Series 連載

志尊淳“&希望” 〜訪問看護師として、その場の心理に従って演じてみたい〜2020/09/09

今回からのテーマは志尊さんが出演されるドラマ「天使にリクエストを〜人生最後の願い〜」にちなみ、「希望」をテーマにさまざまなお話を伺います。まずは撮影中のエピソードや役柄について。撮影現場で提案したことなども教えてくださいました。

 9月19日(土)からスタートするドラマ「天使にリクエストを~人生最後の願い~」(NHK総合ほか)で志尊さんが演じるのは、訪問看護師の青年・寺本春紀。終末期を迎えた患者さんと真摯(しんし)に向き合い、「最後の願い」をかなえるために寄り添う重要な役どころです。頑固なところや仕事に対するプライドやこだわり、真っすぐな部分など、共感できるところがたくさんあると感じながら演じていたと言います。

 演じるにあたり、実際に「最後の願い」をかなえるために活動されている財団の方にお話を伺って役作りをしたという志尊さん。監督には、「画的な立ち位置や動きよりも、訪問看護師としてその場に居合わせた時に、患者さんにどう寄り添うか。その場の心理に従って演じてみたい」というご自身の希望も伝えたそう。丁寧な役作りの様子を聞き、放送開始がとても楽しみになりました。

 共演は倍賞美津子さんをはじめとした、そうそうたる俳優の皆さん。撮影の合間に昔の話を伺ったり、脚本についてお話したりと、貴重で楽しい時間を過ごしていたそうです。大森寿美男さんのオリジナル脚本であるということも、「出演したい」と思った理由の一つ、と志尊さん。「死ぬ間際の患者さんの表情をくみ取るといった、言葉のない部分の描き方もとてもすてきだなと思いました」と脚本の魅力についても語ってくれました。

 各話の最後に往年の名曲が登場するのもこのドラマの見どころとのこと。ドラマや音楽番組など活躍の幅を広げる志尊さんですが、今回も、志尊さんのさまざまな表情が見られそうで、ますます期待大!

 撮影では、“希望の光”をイメージし、スポットライトに照らされた中で撮影を行いました。カメラをじっと見つめる瞳は、そらせなくなるほど奇麗です! 本誌とwebでは違ったカットになっております! メーキング動画と共にお楽しみいただけますと幸いです。

☆撮影メーキング動画を公開中☆

取材・文/石本真樹 撮影/サステイ(W)
ヘア&メーク/礒野亜加梨(スタジオまむ) スタイリング/手塚陽介

【プロフィール】

志尊淳(しそん じゅん)

1995年3月5日、東京生まれ。魚座。A型。9/19(土)放送開始のドラマ「天使にリクエストを~人生最後の願い~」(NHK総合ほか)、10/11(日)放送開始のドラマ「極主夫道」(日本テレビ系)に出演。2021年公開の映画「さんかく窓の外側は夜」では主演を務める。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.