コラム

サプライズの祝福に沢口靖子の目に光るものが。そして、テレ朝夏祭りに「科捜研の女」がやって来る!

 テレビ朝日開局60周年記念として1年間、視聴者と共に木曜午後8時を走り続けている「科捜研の女」(テレビ朝日系)。このたび、榊マリコ役を務められている主演の沢口靖子さんの“サプライズお誕生日お祝い”の現場に、筆者が潜入してきました。その様子をたっぷりとお届けしますので、ぜひお楽しみください!

 6月10日、午前中の撮影を終えてお昼休憩に入る直前、スタッフの「明日6月11日は沢口靖子さんのお誕生日でーす!」という掛け声とともに出てきたのは、沢口さんの顔がプリントされた写真と「科捜研の女」ならではの道具がちりばめられた豪華なケーキ。大きなケーキを見た沢口さんの顔はすてきな笑顔! ケーキの上に乗っているさまざまな道具を見つけては、懐かしそうにスタッフの方と談笑していました。

 また、「科捜研の女」のテーマソングが静かに流れる中、日野和正役の斉藤暁さんから花束のプレゼントが。20年、共に盛り上げてきた斉藤さんをはじめとする“いつもの科捜研メンバー”、そしてたくさんのスタッフからのお祝いに沢口さんの目には涙が…。

 そして、科捜研ファンの皆さん、お待たせしました! 今年も開催される「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」に「科捜研の女」が参戦することが決定。夏祭り開催期間中の土・日曜(詳しくはページ下記を参照)に、第9話(7月11日放送)とリンクした“謎解きAR(拡張現実)イベント”が開催されます。「科捜研の女 謎解きARイベントin六本木(仮)」と名付けられたこのイベントでは、会場やモバイルAR端末に映し出される映像にマリコをはじめとする科捜研メンバーも登場予定! また、このほかにも“科学感”が味わえる(!?)かもしれない“科捜研の女カフェ”、その名も「日清オイリオpresents 科捜研の女×かけるオイルカフェ(仮)」が期間限定でオープンします。

 今回は、たくさんの皆さんに愛されている沢口さんからお誕生日に関するコメントを、そして夏祭りに参戦する喜びなどをお聞きしました。

──沢口さん、お誕生日おめでとうございます!

「ありがとうございます。(ケーキのデザイン)すごくかわいいですね。明日、『科捜研の女』の放送が始まってから20回目のお誕生日、いわば“20歳”になります! 折り返し地点も、もうすぐ先に見えてきました。残りも引き続きよろしくお願いいたします!」

──現場での誕生日祝いでしたが、いかがでしたか?

「本当にたくさんの皆さんにお祝いしていただいて、とてもうれしかったです。『科捜研の女』の主題歌もかかったりして感極まってしまいました。この作品に出合ってから20回も誕生日を迎えさせてもらうこと、たくさんの方に感謝を伝えたいなと思いました。そして、今回は1年間のロングランの撮影の中ということで、ひと際特別な思いもありました」

──ウルウルとされている姿がとても印象に残りました。サプライズでのお祝いだったと思うのですが、どう感じられましたか?

「大勢の皆さんから祝福を受けて、とてもジーンときました。ケーキもすごく華やかで、とてもおいしそうだなと思いました。ケーキの周りに鑑定グッズのオリジナル道具が小さくなってのっていたり、白衣も飾られていて…。スタッフの皆さんの思いを感じました。それを見たのもあって、ジーンときてウルウルとしてしまったのかもしれません。皆さんに祝福していただいた気持ちや、ケーキや花束、そして私をぐるっと囲んでお祝いムードを作ってくださったことで伝わってきて、ぐっとこみ上げてくるものがありました」

──もしかしてサプライズのそわそわ感、気が付いていたりしましたか…?

「そうですねえ。いつもの撮影とは違って、記者の皆さんもいらっしゃったりしていましたので、少し『そうかな』と思っていました(笑)」

──やはり、いつもと少し違う雰囲気に気が付いていらしたんですね。ところで、花束も沢口さんが演じられる榊マリコのイメージカラー、赤やピンクですね。

「そうですね、赤やピンクですね。赤や鮮やかなピンクで彩られた花束をもらった時、『わ~! 好みの色の花束だ!』と思いました。皆さんが見つくろっていただいたと思うのですが、本当にうれしかったです」

──ちょうど先日、春クールが盛況で終わりました。先ほど撮影も折り返しが見えてきたとのお話でしたが…。

「1年という撮影は自分の中で未知なところがありました。春クールが無事に終わって、夏の半分くらいの撮影が終わったところなんですが、なんとなく自分の中で『折り返しが見えてきたな』という思いでいます。おかげさまで順調に撮影も進んでいます。この調子で、最後まで走り抜けたいなと思っています」

──春クールは相馬涼役の長田成哉さんが帰ってきたりと、ファンにはたまらない仕掛けがたくさんありましたよね。

「ファンの方たちがずっと作品を見てくださっているからこそ、この相馬くんの登場やお母さんの電話での登場を喜んでくださったんだと思っています。本当に長く応援してくださっている方がいるんだと、気持ちを新たにしました。『若い方たちの層も増えているな』という、うれしい感覚もあります。ファン層も広げていきながら、この作品が長く続いていけばいいなと思っております!」

──謎解きARイベントや科捜研の女カフェが開催することになりましたね。イベントとカフェを一緒にやることは初めてだと思うのですが、ファンも心待ちにしていると思います。

「夏祭りのとてもわくわくする、面白い企画に参戦することができてうれしいです。ミステリー好きの方はもちろん、子どもから大人まで楽しめるイベントになっていると思います。謎解きイベントで歩き回った後は、コラボカフェでおいしいご飯を食べながらゆっくりしていただきたいと思います」

──では、最後に一言お願いいたします!

「このイベントの脚本は『科捜研の女』のメインライターを務める戸田山雅司さんが手掛けられるということで、面白いこと間違いなしです! この夏は視覚、聴覚だけでなく、味覚でもとても楽しんでいただけるのではないかと思っております。ぜひ、テレ朝夏祭りで謎解きイベントに参加していただいて、そしておいしいコラボメニューも食べていただいて『科捜研の女』の世界観をたくさん味わっていただきたいです!」

──沢口さん、ありがとうございました!

 本当にすてきなお祝い現場で、沢口さんが涙をこらえている姿を見て、最近涙もろくなった筆者もこみ上げるものが…。そのくらい素晴らしい雰囲気でした。改めて、沢口さんお誕生日おめでとうございます! 笑顔あふれる年をお送りください。

 さあ、今年も「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」と「科捜研の女」を存分に楽しんでいきましょう!

【イベント概要】

「科捜研の女 謎解きARイベントin六本木(仮)」
期間:夏祭り開催期間中に数日限定で開催
開催時間:未定
エリア:テレビ朝日本社・六本木ヒルズ周辺
料金:完全ネット予約制の電子チケット3000円(税別/サマパス付き)
※発券手数料が別途必要。
チケット販売開始:6月末予定

「日清オイリオ presents 科捜研の女×かけるオイルカフェ(仮)」
期間:2019年7月13日~8月25日 
営業時間:午前9:30~午後7:00(ラストオーダーは午後6:00)
エリア:テレビ朝日本社1階アトリウム

【イベント内容】

 最新科学捜査シンポジウムに講師として招かれ、六本木ヒルズを訪れていた榊マリコ(沢口靖子)。ところが、六本木ヒルズで事件が発生。マリコから協力を呼びかけられたテレ朝夏祭り参加者は、モバイルAR端末を使って一斉捜査を開始。同イベントは、マリコと連絡を取りながら、夏祭り会場のあちこちを捜査し、事件解決を目指していく。果たして、参加者は制限時間内に事件解決の糸口を見つけ、テレ朝夏祭り会場を救うことができるのか…?

【プロフィール】 
沢口靖子(さわぐち やすこ) 
1965年6月11日生まれ。大阪府堺市出身。84年に第1回「東宝シンデレラ」でグランプリ受賞。99年10月にスタートしたドラマ「科捜研の女」(テレビ朝日系)の第1シーズンより主演の榊マリコ役を務める。また、「鉄道捜査官」シリーズ(テレビ朝日系)でも長きにわたり主演を務めている。
【番組情報】 
テレビ朝日開局60周年記念ドラマ 木曜ミステリー 「科捜研の女」
テレビ朝日系 
木曜 午後8:00~8:54 
※6月13・20・27日、7月4日は休止。夏クールは7月11日からスタート。

テレビ朝日担当 Y・O





 
キーワード

関連記事
PAGE TOP