週間TVガイド、表紙撮影のウラ話コラム『COVER STORY』

コラム

創刊57周年イヤー突入号を飾るのは木村拓哉さん! テレビという場所に今思うこととは…

 TVガイド創刊57周年イヤーに突入!
 この記念号の表紙にご登場いただくのは、8/24(金)公開の映画「検察側の罪人」で主人公・最上毅を演じる木村拓哉さんです。

 正義とは何かを問う本作のテーマにあわせ、木村さんの“正義”を赤色に見立て、赤をイメージカラーとした撮影を行いました。
 赤のフィルターや布など、編集部が用意したセットの中で、真っすぐで力強い視線を投げかけながら自在にポーズをとる木村さん。
 どこを切り取っても絵になるその姿に、スタッフ一同感服しきりでした。

 また、表紙の撮影を終えた後のカットで、木村さんのすてきなショットを押さえたカメラマンが、突如「表紙候補にするかも」と伝えると、「え? 急に?(笑)」と笑みがこぼれる一幕も。
 木村さんの鋭さと温かさを詰め込んだグラビアになっております!

 インタビューでは、「毎日が真剣勝負だった」という原田眞人監督の現場を振り返って思うこと、初共演となった後輩・二宮和也さんの印象、そして自身の思う正義について語っていただきました。
 さらにTVガイドの長い歴史においてソロでの表紙登場回数ナンバーワンの木村さんから、57周年イヤー突入に寄せたスペシャルメッセージも!
 テレビ誌として、テレビという場所で表現することについて伺いました。
 読み応え満点のテキストも併せて楽しんでいただければと思います。

 なお木村さんのページの後には、二宮さんのグラビア&インタビューを掲載。
 二宮さんから見た木村さんについても語られています。
 劇中で激しく対立する2人の、永久保存版特集です!


(伊藤)

キーワード
関連リンク

PAGE TOP