私の愛した007

連載

“テキトー男”高田純次がボンドカーの魅力を真面目に語る!

私の愛した007

DB5は今30倍の値段に…買っときゃよかった!(笑)


 僕が初めて「007」映画を見たのは、確か高校生の時に劇場公開された「007/ロシアより愛をこめて」(1963)だったと思います。当時は「007/危機一発」というタイトルでした。1作目の「007/ドクター・ノオ」(62)は後から見ましたね。普通、英国諜報部のスパイって目立っちゃいけない職業でしょ? でも、それをあえてカッコ良くすてきに見せるのがとても映画的だと思ったし、当時はすごく新しかったですね。

 しかし、何よりショーン・コネリーですよ。ジェームズ・ボンド俳優は、初代のコネリーが一番カッコいいと思う。やっぱりスタイルがいいよね。スーツの着こなしが素晴らしいし、顔つきもスパイっぽいじゃないですか。といっても、本物のスパイに会ったことなんてないけれど(笑)。でもね、“ショーン・コネリー以外にジェームズ・ボンドはあり得ない!” と思うくらいはまり役だった。あまりにも彼が良かったもんだから、以降の人たちはかすんじゃったよね。もちろん、「007」シリーズは好きだからずっと見ているけど、ボンド役に限っては誰もコネリーにかなわないと思う。

私の愛した007

 ただ、僕が「007」シリーズにハマった最大の理由は車なんだよね。車から意識し始めたの。もちろんアストンマーティン。ちょうど今から14年前かな、アストンマーティンから新車種のDB9が発売されるっていうんで、形が素晴らしいもんだからローンを組んで買ったんですよ。でもね、実はその頃、もうちょっとお金を出せばボンドカーとして有名なDB5を買えたんですよ。そして今や、DB5は30倍くらいに値段が跳ね上がっている。一方、僕が買ったDB9は5分の1から4分の1くらい、ほぼ二束三文。なんでDB5を買わなかったのか! 自分の先見の明のなさをつくづく悔やんでいますよ(笑)。やっぱりね、ジェームズ・ボンドといえばやっぱりアストンマーティンのDB5なんだよ。「007/私を愛したスパイ」(77)では潜水艇に変形するロータス・エスプリが出てきて話題になったりしましたけど、だからといってロータス・エスプリの値段が跳ね上がったりするわけじゃないですからね。

 悔やまれると言えば、「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」(99)にBMWのZ8って車が出てくるんですよ。劇中では大きなチェーンソーで真っ二つにされちゃうんですが、僕はそれを中古で買ったんです。で、6年くらい持っていたのですが、ある時、買った時と同じ値段で引き取るという人が現れたので売っちゃった。そしたら今や、その4倍の値段が付いている。もうガッカリしちゃいましたよ(笑)。まあ、そんな感じで「007」シリーズといえばショーン・コネリーと車ばかりに目が行っていたので、実はあまりボンド・ガールとかには興味がなかった。悪役俳優も「007/ゴールドフィンガー」(64)のハロルド坂田とか、「007/私を愛したスパイ」と「007/ムーンレイカー」(79)に出てきたリチャード・キールくらいしか印象にない。だって、だいたいみんな最後はやっつけられちゃうからね(笑)。ただ、僕はアシュレイ・ジャッドというアメリカの女優さんが大好きで、彼女にはボンド・ガールをやってほしかったなあ。

 そういえば、「007/ムーンレイカー」にはちょっとした思い出があるんですよ。あの作品でロジャー・ムーアが演じるジェームズ・ボンドと、リチャード・キール演じる悪役・ジョーズがロープウェイのゴンドラの上で格闘するシーンがあるでしょ? あれはブラジルの観光地のポン・ヂ・アスーカルという場所で撮影されたのですが、実は僕も36歳の時にクイズ番組のロケでブラジルへ行ったんですね。それでその時にスタッフから「せっかくブラジルに来たのだから、あの映画のジェームズ・ボンドみたいにゴンドラの上で格闘するようなシーンを撮らせてほしい」って言われたんですよ。命綱も付けるからって。いやいや冗談じゃないよ!と。そんなことしたら俺、失神しちゃうよって(笑)。結局ロープウェイには乗りましたけど、それだけは勘弁してくれということで、ゴンドラの上の格闘シーンは撮りませんでした。それが人生で初海外にして初めての海外ロケ。でもあの頃はまだ若かったから、今にしてみればやっときゃ良かったかもね(笑)。

 12月放送の作品でおススメは「007/カジノ・ロワイヤル」(06)です。先ほども言ったように、ショーン・コネリー以外のジェームズ・ボンドは僕的にピンとこなかったんだけど、この作品でダニエル・クレイグが出てきた時は、久しぶりにボンドらしい俳優だなとワクワクしました。これはいけるかな、と思ったら案の定、評判が良くって今もボンド役を続けているでしょ。ちょっと体格が良すぎるのでスーツ姿はパツンパツンですけど、顔立ちや雰囲気はボンドとして合格ですよ。映画自体もすごく面白かった。イタリアのベネチアで建物が次第に崩れて水中に沈んでいくシーンとか、あれどうやって撮ったんだろうと驚きましたよ。最近の「007」シリーズでは一番良かった作品ですね。

私の愛した007
【プロフィール】 
高田純次(たかだ じゅんじ)
1947年1月21日生まれ。東京都出身。水瓶座。O型。「じゅん散歩」(テレビ朝日ほか)、「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビほか)など数多くのバラエティーをはじめ、「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)、「西村京太郎トラベルミステリー」シリーズ(テレビ朝日系)、「黄昏流星群」(フジテレビ系)などのドラマにも出演。
【番組情報】
私の愛した007 シリーズ完全放送
スターチャンネル
9月29日(土)~ 毎週土曜&日曜 午後9:00/1作品ずつ連日放送(STAR2 字幕)
10月7日(日)~ 毎週日曜 午後0:00頃~/2作品ずつ一挙放送(STAR3 吹替)

https://www.star-ch.jp/007/

取材・文/なかざわひでゆき 撮影/尾崎篤志

キーワード
関連リンク

PAGE TOP