GIRL'S CULTURE

コラム

インスタ映えするお花の標本 ハーバリウム

女の子のためのお役立ち情報をご紹介するこのコーナー。
今回特集する「ハーバリウム」は、見た目もかわいいのでお部屋のインテリアにもぴったり。手作り初心者でもチャレンジできるのも魅力の1つ!


ハーバリウムとは、オイル漬けの植物標本のこと。インスタグラム映えするアイテムとして女の子の間で流行っています。意外と簡単な作り方&素敵なアレンジ例をご紹介!

★用意するもの

ドライフラワーorプリザーブドフラワー、ハーバリウムオイル、瓶(ジャム瓶を使う場合は煮沸かアルコールで消毒したあと水気を飛ばす)、ハサミ、ピンセット、竹串、リボンなどの飾り

★作り方

①花材を必要なサイズにハサミでカット。一気に全て切らずに、バランスを見ながら必要な本数をカットする。

②切った花材をピンセットでつまみ、瓶に入れる。正面を決めてバランスを見ながら詰めていくのがコツ。

③1/3ほど詰めたら、オイルを花材が埋まるまで流し込む。再び花材を詰め、オイルを流す作業を繰り返す。

※花が浮いてきたときは、竹串で形をととのえる。枝や葉の突起に引っかけるようにするとよい。

④最後まで詰め終えたら、フタをしっかり閉める。お好みでリボンやタグ、シールなどを飾り付けてもOK。



★アレンジ例

大きなお花でインパクト大!

茎の長い植物を大胆に入れても◎。その場合は、先に長い方を入れ、後からバランスを見て小花を入れる。

お花以外の素材も!

シナモンや輪切りのオレンジ(しっかりと乾燥させたもの)など、花以外の素材を入れてもオシャレ。

POPなデザイン

明るい色の花を使ってポップなデザインにチャレンジ。色の組み合わせも楽しみ方の一つ。

アンティーク調

色味をおさえたドライフラワーでアンティーク調のアレンジ。大人っぽい雰囲気に。

Interview

瓶の中で自由に表現する自分好みの世界観
 好きなお花を長く飾って楽しめるハーバリウムは、インテリアのアクセントにピッタリ。水やりの手間もかからないので、プレゼントとしてもおすすめです。
 作るのに特別な技術は必要なく、材料さえあれば誰にでもできるのがハーバリウムのいいところでもあります。必要なドライフラワーやプリザーブドフラワー、専用オイルなどは、花材屋さんのほか、ネットショップでも購入することができます。花材の劣化が多少早いという難点はありますが、専用オイルの代わりにベビーオイルでも代用できるので、まずは小さな作品から作ってみたいという場合はそちらを使ってもよいでしょう。
 今回作り方で紹介した作品には、「千日紅」のドライフラワーと、「かすみ草」のプリザーブドフラワーを使いました。ドライフラワーは、花や葉をそのまま乾燥させたもので、プリザーブドフラワーは、一度色を抜いた花に後から着色したものです。それぞれに味わいがあるので、好みの花材をあれこれ選ぶのも楽しいところです。プレゼントしたい方のイメージでお花を選んだり、お部屋のインテリアに合わせてデザインを考えたり…。お花だけでなく、よく乾燥させた松ぼっくりや、木の実を入れてもかわいくなりますよ。

Photo=蓮尾美智子 Interview=池田かおり

今回教えてくれたのは・・・
プルマージュ主宰 デザイナー
羽深恵子先生

ウェディングフラワーやギフト、装花の制作や各種レッスン、メディア(雑誌「ゼクシィ」「25ansウェディング」等/TVドラマ装花やフラワーアレンジ指導等)、店舗・ショールームの空間ディスプレイ分野で活躍中。文京区千石のガーデン付き北欧風アトリエで行う少人数制のフラワーアレンジメントレッスンが好評。 【http://plumage.jp
「Girl’s Culture」とは?
月刊TVガイドにて掲載している、女の子のためのお役立ち情報をご紹介するコーナー。テーマに関して、本誌では更に詳しく紹介しています。
http://zasshi.tv/category/MTG

当記事に関しては、月刊TVガイド2017年12月号にて掲載。
「Girl’s Culture」関連記事
PAGE TOP