テレビの仕事人に会いたい!

連載

町あかりの「テレビの仕事人に会いたい!」
<第1回 田中秀幸さん(アートディレクター)>

テレビの仕事人に会いたい!

 シンガー・ソングライターの町あかりが、テレビの裏側を支える「テレビの仕事人」から、あんな話、こんな話を聞いちゃう新企画がスタート! 初回は数々のテレビ番組でアートディレクターを務める、田中秀幸さんに会いに行ってきました。

テレビの仕事人に会いたい!

 私が田中さんと最初に会ったのは去年の夏、東京・恵比寿にあるリキッドルームというライブハウス。そこで開催された電気グルーヴのライブにゲスト出演していた私のことを思い出した田中さんが、昨年10月から放送中の子ども番組「じゃじゃじゃじゃ~ン!」(フジテレビ系)に、“うたのおねえさん”として推薦してくださったんです。この番組には、田中さんによるデザインのとってもかわいいCGのキャラクターが登場します!!


<テレビにおけるアートディレクションって?>

── 最近は「じゃじゃじゃじゃ~ン!」や、「GENERATIONS高校TV」(AbemaTV・テレビ朝日)に登場するキャラクターを生み出している田中さん。どこか癖のあるキュートなキャラクターたちは、どのようにして誕生するのでしょうか?

「いろんなパターンがあるけど、例えば『じゃじゃじゃじゃ~ン!』は最初から設定などはなくて。反対に、構成作家さんと相談してつくる場合もありますよ。『ウゴウゴルーガ』(フジテレビ系/1992~94年)の時は、ウ~ン、昔のことだからよく覚えていないけど(笑)。スタッフで集まって話をしながら作ったりしました。その場で落書きしたりもして」

── ということは、あの“プリプリはかせ”(「ウゴウゴルーガ」内に登場するキャラクター。便器の中から顔を出し、ウンチの形をしている。私も大好きなキャラです)も、会議の落書きから生まれたのかも!?

「基本的に、テレビ番組にアートディレクターがいるという状況自体がとても特殊ですね。雰囲気を見るために、編集スタジオに行くこともよくあります」


<描いた絵を持っていくコミュニケーション>

── 田中さんは、どのようなきっかけで「アートディレクター」というお仕事にたどり着いたのでしょうか?

「美術大学に行っていた時はイラストレーターになりたかったんです。卒業後はNHKの美術制作をしている会社に入りました。テレビのCGなどを作っていて、『週刊子どもニュース』や『天才てれびくん』のキャラクターもそうだし、ニュースのタイトルなんかも。大学ではグラフィックデザインを学んでいて、広告のデザインに進むのか、コンテンツのデザインに進むのかで考えた時にテレビ番組や映画のようなコンテンツデザインの方に興味があったんです」

── 作家さんやスタッフの方とのやりとりがとても重要なお仕事だと思いますが、もともと田中さんはそういったコミュニケーションはお得意なんですか?

「人と会話でやりとりすることはもともと苦手でしたが、続けていくうちに慣れていきましたね。あと、打ち合わせの時に絵を持っていくことは大事ですね。しゃべるのが苦手でも、描いた絵を持っていくと『ああ、田中さん呼んでよかったね~』っていう雰囲気になるから(笑)」

 なにか素材を持っていくことでその打ち合わせが有意義な時間になること…、確かにありますね。これは話し下手な私には大変勉強になります。メモメモ!!


<自分が生み出したキャラクターが“変な存在”に>

── テレビにおける“アートディレクション”の中で、面白いなあと思うことは何でしょうか?

「テレビを通じて自分の作ったものが世に出ていって、それが一人歩きするのが面白いです。たとえば『じゃじゃじゃじゃ~ン!』に登場するキャラクター・AIさんのしゃべる内容だったり、役者さんが声を演じたりすることでさまざまな要素が足されていって、自分が思ってもなかった“変な存在”に変わっていくんです。逆に『それ違う…』と思うこともありますけど(笑)。それも含めて面白いです」

 私も最近、他の歌手の方へ楽曲を提供したり、自分の曲をカバーしてもらうことが増えて、「こういう雰囲気に変わるんだ!」とか「歌う人が変わるだけで別の曲みたい!」と驚くことが多々あります。物作りの端くれとして、この「作品の一人歩き」ということについては私も大変共感しました。

 今回、生まれて初めてのインタビューということもあり、「小学生の社会科見学」よりも危ういレベルの取材にもかかわらず、田中さんにはとても温かい雰囲気で受けていただきました。このインタビューを読んだ上で、毎週土曜日、朝4:52から放送の「じゃじゃじゃじゃ~ン!」を見ると、新たな発見があるかも!? ぜひご覧くださいね。

 ちなみにこちらの連載は、ゲストの方に「テレビの仕事人」を紹介していただき、次回につなげる「友達の輪」形式です。コラムのご感想はもちろん、「テレビ番組のこんなことが知りたい」「こういう職業の人の話を聞いてみたい」というリクエストも大募集します。

 というわけで、早速、田中さんからも新たな「仕事人」をご紹介いただきましたよ! 次回もどうぞお楽しみに。


【ご意見・ご感想etc.を募集中!】
町あかりの「テレビの仕事人に会いたい!」に関するご意見・ご感想、ご要望は下記アドレスまで。
抽選で、町あかりさんのアルバムを7名様にプレゼントいたします。
machi-honoji@tokyonews.co.jp

町あかり
シンガー・ソングライター。作詞・作曲、編曲、イラスト、衣装制作まで自身で行う。2017年ビクターエンタテインメントからメジャー3rdアルバム「EXPO町あかり」をリリース。現在、4thアルバム「収穫祭!」が発売中。他の歌手への楽曲提供も行う。文鳥を溺愛中。

★オフィシャルブログ:http://akrmc.blog135.fc2.com/
★オフィシャルTwitter:https://twitter.com/mcakr


キーワード
関連リンク

TVガイド最新号

TVガイド
2019年10月25日号
発売日:2019年10月16日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:木村拓哉

新着連載

PAGE TOP