週間TVガイド、表紙撮影のウラ話コラム『COVER STORY』

コラム

松岡昌宏さんは脚が長くて困った!?

5/18号の表紙は、放送中のドラマ「家政夫のミタゾノ」で主演を務めている松岡昌宏さんが登場です。

続編ということもあって、演じている三田園薫は破天荒さ&不気味さもますますパワーアップ☆
まさに当たり役ともいえるキャラクターを演じ、これまでの俳優人生から現在の心境までたっぷりと語ってもらいました!

今回は深緑のスーツという、クラシックな装いで登場。
すっかり大人の余裕を漂わせている松岡さんですが、表紙では、デビューの頃の少しやんちゃなイメージで撮影を敢行しました。
元気な笑顔やダブルピースなど、少年と大人がドッキングしたような新たな魅力を振りまいてくれています。

ハットを手に持ったポージングをお願いすると、「『愚か者』みたいな世界観だな」と、事務所の大先輩・近藤真彦さんになりきって(!?)、気分もノリノリで臨んでくれました。

また、歩いみたり、イスに座ったり、はたまた寝転んだり…とさまざまなパターンでの撮影をおこないましたが、途中でカメラマンが松岡さんの脚の長さを指摘すると「そう、脚長いんだよ(笑)。前に時代劇で袴姿になったときにも寸足らずで困ったんだよね」とうらやましいエピソードも飛び出しました。

中面では、さまざまな表情が堪能できる貴重なグラビアのほか、演じることへの想いを赤裸々に綴るインタビューや、独占密着した「電波ジャック」の様子もリポート。
ぜひ誌面をチェックしてみてください!


(伊藤)

キーワード
関連リンク

PAGE TOP