D☆DATE PRESS WEB

連載

号外 舞台「御茶ノ水ロック -THE LIVE STAGE-」出演
荒木宏文×前山剛久 本誌独占 Special Session

上演中の舞台「御茶ノ水ロック~」に出演中の荒木くん。今回は、ゲネプロリポートとともに共演する後輩・前山剛久くんとの対談が実現! お互いについて、舞台の見どころについて語り合っています。

ロックバンド・ダイダラボッチのボーカル、片山始(佐藤流司)とインディーズレーベルの社長、片山亮(染谷俊之)の兄弟の確執を描いたドラマ「御茶ノ水ロック」。舞台はドラマのその後のストーリーが展開されていきます。荒木くんが演じるのは物語のキーマンとなる桐山純哉。かつて亮とバンドを組んでいた桐山が亮と再会したことで、ダイダラボッチや亮がプロデュースするTHE DIE iS CASTの活動に波紋を広げていきます。

共演の機会はあっても、なかなか一緒の場面がない…と残念そうに話してくれた荒木くんと前山くん。しかし、前山くんは荒木くんの出演する舞台やライブにたびたび足を運んでいるそうで、荒木くんに演じる上での悩みを聞いてもらったエピソードを嬉しそうに語ってくれました。そんな前山くんのイメージについて、荒木くんは「“女優”な感じ」と…。その理由は本誌にて!

生演奏のライブシーンが圧巻の舞台「御茶ノ水ロック -THE LIVE STAGE-」は
4/15までAiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演中!
千穐楽公演ではライブビューイングも決定!
詳しくは公式HPをチェック→ http://www.ocharoku.jp/stage/


キーワード
関連リンク

PAGE TOP