありなんだ!」って思いましたからね。ドラマで、全編この撮影方法をしているのは見たことがないので、ぜひお楽しみに!もし実際にジョーさんがいたら? 個室でマッサージをお願いしたいですね。私、結構、声が出ちゃうみたいなので…。えっ?真面目に答えてますよ!(笑)

  • しゃくし定規な男のはずが、しゃくし定規からは逸脱してしまった部分も(笑)(和田正人/加藤虎雄)

    僕が演じさせていただく虎雄ことタイガーは、しゃくし定規な男なんですけど、恥ずかしながら37年生きてきて、その意味が分かりませんでした(笑)。なので、すぐに調べました。調べたところ、しゃくし定規というものからは逸脱してしまった部分もあるんですけど(笑)、個性あふれるメンツに囲まれ、面白い方に引っ張られて、結果そうなってしまったという感じです。一生懸命演じておりますので、よろしくお願いします!今回のドラマでは、ジョーが毎回、自分のツボを押して“変身”するんですけど、その変身シーン(のアクション)を毎回、中丸くんが微妙に変えてくるんですよ。マイナーチェンジをしているというか。なので、中丸くんの役者魂はすごいなって思いました。

  • キャスティングの期待に応えるべく、頑張ってやったつもりです(小澤征悦/金石徹)

    こういう、見た後にホッとできるようなドラマが僕はとても好きです。真面目な刑事役とかを今までやらせていただいていたんですが、それを見たプロデューサーが「小澤にこんなことをやらせたら面白いんじゃないか」というふうにキャスティングしてくださったのかなと思ってまして、その期待に応えるべく、頑張ってやったつもりです。“構想5年”の壮大なドラマになっておりますので、乞うご期待です!今回のドラマの、脚本はもちろん素晴らしいんですけど、こういう作風なだけに現場でみんなで話し合っていろいろ変えていくことが多くありまして、“みんなで作り上げているな”っていうのが、今回の正直な感想です。真面目にバカをやるみたいなところが多々あるので、寝る前に笑っていただいて、明日も頑張ろうと思っていただけたらと思います。

関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP