気まぐれドキュメンタリー散歩

コラム

2017年民放連賞が決定! 山口放送・佐々木聰氏「記憶の澱」最優秀賞ほか5つの番組・事績で受賞の快挙!!

 日本民間放送連盟(民放連)が、昨年6月から今年5月までに放送された番組が対象となる2017年(平成29年)の日本民間放送連盟賞の入賞作品・事績を発表しました。同賞は多岐にわたり、番組部門はまずラジオとテレビに大別。後者はさらに「テレビ報道番組」「テレビ教養番組」「テレビエンターテインメント番組」「テレビドラマ番組」の4つに分かれます。特別表彰部門は「青少年向け番組」「放送と公共性」の2つの分野が、さらにこのほかCM部門や技術部門で構成されています。そこで今回は、入選した主なテレビドキュメンタリーを紹介していきます。

 まず、調査報道を中心としたドキュメンタリー番組の王道が集う「テレビ報道番組」の最優秀は、山口放送「記憶の澱」(写真)に。戦争がもたらすものとは何だったのか、先の大戦の体験を、今だからこそ「語り、残したい」という人々の証言で反戦を綴った番組。戦争体験者の心の奥底に「澱」のように刻まれた記憶には、被害と加害、それぞれの記憶がありました。「これまで語られることのなかった事実が当事者の証言によって強い訴求力を持つ」ことが授賞の理由に挙げられています。2015年(平成27年)同賞最優秀「奥底の悲しみ」を手がけた同局の佐々木聰ディレクターが、戦争をテーマに継続的に取り組んできた取材がまたしても高い評価を受けました。このほか、チューリップテレビ「はりぼて~腐敗議会と記者たちの攻防」、長野朝日放送「雷鳥を守るんだ“神の鳥”その声を聴く男」など6番組が優秀作品に選ばれました。

 「テレビ教養番組」最優秀は、広島テレビ「NNNドキュメント’16 知られざる被爆米兵~ヒロシマの墓標は語る」。2015年から同局がドキュメンタリー番組「WATCH」などで取材を続けてきた森重昭さん。森さんは日本でもアメリカでも知られていない被爆米兵の事実を40年にわたってたった一人で調べ続けてきました。なぜ被爆米兵はこれまで知られてこなかったのか? 被爆米兵の遺族が「戦勝国民」と「被害者」の狭間で複雑な思いを抱えることに迫り、戦争や原爆の苦悩を改めて描き出した秀作であると高く評価されました。このほか、関西テレビ「ザ・ドキュメント夢への扉『課題研究』~先生を越えて進め~」、熊本放送「命の記録~写真家・桑原史成の水俣~」など6番組が優秀作品に選ばれています。

 「テレビエンターテインメント番組」最優秀は、北日本放送「KNBふるさとスペシャルエジソンは夢の途中~93歳カネコ式ライフ~」。富山市内で畳店を営む傍ら50年以上にわたってユニークな発明を続けて「富山のエジソン」と呼ばれる93歳の金子信義さんの日常に密着した番組です。周囲の人を笑顔する際立つキャラクターとともに、夢を持つことの大切さを伝えています。視聴者に「どんなことでも乗り越えられる」との希望を伝えてくれると評価されました。優秀作品は6作品。このうち「追跡!極上マグロ~嵐の北大西洋38日間完全密着~」など4作品がドキュメンタリー系の番組。2016年のリオパラリンピック女子マラソンで銀メダルを獲得した道下美里さんの9年間にわたって記録した山口放送「50センチの温もり~メダリスト・美里 伴走者と歩んだ9年間~」は、上述したテレビ報道最優秀「記憶の澱」を手がけた佐々木聰さんがプロデュース。さらに、同局の「KRYニュースライブスペシャル1200ページの願い~カエルと結菜の7年間~」は、特別表彰部門の「青少年向け番組」優秀作品に選ばれ、こちらも佐々木さんがプロデューサーを務めました。

 その特別表彰部門の「放送と公共性」は、各局が取り組んだ事績を顕彰するもの。その最優秀には東海テレビの「伝える、つなぐ~名張毒ぶどう酒事件報道の40年」(実施責任者・齊藤潤一)が。名張ぶどう毒ぶどう酒事件の死刑判決に同局のカメラマンが疑問を持ったことをきっかけに1978年から約40年にわたって取材。日々のニュース、特集番組のほかこれまでに6本のドキュメンタリー番組と2本の映画を制作、書籍化にも取り組んできました。奥西勝死刑囚(享年89)が獄中死した現在もなお、取材を継続。冤罪(えんざい)の可能性を追求する信念が代々伝承され、質の高い番組を制作し続けたことに加え、権力に臆することなく覚悟を持って司法の問題点を明らかにしようと取り組む姿勢が高く評価されました。これ以外に4つが優秀事績に。うち1つは、山口放送の「ふたりの桃源郷25年にわたる『双方向』の放送活動」(実施責任者・佐々木聰)でした。視聴者から寄せられる反響を糧に、丹念に取材と放送を繰り返して、さらに映画化を。その後の反響はこれまでもお伝えしてきました。視聴者の声に後押しされ、情報番組のコーナーなどを扱った素材を蓄積し良質な作品を制作し、多角的な展開に結びつけたことが評価につながりました。同局は「ラジオ教養番組部門」でも「メロディーの向こうに~童謡・唱歌の世界~」が優秀作品に選ばれ、この番組の構成を担当した佐々木さんは今回の民放連賞で同局5つの受賞すべてに関わる快挙となりました。

 また民放連賞の発表と同時に、放送文化の向上に寄与した番組を顕彰する日本放送文化大賞のグランプリ候補作も下記のとおり発表され、民放各社から参加のあった番組を対象に全国7地区で行われた地区審査で選ばれた番組が出そろいました。11月7日に行われる民間放送全国大会の式典で、この中からグランプリと準グランプリが発表されることになっています。

※各賞の詳細および、ラジオ部門ほか各賞については民放連HP参照
http://www.j-ba.or.jp/

日本民間放送連盟賞2017年入選作品・事績
◎は最優秀 〇は優秀

〔テレビ報道番組〕
◎山口放送「記憶の澱」

〇ミヤギテレビ「ミヤギテレビ報道特別番組 震災2000日 被災地医療の今」

〇テレビ朝日「ザ・スクープスペシャル『緑十字機 決死の飛行~誰も知らない“空白の7日間”~』」

〇長野朝日放送「雷鳥を守るんだ ‟神の鳥”その声を聴く男」

〇チューリップテレビ「はりぼて~腐敗議会と記者たちの攻防~」

〇MBS「映像’17 沖縄 さまよう木霊~基地反対運動の素顔」

〇琉球放送「Born Again ~画家 正子・R・サマーズの人生~」

〔テレビ教養番組〕
◎広島テレビ「NNNドキュメント’16 知られざる被爆米兵~ヒロシマの墓標は語る」

〇秋田朝日放送「シリーズ輝石の詩file11 KAMAITACHI~ハサの記憶~」

〇BS‐TBS「ヨーロッパ財宝ミステリー 消えた黄金列車の謎×西島秀俊」

〇BSN「BSNスペシャル 俺は工場の鉄学者」

〇チューリップテレビ「異見~米国から見た富山大空襲~」

〇関西テレビ「ザ・ドキュメント 夢への扉『課題研究』 ~先生を越えて進め~」

〇熊本放送「命の記録~写真家・桑原史成の水俣~」

〔テレビエンターテインメント番組〕
◎北日本放送「KNBふるさとスペシャル エジソンは夢の途中~93歳 カネコ式ライフ」

〇STV「『熱烈!ホットサンド!』スペシャル 墨×筆×半紙=青春~私たち、北広島高校書道部イレブン~」

〇テレビ朝日「古舘トーキングヒストリー ~忠臣蔵、吉良邸討ち入り完全実況~」

〇静岡朝日テレビ「追跡!極上マグロ ~嵐の北大西洋 38日間 完全密着~」

〇読売テレビ「失敗人間ドキュメント Doしてこうなった!?」

〇山口放送「50センチの温もり~メダリスト・美里 伴走者と歩んだ9年間~」

〇テレビ西日本「WORLD FUKUOKA NEWS」

特別表彰部門
〔放送と公共性〕
◎東海テレビ「伝える、つなぐ~名張毒ぶどう酒事件報道の40年~」

〇日経ラジオ社「患者からの“いのち”のメッセージの発信」

〇テレビ金沢「放送の継続とニュースの検証活動『シリーズ あれから』」

〇山口放送「ふたりの桃源郷 25年にわたる『双方向』の放送活動」

〇南海放送「フロンティア精神を子供たちに! 和田重次郎を今に伝える 南海放送21年の記録」
第13回日本放送文化大賞・グランプリ候補テレビ番組
〔北海道・東北〕
山形テレビ「YTSスペシャル 希望の一滴~希少難病に光!ここまで来た遺伝子治療~」
(2016年8月8日放送)

〔東京〕
テレビ東京「テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画『破獄』」
(2017年4月12日放送)

〔関東・甲信越・静岡〕
テレビ山梨「ウッティ発!アンニョンハセヨ!ワタシ桑ノ集落再生人 2011-2017」
(2017年5月24日放送)

〔中部・北陸〕
CBC「CBCテレビ開局60周年記念番組 伊勢神宮・命あふるる神々の森 五十鈴川を行く」
(2016年11月3日放送)

〔近畿〕
MBS「映像’17 沖縄 さまよう木霊~基地反対運動の素顔」
(2017年1月30日放送)

〔中国・四国〕
山口放送「記憶の澱」
(2017年5月27日)

〔九州・沖縄〕
南日本放送「家族スパイダー」
(2016年12月31日放送)
関連記事
日本放送文化大賞のグランプリ・準グランプリ受賞作の全国放送日時が決定
https://www.tvguide.or.jp/column/kimagure/20161223_01.html
「みんテレ」で富山市議会議員の不正を暴いたチューリップテレビの調査報道をプレーバック
https://www.tvguide.or.jp/column/kimagure/20170714_01.html
MBS「沖縄 さまよう木霊~基地反対運動の素顔~」の上映会をトークショーを立教大学で開催!
https://www.tvguide.or.jp/column/kimagure/20170721_01.html
東海テレビドキュメンタリー傑作選ふたたび!GW3夜連続16作品を一挙放送!!
https://www.tvguide.or.jp/column/kimagure/20170426_01.html
東海テレビドキュメンタリー傑作選 日本映画専門チャンネルで一挙放送!
https://www.tvguide.or.jp/column/kimagure/20161227_01.html
小さな命を救いたい! 科学技術映像祭・内閣総理大臣賞はカエルを救う少女の物語
https://www.tvguide.or.jp/column/kimagure/20170415_01.html
山口放送の名ドキュメンタリスト・磯野恭子さん逝く【前編】「ふたりの桃源郷」佐々木聰監督との師弟秘話
https://www.tvguide.or.jp/column/kimagure/20170901_01.html
キーワード
Y・I
株式会社東京ニュース通信社 コンテンツ事業局担当
1988年入社。30代から放送局担当記者に転身、後にTVガイド編集部。同副編集長、デジタルTVガイド編集長ほか番組表・解説記事製作の部門長、西日本メディアセンター編集部長などを歴任。全国各地で放送されている質の高いドキュメンタリー番組と、精魂こめて地道に番組作りに勤しむ制作者の姿に注目してきた。人生の糧となるドキュメンタリーの名作・力作の存在を、より多くの視聴者知らせるべく、日々ネタ探しの歩みを続ける。

TVガイド最新号

TVガイド
2019年7月26日号
発売日:2019年7月17日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:山田涼介

新着連載

PAGE TOP