コラム

「充電させてもらえませんか?」が1周年!
天才・出川哲朗の魅力を引き出す演出術

縫田Dを直撃!
2人の決め事は「友だちだと思おう」

テレビを見ていてよく耳にするけど、実際はきちんと知らない(かもしれない…)時事ネタや話題を追いかけ、解説する連載「TVガイド新書」。今回のテーマはこの4月に1周年を迎えDVD発売も決定と絶好調な「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」。その裏側を縫田Dに直撃取材!!


<“芸人”出川哲朗ではなく “人間”出川が見られる>

 出川哲朗が電動バイクで全国を旅する「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(テレビ東京ほか)。この4月でレギュラー番組となって1周年を迎え、視聴率も好調、DVD化も決定と人気を集めている。そこで旅の伴走者としてお馴染みの総合演出・縫田輝久さんに番組の成り立ちや旅の裏話を語ってもらった。

「4年前に深夜特番として始まったんですけど、それまで僕はテレビ東京の旅番組を作っていたんです。ただこれは当たり前ですけど、行き先や泊まるところが全部決まっている番組じゃないですか。でも本当の旅は、行ったら開いていないとか、狙っていたものに間に合わないとかが起こるわけで(笑)。それを出川さんとならできるだろうなと思いました」

 電動バイクで旅するというアイデアも旅番組を作る中で浮かんだものだとか。

「旅番組をやっていると、移動手段として、ボートとか軽トラとか、いろんな企画が出てくるんです。その中の1つとして電動バイクがありました。電動バイクのミソは20キロごとに充電しなきゃいけないということ。そうすると予想してなかった場所に寄らざるを得ない。それで変わった神社や温泉を発見できるんです」

 そんな発想から、スタートとゴールだけを決めたガチな旅が生まれた。それに加えて新鮮なのは出川に派手なリアクションや罰ゲームを求めないこと。

「最初はそういう話もあったんですけど、“それではつまらん!”と(笑)。出川さんが出演するとなると、みんなそう考えるでしょ。でも他と同じことをやっても面白くないので、“あえて、やめましょう”と。ゲーム性は全部、排除しました」

 縫田さんは総合演出という立場ながら、旅の伴走者として番組に出演。

「出川さんは本当に朝から晩まで電動バイクで走っているので、危ないことも多いんです。だから僕は出川さんが安全に旅するためのナビゲーターとしているだけなんですよ。それが、たまたま画面に映っていた(笑)。出川さんも僕がタレントじゃないから、素で接してくるんです。そのおかげで、“芸人”出川哲朗ではなく“人間”出川が出てるんですよね。出川さんと最初に決めたのは“友だちだと思おう”ということ。イヤなことははっきり言おう、気を遣うのは一切やめようと決めました。ゴマはすらないし、イエスマンにもならない、本音で話す。だからけっこうケンカもしますよ。僕たち、本当に2人っきりで同じ部屋に泊まってますから。そこで夜、一緒にテレビを見ながら、番組の編集とか、バラエティーについてとか、腹を割って話しているんです」

<リアルガチな男が全国に笑顔を振りまく>

 番組を見ていると、出川の人のよさがさまざま場面で感じられる。

「正直、旅をしていると、ここはロケ車で移動した方がいいなという場面も出てくるんです。でも、出川さん自身がイヤがるんですね。“俺がガチと言った手前、ガチなんだ”って。そういう出川さんの真面目で、人のいいところが、画面から伝わっているのかなとは思います。僕もこの番組をやるまで出川さんがこんなにいい人だと思ってなかったです。本当に裏表がなくて、飾らない人ですね。それに、人が集まってくるんですよ。いろんなタレントさんとロケに行きましたけど、あんなに人が寄ってくることはない。出川さんだけです(笑)。子どももおばちゃんも寄ってきて、出川さんも、皆さんと写真を撮るし、サインをするし、お茶を勧められたら飲むし。そこは最初は狙っていた部分ではなかったんですけど、これをつないだら面白いなと思いました」

 番組の演出としては、噛んだ発言をそのままをテロップにしているのも斬新だ。

「この番組はナレーションも、スタジオからのワイプもないので、テロップがツッコミの代わりなんです。“この人は間違ったことを言っていて、我々も分かってます。だけどあえてツッコまないんです”っていう意味で、一語一句入れてるんです。あのテロップは僕も作っているんですけど、やっているうちに出川さんが噛む法則が分かってきました。言いたいことが3つくらい同時に浮かぶんですよ。“焼き肉、すき焼き、しゃぶしゃぶ”が浮かんで“やっ…す…し…”となる。頭に浮かんだことに口が追いつかないから噛んじゃうんですね(笑)」

「最初はそんなに続くと思わなかった(笑)」という番組も1周年。今後の野望はあるのだろうか。

「出川さんは今年54歳で、還暦までやりたいと言っています。僕は毎回、出川さんを無事故でゴールさせることが第一ですね。47都道府県制覇はしたいですけど…海外ですか? それはまだ“生意気だ”ということで、出川さんと意見が一致しています(笑)。これからも気張らず、威張らず、やっていければなと」


出川哲朗の充電させてもらえませんか?
4/28・5/12(土)
テレビ東京ほか 毎週土曜 午後7:54~8:54
※5/12(土)は午後6:30~8:54の2時間半SP

4/28(土)は“奄美大島”縦断の旅の完結編。井森美幸と合流しゴールの絶景夕日“龍の目”を目指す。また5/12(土)は伊勢志摩から伊勢神宮まで番組1周年のお礼参りの旅へ。ゲストの小木博明とアワビやカキを堪能するなど豪華な展開が繰り広げられるほか、椿鬼奴も登場。
今回、取材したのは…
縫田輝久さん(番組総合演出)
’71年生まれ。「~充電させてもらえませんか?」の総合演出を務めながら、出川の“旅の相棒”として番組に出演。「YOUは何しに日本へ?」(テレビ東京系)も担当しており、「最近は電動バイクに乗っているか、成田空港にいるか(笑)」だそう。

Interview=加治屋真美

キーワード

PAGE TOP