コラム

2018シーズンは3/30開幕!
プロ野球の“楽しさ”を追求したテレビ中継とは!?

新たな試みが満載!スポーツ局一筋の笈川Pを直撃

テレビを見ていてよく耳にするけど、実際はきちんと知らない(かもしれない…)時事ネタや話題を追いかけ、解説する連載「TVガイド新書」。
いよいよ球春到来! 老若男女が楽しめる新しい地上波プロ野球中継への施策を日本テレビ・笈川真プロデューサーに聞きました。

<みんなで野球を楽しめる野球中継に生まれ変わる>

 昨年のプロ野球入場者数が史上初めて2500万人を超えた。地上波のプロ野球中継の減少で、ネガティブに捉えられることがあるが、実はプロ野球は史上最高の盛り上がりを見せている。そんな中、地上波のテレビ中継に新しい動きがある。巨人の主催試合を中継し、プロ野球中継に定評ある日本テレビのスポーツ局、笈川真プロデューサーを直撃! ’18年プロ野球中継の変化、見どころを解明する。

「今季から日本テレビのプロ野球中継タイトルが『Fun! BASEBALL!!』になります。改めて野球の楽しさを伝え、見ている方にはSNSなどで野球の楽しさを発信していってもらって、“みんなで楽しもう!”という思いです。日本テレビでは開幕戦の『巨人×阪神』など、巨人戦19試合を放送しますが、1試合の中継の中に、盛り上がっているプロ野球12球団の気になるトピックスや見たい映像を盛り込んでいきます。例えば、開幕戦の『巨人×阪神』と同時刻に『北海道日本ハム×埼玉西武』が行われているので、注目のルーキー・清宮幸太郎選手が打席に立つことがあれば、日本テレビの中継でも、いかに早くその映像を視聴者に届けられるかにもチャレンジします。中継の魅力と野球の情報番組の面白さをミックスしていきたいと思います。また、引き続き亀梨和也さんには、スペシャルサポーターを務めていただきます。多忙な合間を縫ってキャンプインの2月1日に宮崎県にいらっしゃって、野球への情熱が素晴らしい亀梨さんに、いろんな野球界の情報を発信していただく予定です」

 中継以外のコンテンツも充実させ、視聴者の野球観戦の変化にも対応する。

「HPをリニューアルして、野球観戦が楽しくなるネタや記事をどんどん載せていき、Twitterも始めます。『Fun! WORDS STADIUM』という新たな試みも行います。Twitter上で各球団にまつわる人気(頻出)ワードを収集し、特設サイトでファンの声という形で可視化するものです。中継でも紹介して、つながりを作っていきます」

<舞台裏では野球の魅力を伝える膨大な準備がある>

 新たな試みの一方で、ブレないのが野球の楽しさを伝えること。日本テレビの野球中継で大事にしていることとは何なのだろうか?

「監督采配の戦術、打撃や投球の技術のすごさ、ケガからの復活といった人間ドラマなど、野球にはいろんな楽しみ方があると思います。選手の思いなどをしっかり取材して、準備の細部まで大事にしていけば伝わっていくと思います。実際、膨大に準備しても表に出るのは、その1割ぐらいなんです(笑)。ですが、その準備をしっかりしないと、表に出るものが全然ダメになります。野球中継の難しさであり、面白さでもありますね。見ている方が見せられているのではなく、気付いたら試合にのめり込んでいて、感動したり、泣いたりしてくれる中継が理想です」

 野球の重大なトピックの一つとして、野球の五輪競技への復活がある。東京五輪を2年後に控え、プロ野球中継に影響があるのか? ’18年12月に衛星放送で始まるハイビジョンよりもさらに高画質な4K・8K放送の影響と合わせて聞いてみた。

「野球ファン、野球をやる子どもたちを増やしていくためにも東京五輪が大事になると思っています。今季のプロ野球中継に新しい風を吹かせようと思ったのも、プロ野球から東京五輪につながるいい風を吹かせるためには、今からやらなくてはいけないという思いです。4K・8Kについては、去年4Kでの野球中継をテストしています。大画面で見るのが前提ですが、引いた画でも転がるボールがよく見えるほど高画質です。そうすると、ボールに寄らなくてもいいので、引きの広い画で守備時のグランドでの9人やランナーの動きも見られるようになります。球場で見ている時と同じような楽しみ方の表現ができたので、野球中継をより楽しくできる可能性があると思いますね」

 東京五輪開催、4K・8Kの衛星放送開始など、野球を盛り上げる追い風が吹いている。その中で一番いい風を吹かせることができるのは、やはり地上波の野球中継だろう。積極的にチャンネルを合わせないと触れることが少ないBS・CSに対し、地上波だとザッピングしているうちに野球に触れられる。今季の野球中継は本来の魅力を失わず、野球に詳しくない人も楽しめるものに進化。この絶好の機会に地上波の野球中継を見て、盛り上がりに乗り遅れないようにしたい!


笈川Pが語る今シーズンのプロ野球中継はココに注目
①野球の楽しさをみんなで共有する!
野球の楽しさを発信し、見ている方々にも発信していただけるような番組作りをしていきます。みんなで野球の楽しさを共有していきましょう。
②12球団の楽しさをギュッと凝縮!
中継に12球団のさまざまな楽しい話題や映像、選手の情報を盛り込みます。中継で目の前の試合を楽しみながら、今のプロ野球界全体の動きまで分かります。
③選手の魅力が分かる画面表示に!
画面表示のデザインを一新します。対戦中の投手や打者の顔写真などを常に表示し、個々の選手の魅力や顔をしっかりと知ってもらえるようにします。
プロ野球「巨人×阪神」
3/30 (金)
日本テレビ系 午後5:50~8:54(最大延長9:24まで、以降変更の場合あり)
今年の開幕は伝統の一戦に。両先発の投げ合いによる投手戦か打ち合いか、熱戦に注目が集まる!

今回、取材したのは…

笈川真さん(日本テレビプロデューサー)
’96年に日本テレビ入社。スポーツニュースの野球担当を経て、スポーツ中継担当に。プロ野球やサッカー、ロンドン五輪など多岐にわたる中継に携わる。

Interview=山木敦

キーワード

PAGE TOP