完全保存版TVドラマガイド【2018年秋】

特集

プレミアムドラマ 主婦カツ!

10月7日 スタート NHK BSプレミアム 毎週日曜 午後10:00~午後10:50

キャラクター紹介

  • 宮本夏子(鈴木保奈美)
    専業主婦として、家事と育児に全力投球してきたアラフィフ。職務経験は、20年前の不動産会社の事務業務のみ。夫・明良の転職で一念発起し、就職活動するがうまくいかず落ち込んでいた時に、スーパーマーケットのタイムセールでなりゆきから意外な才能を発揮する。「宝屋」の店長・岡野からスカウトされ、店で働くことに。
  • 宮本明良(宇梶剛士)
    夏子の夫。左遷をきっかけに会社を退職し、農業に取り組むと家族に宣言する。実は、夏子が無農薬野菜で子どものアレルギー食に奮闘する姿を見て以来、農業に興味を持っていた。優しい性格だが、詰めが甘く、夏子に反対されないために大事なことは常に事後報告する。
  • 朝比奈美咲(山口紗弥加)
    大手スーパーマーケット「グランデ」の営業推進部長で、仕事のできる女性。岡野の元妻。1年前に離婚した際、岡野が引き取った一人息子の聡を心配している。
  • 宮本華(島崎遥香)
    夏子と明良の娘で、看護大学に通う2年生。物事に動じないしっかり者で夏子から頼りにされている。実は、家族に言えない悩みを抱えている。
  • 岡野陸(岡田義徳)
    スーパーマーケット「宝屋」八王子台店の店長。3年前、近所に「グランデ」がオープンしてから経営不振に陥る同店を、何とか立て直そうとする。美咲と離婚後、4歳の息子・聡を保育園に預けながら働いている。
  • 倉木洋輔(青柳翔)
    都立高校の教師で、夏子と明良の息子・孝太朗の担任。最近の孝太朗の様子を心配し、夏子に助言する。

出演者

鈴木保奈美/宇梶剛士/山口紗弥加/島崎遥香/岡田義徳/青柳翔 ほか

スタッフ・音楽

原案:薄井シンシア「専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと」/脚本:江頭美智留/脚本:李正姫/演出:鈴木浩介/演出:松田礼人/制作統括:谷口卓敬/制作統括:中尾幸代
主題歌:東方神起「This is my love」

概要

鈴木保奈美主演。主婦が経営不振のスーパーマーケットの救世主になるお仕事ドラマ

薄井シンシアの「専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと」を原案に、専業主婦だったアラフィフの主人公が、20年ぶりに働くなかで、周囲の人々に影響を与えながら共に成長していく姿を描く、新しいお仕事ドラマ。ひょんなことがきっかけで、専業主婦から、経営不振のスーパーマーケットを復興させていくことになる主人公・宮本夏子を演じるのは、鈴木保奈美。夏子の夫・明良に宇梶剛士、その娘・華に島崎遥香、夏子が働くスーパー「宝屋」の店長・岡野陸に岡田義徳が扮するほか、ライバルスーパーの営業推進部長・朝比奈美咲役で山口紗弥加、夏子の息子の担任教師・倉木洋輔役で青柳翔が共演する。

記者会見情報

NHK BSプレミアムで放送する「プレミアムドラマ 主婦カツ!」の試写会に、主演の鈴木保奈美と、共演の島崎遥香、山口紗弥加が出席した。同作は、鈴木演じる専業主婦だった主人公が、20年ぶりに働くなかで周囲に影響を与え、共に成長していくお仕事ドラマ。鈴木は、ドラマの魅力について「大事件は起こらないし人も死なない。でも、それぞれ一人一人の中に小さいけれど大きな宇宙がある、というようなストーリー」と語った。鈴木と初共演の山口は、「11歳の頃に『東京ラブストーリー』の保奈美さんを見て、保奈美さんになりたい!と思ってこの仕事を始めた。デビューしてから、保奈美さんが撮影されているドラマの現場に押しかけて花束をプレゼントさせていただいた時に、あまりの興奮で鼻血を流してしまった」と熱狂的なファンぶりを告白し、共演を喜んでいた。

  • 日曜の夜に、また1週間頑張ろうと思っていただけるようなドラマです(鈴木保奈美/宮本夏子)

    今日は第1話をご覧いただきましたが、これは全然序の口です。大きく分けて4話までの前半と、5話以降の後半、というふうに私たちは考えていました。4話と5話では、同じドラマとは思えないぐらい、環境も、出演されている役者さんも、お話の内容もずいぶん変わっていきます。大事件は起こりませんし、人も死なないのですが、でも、それぞれ一人一人の中に小さいけれど大きな宇宙がある、というようなストーリーだと思います。そして、日曜の夜なので、また月曜日から1週間頑張ろうと思っていただけるようなドラマになっていると思います。

  • このドラマを通してあらためて母親の偉大さを感じました(島崎遥香/宮本華)

    一人の命を授かる重さだったり、このドラマを通してあらためて、本当に母親の偉大さを感じました。個人的に、主婦をしながら家庭を守り、仕事もしている(自分の)母親に対して、この年ですごく遅いかもしれないですけれど、本当にここまで育ててくれてありがとうございました、と思えた作品でした。私はまだ独身ですし、もしかしたら生涯独身かもしれませんけど、いろいろと感慨深かったです。

  • 11歳の頃に、保奈美さんを見てこの仕事を始めました(山口紗弥加/朝比奈美咲)

    私は、大手スーパーの営業推進部長の役なのですけれど、今、保奈美さんがおっしゃった「小さくても大きな宇宙」を、夏子さんの中に一番初めに発見する、そんな役です。これからいろいろな形で夏子さんに関わっていくことになります。実は私事で恐縮なのですが、11歳の頃に「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)の保奈美さんを見て、「保奈美さんになりたい!」と思ってこの仕事を始めました。それから14歳でデビューして、保奈美さんが撮影されているドラマの現場に押しかけて花束をプレゼントさせていただいたことがあるんですけれど、その時に、あまりの興奮で鼻血を流してしまいまして(笑)。そのくらい大ファンなので、とにかくお仕事で初めてご一緒させていただけたというのが、何よりもうれしかったです。第1話を見て、ファン垂ぜんの保奈美さんを大満喫できるというか、そういう目線で見てしまって。また興奮がよみがえってきてしまいました。とても女性がパワフルに活躍する、とても元気のあるドラマになっています。皆さんもぜひ、エネルギーをもらってください。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

月~土曜日

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP