コラム

渡辺直美が“魅せるダンスパフォーマー”を発掘する「ダンス-1グランプリ」を開催!

 動画サイトやSNSでの動画投稿の広まりによって、これまで以上にダンスへの注目が集まっていますね。プロのダンサーが技術的に洗練されているのはもちろんですが、アマチュアの方も“魅せる”踊りを披露して見る者を楽しませてくれています。そんな中、エンターテインメント性を重視したダンス大会が開催されます! 10月13日に放送される「ダンス-1グランプリ」(テレビ朝日ほか)では、ダンスの魅力をより多くの人に届けられる大会を目指し、“イキのいいダンスパフォーマーNo.1”を決定します。

 今大会の出場者はプロアマ問わず、日本全国からどんなグループも参加可能です。スキルの高さや格好よさだけでなく、魅せることにこだわりを持ったさまざまなジャンルのダンサーたちが参戦。真剣勝負でエンターテイナーとしての魅力を発揮します。今回登場するのは、九州男児新鮮組(ブレイキング)、Twiggs Fam(クランプ)、FabulousSisters(JAZZ)、Loners(ロック&POP)、BixBite(HIPHOP)、激団HIGUCHI(TAP)の6組。多種多様で、ダンスの異種格闘技戦といえるかもしれません。各チーム素晴らしいダンスを披露し、白熱した戦いになっています! 6組が予選を戦い、勝ち抜いたチームが決勝の舞台で再び踊ることになります。ダンス界に新たな存在感を示す新星は、一体どのチームなのでしょうか? 審査員には振付稼業air:manさん、FISHBOYさん、HIDEBOHさんといった日本を代表するダンサーや振付師の方々が集結します。審査員の皆さんによる解説で技術面やエンタメ性での注目ポイントや魅力を伝えていただけますので、ダンスは分からないという人でもご安心を。

 この番組のオーガナイザー(MC)には、芸人の枠を越えて歌やダンスでも魅せる、総合エンターテイナーといえる渡辺直美さんが就任。「ダンスが好き過ぎて、漫才のツッコミがやりたくてこの世界に入ったのに、気付いたら他人の曲で踊ってました(笑)」とダンス愛を語る渡辺さん。収録前には「『“M-1”のパロディーみたいな名前でふざけてるんですか?』と思う人もいるかと思いますが、われわれはめちゃくちゃ本気ですし、ガチでダンスを愛しています! テレビの前で一緒に踊って盛り上がって見てもらいたいです!」と意気込んでいます。渡辺さんは出場チームのパフォーマンスが終わった後には、即興でそのジャンルのダンスセッションに挑戦。さすがのエンタメ性を見せてくれますので、こちらも見逃せません。

 この番組を演出・プロデューサーとして手掛けるのは「金曜★ロンドンハーツ」でディレクターを、「関ジャム 完全燃SHOW」(ともにテレビ朝日系)では演出・プロデューサーを務める藤城剛さん。「ロンハー」の制作で培ったバラエティー性と、そのバラエティー性を「関ジャム」で音楽と融合・昇華させた藤城さんが、渡辺さんというこれまたバラエティー性とアーティスト性を兼ね備えたオーガナイザーと組んで、どんな番組を生み出したのか。白熱のダンスバトルはもちろんですが、どのような番組が視聴者の元に届けられるのかも楽しみですね!

テレビ朝日担当 K・T

【番組情報】
「ダンス-1グランプリ」
テレビ朝日ほか 
10月13日 午後11:15~深夜0:05
 
キーワード

関連記事
PAGE TOP