コラム

名古屋の町おこしお兄さん!? BOYS AND MENが愛する名古屋で
真夏の強化合宿を開催、観客のハートを鷲づかみ!

 東海エリア出身・在住のメンバーによるボーイズグループ・BOYS AND MEN(以下、ボイメン)が、東海3県を回る初のホールツアーを開催。その、『BOYS AND MEN真夏の強化合宿!ボイメンがもっと好きになっちゃうツアー2016』から、8月11日に名古屋国際会議場 センチュリーホールで行われたライブの模様をリポート。ボイメンの魅力がギュッと凝縮された、アツいライブになりました!

 『Fight&Fire』で気合十分のボイメンが登場。『Voyager』では、全員が3階席まで埋めつくした観客を見渡し、うれしそうな表情を見せる。平松賢人からふいにこぼれた笑みは、集まってくれたファンへの感謝の気持ちが感じられた。「今日は合宿なので、俺らも全身全霊で歌って、踊って、たまにすべって(笑)。しっかりみんなもそれに応えてほしい。みんなボイメンに黙ってついて来いよ! でも、ライブは黙らなくていいよ(笑)」と水野勝が宣言。『BOYMEN NINJA』、『RETURNER』、『零』とアクロバットや殺陣を織り交ぜたパフォーマンスが続き会場を圧倒する。しかし田村侑久と平松がはじけた笑顔で登場すると、凛々しい雰囲気からガラっと変わり、明るくポップな楽曲『なごやめしのうた』を披露。コール&レスポンスでステージと会場にはさらなる一体感が生まれた。

 続いては、ボイメン内ユニットのYanKee5(水野、田中俊介、田村、辻本達規、小林豊)によるメドレー。『バリバリヤンキーロード』、『ヤンファイソーレ』では硬派なスタイルを見せつけ、力強いYanKee5の世界にどんどん引き込んでいく。髪が乱れることも気にせず、ガムシャラに歌とダンスで会場に気合を入れる彼らの姿は、自分も夢に向かって頑張ろうと思わせてくれる。

 変わって、誠(本田剛文、勇翔、平松、土田拓海、吉原雅斗)が登場。たくましさのあるYanKee5と異なり、明るく爽やかさがある誠の5人だが、勇翔の豪快さがアクセントになる。ボイメンのダンスリーダー・平松が楽しそうに踊りながら客席をあおり、勢いは全く落ちないなかの『READY×READY!』で、ファンが誠メンバーのパワーに負けじとそれぞれの名前をコールする。しかし、本田は“まだまだ足りない!!”とばかりに驚きの速さで右手を回して、さらに声を出すように要求し、ファンと正面からぶつかり合う。パワーは落とさず、より丁寧に言葉を紡ぐように『夢のカタチ』を歌ったかと思えば、『こうつうあんぜんのうた』では小芝居を織り交ぜながら、おちゃらけた表情を見せ、パフォーマンスの幅広さを見せた。

 再び10人がステージに揃い披露したのは応援ソング『どんとこいやー!』。『Wanna be!』でキラキラした王子様のような表情を見せたかと思えば、『CRAVIN’CRAVIN’』ではセクシーで強引な男を演出するなど、さまざまな顔を見せオーディエンスを魅了する。『Forever and Always』になると、ノンストップで歌い踊り続けてきたメンバーが、改めて観客一人ひとりの顔を見ながら優しく微笑み、水野が「これからどんなことがあっても、どんなに辛くても、一緒に歌を歌って笑っていましょう。これからもよろしく!」と声をかけファンとの絆を再確認した。

 ここで、10人のメンバーは、本田チーム(本田、辻本、小林、平松)と、田中チーム(田中、田村、土田、勇翔)に分かれ大喜利対決を開催! 水野、吉原は進行役を務める。土田がすべっても物怖じせず手を挙げ続ける一方、顔を真っ赤にしながら「大喜利、分からん~(涙)」と小林から悲痛の叫びが。また、いつもクールなメンバーの兄貴分の田中が漢字を書き間違えると、「バカがばれた!!」と辻本を中心にメンバーが大騒ぎし、会場も大爆笑。笑いにも貪欲なボイメンらしいコーナーとなった。

 土田が「スタートして、もう1時間半も経ってた!」と驚くほど、駆け抜けてきたライブもいよいよラストスパート! ボイメンの夏ソングをメドレーで披露した。『サマータイム☆キッス』では、田村と平松が曲中にキスをするなど、メンバーのテンションもMAXに。汗でぐしゃぐしゃになりながらも、笑顔を絶やさず歌い踊り続ける彼らの体力には驚かされる。ステージも会場も一体となり、まさに全てを忘れてはしゃぐことができるメドレーとなった。本編最後の『Chance for Change』はメンバー全員が客席を駆け回り、ハイタッチをして回りファンを喜ばせた。

 アンコールの声がやまない中、ボイメンの主演映画『BOYS AND MEN~One For All, All For One~』の予告映像と公開日が初解禁された。本田が10月29日公開であること、早くも前売り券が8月29日に発売されることを発表し、映画の挿入歌『One For All, All For One~夢は叶えるもの~』を披露。ペアになり、それぞれが安心したように相手に背中をあずける姿から、これまで6年かけて築いてきたメンバー同士の絆、信頼関係が見える。水野はファンに向けて「ボイメンは東海エリアを盛り上げるためにできたグループ。僕らが注目されることによって東海エリアが盛り上がる。今日も遠方から名古屋に来てくれる方がいることが、僕らはすごくうれしい!僕らが活動し愛する地を、みんなも好きになってくれたらうれしいし、そういう方を増やしたい」と感謝の気持ちとともに、ボイメンが目指すものを語る。そこに吉原から、ボイメンのキャッチコピーを「イケメンユニットはなんだか恥ずかしいし、エンターテイメントグループって何?って思う。そこで俺らにフィットするのが“町おこしお兄さん”」と提案。メンバーも「俺ららしいよね!」同調し、改めて東海エリアを自分たちの力で盛り上げることを誓った。

 夢に向かっていつもガムシャラで、汗だくになるまでひたすらに全力で歌い踊る。そんな中でも、変顔をしたり、おどけてみたり、笑いも忘れず親しみやすさもある。そんな彼らの魅力がたっぷり詰まった8月24日発売のニューシングルの表題曲「YAMATO☆Dancing」を最後に力強くパフォーマンスし、約2時間のライブを締めくくった。

 水野が「僕らは十人十色だけど、全員ガムシャラで図太いのが良さ」と表現する通り、個性豊かな10人が“名古屋から全国へ”という志を強く持ち続け、その夢を支えてくれるファンを心から愛していることが伝わるライブとなった。彼らのさまざまな魅力を改めて感じたファンは、“ボイメンのことがもっと好きに”なったことは間違いない。

 そしてなんと、今回のライブはCS放送・TBSチャンネル1にてテレビ初独占放送をすることが決定! ここまで、ライブの見どころやボイメンの魅力をお伝えしてきましたが、百聞は一見に如かず。ボイメンのことをもっと好きになるさまざま要素が盛り込まれているライブなので、是非ご覧ください!

Text:伊藤美寿々

放送情報
「BOYS AND MEN 真夏の強化合宿!ボイメンがもっと好きになっちゃうツアー2016」
CS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」にて、9月18日(日)午後9:00より、8月11日(木・祝)に名古屋国際会議場 センチュリーホール(愛知県名古屋市)で開催されたライブの模様をテレビ初独占放送。
※ライブ前の水野勝、田中俊介、田村侑久のインタビューを掲載中!
(https://www.tvguide.or.jp/feature/specialinterview/20160729/01.html)
「ボイメンの試験に出ない英単語」
CS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」にて、9月18日(日)午後11:30~深夜0:30に#1、#2を続けて放送。
※CBCテレビにて放送中、Gyao!にて配信中。
※インターネットTVガイド内『BOYS AND MENは知ってる!ボイメンEnglish★』にて、メンバーの独占インタビューや番組撮影秘話を連載中!
(https://www.tvguide.or.jp/column/boysandmen)
 
PAGE TOP