Series 連載

志尊淳“&想い” ~打ち破った先にある道や景色は、そこに行かないと進めないし見えない~2020/10/07

2019年の5月にスタートした「志尊淳&」ですが、10月発売号をもって最終回を迎えることになりました。今号からラスト4回は最終回スペシャルということで、これまで応援していただいた読者の皆さんに感謝を込めて、志尊さんが今伝えたい「想い」を書にしたためてくださいました!

 最終回を迎えるにあたり、撮影内容などを志尊さんご自身に考えていただきました。「書道などで今の自分の“想い”を書きたい」というご提案をいただき、志尊さんが皆さんに伝えたい「想い」を書にしたためている様子を撮影することに。撮影直前には、手元のメモを見ながら「どれにしようかな…」と悩む志尊さん。今回の撮影のために10の言葉をセレクトし、当日、ピンときた言葉を書こうと決めていたそうです。

 少し考えてから、「決めました! 行きます!」と勢いよく書き始めます。最初に書いたものは少し納得がいかなかったようで、「もう1枚書いてもいいですか?」と再挑戦。真剣なまなざしで筆を運ぶ姿がとても絵になります。何枚でも書いていただきたい気持ちになりましたが、2枚目で完成! 潔くダイナミックな文字が志尊さんの真っすぐな性格を表しています。最終的にどの言葉を選んだのかについては、誌面でご紹介させていただいていますので、どうぞチェックしてみてください。

 この連載や、SNSを通してファンの皆さんに直接「想い」が届けられることを喜びつつも、「僕の言うことが必ずしも正解ではないので、鵜呑みにしてほしくはないです」という気遣いも。インスタライブ「#志尊の自粛部屋」でも必ず、「これは僕の意見だから」と言うようにしていて、自分が発信することの受け取り方は人それぞれでいいと考えていると言います。ファンの皆さんとしっかりと向き合っているからこそ、こういった素晴らしい発言ができるのだなと思いました。

 撮影終了後のインタビューでは、「伝えたい言葉がありすぎて…」と、読者の皆さんへの「想い」についてもたっぷりと語ってくださいました。最近、「志尊さんのファンはすてきだね」と言われることが多いそうで、そう言われるたびにとても誇らしい気持ちになるのだとか。この「志尊淳&」を読んでコメントをくださる皆さんも本当にすてきな方々ばかりで、編集部一同、励みになっておりました。最終回まであと少しですが、最後までどうぞよろしくお願いいたします。

☆撮影メーキング動画を公開中☆

取材・文/石本真樹 撮影/GENKI(IIZUMI OFFICE)
ヘア&メーク/礒野亜加梨(スタジオまむ) スタイリング/手塚陽介

【プロフィール】

志尊淳(しそん じゅん)

1995年3月5日、東京生まれ。魚座。A型。10月11日(日)放送開始のドラマ「極主夫道」(日本テレビ系)に出演。2021年1月22日(金)公開の映画「さんかく窓の外側は夜」では主演を務める。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.