完全保存版TVドラマガイド【2019年秋】

特集

俺の話は長い

10月12日 スタート 日本テレビ系 毎週土曜 午後10:00~午後10:54

キャラクター紹介

  • 岸辺満(生田斗真)
    無職のニート。大学卒業後、起業したが失敗し実家に寄生している。現実逃避のための言い訳と屁理屈の天才で、口げんかだけは誰にも負けない。
  • 秋葉光司(安田顕)
    満の義理の兄。綾子の再婚相手。綾子の尻に敷かれて、家庭内で孤独を感じている。
  • 秋葉綾子(小池栄子)
    満の姉。バツイチだが、光司と再婚。前の夫との子どもで15歳の中学生・春海を育てている。満の屁理屈は単なる現実逃避と断じ、母・房枝にも責任があると詰め寄る。
  • 秋葉春海(清原果耶)
    綾子の娘。私立中学校の3年生だが不登校。思春期真っただ中の15歳。
  • 岸辺房枝(原田美枝子)
    満と綾子の母。夫の死後、女手一つで喫茶店「ポラリス」を切り盛りする苦労人。

出演者

生田斗真/安田顕/小池栄子/清原果耶/原田美枝子 ほか

スタッフ・音楽

脚本:金子茂樹/演出:中島悟/演出:丸谷俊平/プロデューサー:池田健司/プロデューサー:櫨山裕子/プロデューサー:秋元孝之
主題歌:関ジャニ∞「友よ」

概要

生田斗真主演のコメディーホームドラマ。無職ニートの“屁理屈ダメ男”役で奮闘

屁理屈をこねまくるダメ男の奮闘や挫折とともに、それに翻ろうされながら絆を深めていく家族を見守るコメディーホームドラマ。母親に寄生して、誰にも負けない口げんかで自分のダメさをごまかして生きてきた無職のニート・岸辺満を、4年ぶりの連続ドラマ主演となる生田斗真が演じる。姉一家との同居をきっかけに、ニート生活を送っていた満の人生が一気に動きだし、寄生ライフが脅かされることに。一家に巻き起こる問題に加えて大騒ぎの家族会議が繰り広げられるなど、丁々発止の掛け合いの面白さも見どころとなる。「世界一難しい恋」や「もみ消して冬」シリーズ(ともに同系)などを手掛けた金子茂樹が脚本を担当するオリジナル作。

記者会見情報

日本テレビ系の連続ドラマ「俺の話は長い」の試写会が行われ、主演の生田斗真、共演の安田顕、小池栄子、清原果耶、原田美枝子が出席した。主人公の岸辺満を演じる生田は「タイトルにあるように、1シーンがとにかく長いんです。それぞれのセリフも膨大なので、控室でみんなで練習して、一致団結して乗り切ろうとしています。それが家族の絆を生んでいると思います」と息の合った掛け合いの手応えを明かした。ドラマは、実家で喫茶店を営む母親・房枝(原田)に寄生して生活し、屁理屈ばかりを並べ立てて自分のダメさをごまかし続けて生きてきた満が、姉の秋葉(小池)一家がマイホーム建て替えのために一時的に同居することになったことで“寄生ライフ”が脅かされ、大騒動に発展するホームコメディー。

  • 小池さんは、やはり頼りがいのあるお姉ちゃんだなと思います(生田斗真/岸辺満)

    1シーンがとにかく長く、それぞれのセリフも膨大なので、控室で待っている間にみんなで一緒に練習したり、呼吸を合わせられるようにしています。すごく緊張感のある現場ですが、みんなで一致団結して乗り切ろうとすることが、家族の絆を生んでいるなと思います。今は第3話まで撮り終わって、第4話の台本が手元に来たところなのですが、セリフがまた増えているんですよ。スタッフが「こいつらやれるな」と思って、すごいことになっているんです(笑)。最終回が近づいたら、とんでもないことになるかもしれないですね。小池さんとはよく共演しているのですが、やはり頼りがいのあるお姉ちゃんだなと思います。女優さんとしても面白いし、声でかいなって思います(笑)。“ぶつかり合いがい”があります。ドラマでは家族が言い合う場面が多いですが、僕には4つ下に弟(フジテレビアナウンサーの生田竜聖)がいるので、子どもの頃はよくけんかをしましたね。僕の方がお兄ちゃんなので、取っ組み合いになると僕が勝つのですが、弟はどうにかお兄ちゃんを負かそうと、口げんかになると強いです。その特性を生かして、弟はアナウンサーになりました(笑)。

  • 生田さん、小池さんのシーンが終わった後はいつも拍手しています(安田顕/秋葉光司)

    生田さん、小池さんは誇らしいですよ。よくもまあ、あんなに覚えるなって。シーンが終わった後はいつも拍手しています。生田くん本人にも話したのですが、「これは毎回試合ですね」って。主演ですからとんでもなく試合が続いていくので、よく体が持っているな、すごいなと思います。ドラマでは家族が言い合う場面が多いですが、私自身は穏やかな家庭に育ちまして、そんなにけんかもなかったですね。でも1度、親父の寝室からエッチなビデオを見つけ出して、それを見ていたらものすごく怒られたことがありました(笑)。もめ事はそのくらいでしたね。

  • ほっこりするようなホームドラマが誕生したと胸を張って言えます(小池栄子/秋葉綾子)

    私も第1話を見て、ほっこりするようなホームドラマが誕生したと胸を張って言えますし、これだけ家族で言い合えるのは、愛があるなと思います。言い合いのシーンは楽しいですよね。屁理屈を言われているのに妙に納得するというか、台本が素晴らしいです。本当に仲の良い、ムードのいい現場だと思います。今回の生田くんは最高ですね。よく共演するのですが、間の外し方というか、お芝居のずらし方、役作りがすごいんです。私は斗真の屈託のない笑顔が好きなのですが、このドラマの中でもそれがたくさん見られます。言い合っている役柄なのですが、全然憎たらしくないんですよ。「うーん、かわいいっ!」みたいな感じで、彼にしか出せない魅力ですし、さすがだなと思います。でも実は、私が知っている生田斗真は、ジャニーズの中でも一番オーラがない男なんです。そこがこのドラマでいい感じに作用しているんじゃないかな。以前共演した舞台でも、主演なのに守衛さんに止められたりするんです。横にポスターが貼ってあるのに(笑)。ちょっと影のある部分も色っぽいと思いますし、そこがチャーミングな良さです。

  • 生田さんほどセリフ量は多くないのですが、ずっと台本とにらめっこしています(清原果耶/秋葉春海)

    1シーンが本当に長いので、休憩時間になるとみんなでセリフを読み合わせしたりしています。私は生田さん、小池さんほどセリフ量は多くないのですが、ずっと台本とにらめっこしています。生田さんは初共演なのですが、冷静な人という印象です。現場でも常に周りを見て動いているというか、雰囲気を作ってくれている方だと思います。ドラマでは家族が言い合う場面が多いですが、私の家では母がものすごくきれい好きで、誰がどこを掃除するかでけんかになることがありました。その影響か私もきれい好きで、特に水回りの掃除がすごく好きで、撮影の合間に家で掃除をしています。

  • 個性の強い家族のお母さん役で、台本を見て大笑いしています(原田美枝子/岸辺房枝)

    この個性の強い家族のお母さん役です。台本がすごく面白くて、いただくたびに大笑いしながら読んでいます。生田さんや小池さんは膨大なセリフがあるので大変だなと思いますが、とても面白いドラマになっていると思います。演じていても、楽しいです。本当にセリフの量が膨大なので、間を外さないようにドキドキしています。みんなの勢いがあるのに、私が間違えたらやり直しになってしまうので、1回で終わるように頑張っていますが、時々失敗はあります。(生田の演じる)満には自立してもらわないと親としては困るのですが、生田くんならまぁいいかなという感じになります(笑)。実際だったら大変でしょうけどね。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP