完全保存版TVドラマガイド【2018年秋】

特集

連続ドラマW 真犯人

9月23日 スタート WOWOWプライム 毎週日曜 午後10:00~午後11:00

キャラクター紹介

  • 重藤成一郎(上川隆也)
    元静岡県警の特別捜査班・管理官。ノンキャリアながら警視にまで昇進し、昭和49年に起きた誘拐殺人事件の時効が目前に迫る昭和63年、有能な刑事6人を率いて事件解決に心血を注いだ。平成20年になり、須藤勲殺害事件の捜査をする日下の訪問を受ける。
  • 日下悟(小泉孝太郎)
    須藤が殺害された事件を捜査する静岡県警富士裾野署の刑事。事件解決の糸口は、昭和の誘拐殺人事件にあると踏んで、警察を引退した重藤に捜査協力を依頼する。
  • 尾畑理恵(内田有紀)
    誘拐殺人事件の被害者・尾畑守の姉。事件によってあつれきが生じた家族の絆を再び取り戻したいと願っている。事件当時は7歳だったため、記憶があいまいで長い間、苦悩し続けている。
  • 榛康秀(高嶋政伸)
    昭和63年に行われた再捜査の時の、静岡県警本部長。未解決事件を残さないという名目で、時効の迫った誘拐殺人事件の特別捜査班の管理官に重藤を任命した。冷徹で出世欲の強い男。

出演者

上川隆也/小泉孝太郎/内田有紀/高嶋政伸 ほか

スタッフ・音楽

原作:翔田寛「真犯人」(小学館文庫)/脚本:池田奈津子/監督:村上正典

概要

上川隆也主演。昭和と平成の二つの時代に起きた事件が交差するクライムサスペンス

江戸川乱歩賞受賞作家・翔田寛の同名小説を、「連続ドラマW 沈まぬ太陽」以来2年ぶりの同局ドラマ出演となる上川隆也主演でドラマ化。昭和49年に起こった誘拐殺人事件を発端に、時効成立1年前の昭和63年と、新たな殺人事件が起こる平成20年の三つの時代をまたいで真犯人を追求していくクライムサスペンス。上川扮する昭和の誘拐殺人事件の再捜査に当たる刑事・重藤成一郎を筆頭に、平成の事件の真相を追う刑事役の小泉孝太郎、犯罪被害者家族役で連続ドラマW初出演となる内田有紀、冷徹な県警本部長役の高嶋政伸など、多彩な共演陣でおくる。監督は、WOWOW×東海テレビ共同製作連続ドラマ「犯罪症候群」シリーズの村上正典が務める。


記者会見情報

WOWOWで放送する「連続ドラマW 真犯人」の試写会に、上川隆也、小泉孝太郎、内田有紀が参加した。同作は、同名小説のドラマ化で、昭和49年と平成20年に起きた二つの殺人事件が交差し、未解決だった幼児誘拐殺人事件の真相に迫っていく刑事たちの姿を追ったクライムサスペンス。上川が、真犯人を追求する刑事・重藤成一郎の20代・40代・60代を演じ分けるほか、平成の殺人事件の真相を追う刑事・日下悟を小泉、弟を亡くした犯罪被害者家族の尾畑理恵を内田が演じる。スリリングな展開の台本を受け取った時のことを、上川は「一気に引き込まれ、全部読んでしまった」と報告。小泉も「ここまで鳥肌が止まらないのは初めて」と物語に魅了された様子。また、初共演となる内田について上川が、「普段は朗らかで夏のひまわりのような方なのに、撮影では影の中で生きているような女性に一瞬にしてなる」と感心する一幕もあった。

  • 20代、40代、60代を演じました(上川隆也/重藤成一郎)

    全部のお話が脚本となった形で手元に届きましたが、全5話、一度も手を止めることなく、一気に引き込まれて読みました。こらえ性がなくて全部読んでしまった(笑)。そして、今回は全部を俯瞰した上ですべてを理解して演じました。20代、40代、60代を演じたわけですが、何かを課せられると面白いと思うし、特に今回は事件が一筋縄ではいかない。一度のみならずもう一度取り組んでもかなわなかった事件、という壁を目の当たりにしている男が、どのように変遷していくのかを考えるのは演者として楽しかったです。彼にのしかかってくるものの重さを、なるべく変化として出していけたらと思いました。小泉孝太郎さんとは(同局の)「沈まぬ太陽」で共演しているので、壁もなく隔たりもなく演じることができました。初共演の内田有紀さんの、役に入られた時のギャップには驚きました。普段は朗らかで夏のひまわりのような方なのに、撮影では影の中で生きているような女性に一瞬にしてなる。演じるための瞬発力を感じました。

  • ここまで鳥肌が止まらない台本も初めてでした(小泉孝太郎/日下悟)

    脚本を読みながら、この扉を開けたらどうなるのかとゾクゾクしたし、事件の核心に触れるのが怖くなったので、一気に読むのはやめました。ここまで鳥肌が止まらない台本も初めてでした。一番ぜいたくだったのは、昭和という時代と事件を、上川さんと一緒に真相に向かって歩いていける時間です。不思議な感覚で、平成を生きているけれど、昭和も生きているような、一番ぜいたくな役だと思いました。ワンシーン、ワンカットが核心に近づくほどに、撮影が終わってしまうのかと寂しい気持ちになりました。見どころはラストシーンです。

  • 早く演じたいという衝動にかられました(内田有紀/尾畑理恵)

    早く結末が知りたくて、ズルして後ろから読もうと思うくらいだったけれど、頭から一気に読みました。一人で考えているとドキドキするので、早く演じたいという衝動にかられました。私が男性の俳優だったら、捜査一課に入りたいという気持ちになりました。男性の刑事さんたちのお話が熱いので、上川さんの下について一緒に芝居がしたかったです。深い悲しみや苦悩を感じながら生きていくという役柄で、演じている間はつらかったです。上川さんと小泉さんはすてきな方なので、撮影の合間にお話をしたいと思っても、今は演じる役の人生を生きなければうそになると思い、あまりお話できませんでした。ただ、最後の方は上川さんに時代劇の所作を教えていただくことができました。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

月~土曜日

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP