完全保存版TVドラマガイド【2018年秋】

特集

大河ドラマ「西郷どん」

1月7日 スタート NHK総合 毎週日曜 午後8:00~午後8:45(初回は午後8:00~午後9:00)

あらすじ(最終回 12月16日放送 ※午後8:00~午後9:00)

ドラマ話数画像

隆盛(鈴木亮平)は残った兵士と共に包囲網を突破し、鹿児島の城山に到達する。一方、利通(瑛太)は内国勧業博覧会の準備にまい進していた。その頃、従道(錦戸亮)は、片方の足を失い、政府軍に投降した菊次郎(今井悠貴)を西郷家に連れて帰る。政府軍総攻撃の前日、利通は、降伏すれば命を助けると、隆盛に指令を出す。だが、隆盛はそれを拒否し、城山から最後の戦いに向かう。そして、糸(黒木華)は、隆盛の真意を息子たちに語り始める。

キャラクター紹介

  • 西郷吉之助/隆盛(鈴木亮平)
    下級武士の家に生まれた、貧しい大家族の長男。困った人を放っておけない熱血漢で、男女問わず好かれる。生涯の師となる藩主・島津斉彬に見いだされ、時代の改革者として成長していく。
  • 大久保正助/利通(瑛太)
    西郷の生涯の盟友でライバル。郷中一の秀才とうたわれたが、父が政争に巻き込まれ不遇な青春時代を過ごす。やがて藩主の弟・島津久光に近づき、頭角を現していく。
  • 岩山糸(黒木華)
    武家の娘。好奇心旺盛で、ときに無類の行動力を発揮する芯の強いおてんば娘。同じ城下に住む西郷にひそかに思いを寄せ、やがて西郷の3人目の妻となる運命の女性。
  • 於一/篤姫(北川景子)
    島津家の分家の姫。のびのびと暮らしていたが、藩主・斉彬の目に留まり、13代将軍・徳川家定の正室候補となる。婚儀をまとめようと奔走する西郷との間に恋心が芽生える。
  • 島津斉彬(渡辺謙)
    島津家第28代当主。聡明で卓越した知識の持ち主で、貧しい下級武士の西郷に類いまれなる才能を見いだし、大抜てきの登用をする。西郷にとって生涯の師となる。

出演者

鈴木亮平/瑛太/黒木華/北川景子/渡辺謙 ほか

スタッフ・音楽

原作:林真理子「西郷どん!」(KADOKAWA)/脚本:中園ミホ/演出:野田雄介/演出:盆子原誠/演出:岡田健/制作統括:櫻井賢/制作統括:櫻井壮一/プロデューサー:小西千栄子/プロデューサー:藤原敬久

概要

鈴木亮平が大河ドラマに初主演! 維新のヒーロー・西郷隆盛の生涯を新たな視点で描く

ドラマ代表画像

林真理子の小説を原作に中園ミホの脚本で、時代を切り開いた男・西郷隆盛の生涯を新たな視点で描く。一度会ったら誰もが引き込まれる澄んだ瞳を持ち、ユーモアある愛きょうで“せごどん”と呼ばれて男女問わず愛された西郷を、大河ドラマへの出演は今作が初めてとなる鈴木亮平が演じる。勇気と実行力に長けた西郷の姿は、閉塞感のある現代社会を生き抜くヒントにもなるはず。幕末に薩摩藩の下級武士として生まれ、徳川幕府を倒して維新を成し遂げ、最期は明治新政府と戦い命を散らす…。そんな西郷の周りで巻き起こる、笑いと愛と波乱の物語が幕を開ける。

記者会見情報

ドラマ会見(集合)画像

NHK総合の大河ドラマ「西郷(せご)どん」の試写会が行われ、西郷吉之助(隆盛)役の鈴木亮平、吉之助の子ども時代・西郷小吉役を演じた渡邉蒼が出席した。鈴木は、「歴史上の人物は何を成し遂げたかを描かれることが多いですが、今作では、なぜ成し遂げられたのか、どのような時間を過ごしてきたのかを濃密に描きます。幅広い視聴者の方に楽しんでもらえるはずですし、自信があります」と見どころをアピールした。同作は、幕末の薩摩藩(現在の鹿児島県)に生まれ、2度の島流しと3度の結婚を経て、明治維新の立役者の一人となった西郷隆盛を主人公にした、笑いと愛と波乱の物語。林真理子の小説を原作に、男にも女にも愛された“日本史上最もモテた男”を中園ミホの脚本で描く。

  • 目標でもあり、ライバルでもある西田敏行さんに、語りを担当してもらえてうれしい(鈴木亮平/西郷吉之助、隆盛)

    役者画像

    まず、子ども時代を見事に演じた渡邉蒼くん、その他の若い役者の皆さんに拍手を送りたいです。実は子ども時代の大事なシーンの撮影も、できる限り現場で見ていました。小吉役の蒼くんの演技というよりも、その後ろから同じ光景を見て、同じ思い出を感じたいと思っていました。蒼くんとは、かなり顔の雰囲気が似ているので、それだけで十分かなとも思いました(笑)。今作では西郷どんの成長を描くので、僕が演じる18歳からの吉之助とは変わっていると思いますが、見てくださる方の想像力を信頼しています。また、撮影に入る前に、歴代の西郷隆盛の作品を見ましたが、やはり「飛ぶが如く」での西田さんは強烈でした。おそらく、日本中の皆さんがイメージしている西郷さんだと思います。鹿児島弁も完璧でしたし、正直プレッシャーを感じています。でも、それ以上のものを目指しています。目標でもあり、ライバルでもある西田さんに語りを担当していただけてうれしかったですし、実際に声を聞いてみると、西郷さんの声ではなく、吉之助を温かく見守る西田さんの声だったので、先輩がエールを送ってくれている、見守ってもらっていると感動しました。

  • 鈴木さんの優しい性格はイメージのままでした(渡邉蒼/西郷小吉、吉之助の子ども時代)

    役者画像

    西郷小吉を演じた渡邉蒼です。チーム「西郷どん」が作ったドラマをやっと多くの方に見てもらえることをうれしく思います。このドラマにはすごく思い入れがあり、初めての経験がたくさんありました。撮影中は僕一人の力ではなく、スタッフさん、鈴木さんの優しさに助けられました。そんな、ドラマに映っていないところも想像して見ていただければと思います。鈴木さんにお会いする前に、出演された映画「俺物語!!」を見させていただきましたが、映画の中での鈴木さんはすごく強くて、ピュアなイメージでした。実際にお会いしてみても、本当にイメージのままで、性格は映画を見ても分かるものなのだなと思いました(笑)。撮影では、妙円寺参りという山の中を走るシーンがありましたが、重い鎧を着けながらだったので、体力的にも精神的にも大変でした。でも、タイトルバックの撮影では、初めて鈴木さんと共演させていただき、とてもうれしかったですし、あまり海に行ったことがなかったので楽しかったです。



キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

月~土曜日

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP