志尊淳&

連載

志尊淳&“睡眠”~夢や感じていることが、不思議と現実になるんです~


「睡眠」編・2回目の今回は、昨年12月に千秋楽を迎えた、NODA・MAP「Q」の地方公演中の睡眠事情について。「夢」にまつわる少し不思議なお話も聞かせてくれました。

 自分の日々のルーティンをできるだけ崩したくないので、いつもは地方ロケなどであまり眠れなかったそうなのですが、NODA・MAP「Q」の地方公演中はぐっすりと眠れたという志尊さん。本番終了後に共演者の皆さんと語り合うという刺激的な時間を過ごしていたことや、とにかく舞台上で動き続けている作品だったというのがその理由のようです。演出家の野田秀樹さんや俳優の先輩でもある共演者の方々と話をする中で、「仕事観が変わってきた」と話していた志尊さんにとって、とても有意義な経験となったようです。

 地方ロケなどには必ず家で着ているパジャマを持っていくそうなのですが、冬でも夏用のもので、しかも上はTシャツなど薄着なのだとか。眠る時も部屋の暖房は付けず、毛布をかけるだけで十分とのこと。「暑がりなんですかね?」と笑って話してくれました。

 続いて、寝ている時に見る「夢」について聞くと、たまに見るけれど、どんな夢を見たかは記憶していないそう。今年の初夢もあまり覚えていないけれど、縁起が良いとされる富士山やなすびは、残念ながら出てこなかったようです…。そんな志尊さんですが、ごくたまに「正夢」を見るそうで、夢を見て「何かが起こりそう」と感じると、その時に思ったことが現実になるときが多いのだとか。真っすぐな志尊さんだけに、まだ、子どものような第六感があり、何かを敏感に感じ取ってしまうのかもしれませんね。

 グラビア撮影では小さなミニチュアの寝具を用意して、少し不思議な世界観の中に佇んでいただきました。ぜひ、誌面と合わせてご覧ください!


☆撮影メーキング動画を公開中!☆


取材・文/石本真樹 撮影/髙橋定敬 ヘア&メーク/仲田須加 スタイリング/手塚陽介

【プロフィール】 
志尊淳(しそん じゅん)
1995年3月5日東京都生まれ。魚座。A型。3月13日公開の映画「2分の1の魔法」にて、主人公の日本語吹替声優を担当。3月29日に放送されるドラマ「金魚姫」(NHK BSプレミアム)、2020年公開の映画「さんかく窓の外側は夜」などに主演。




キーワード
関連リンク

PAGE TOP