Series 連載

志尊淳“&スポーツ” ~同世代の選手が頑張っている姿を見ると励みになります~2020/07/29

今回からは「スポーツ」をテーマにお届けします。中学時代には野球に打ち込んでいたという志尊さん。憧れの選手や印象に残る名場面などを熱く語ってくれました

 プロ野球やJリーグなどのプロスポーツが開幕し、家でいろいろと観戦しているという志尊さん。プロ野球の無観客での開幕試合を見た時に、ボールをキャッチャーミットで捉える音や打球の音、選手の皆さんの掛け声がよく聞こえて、いつもとは違う新鮮さを感じたと言います。

 野球はもちろん、サッカーや格闘技など、スポーツ全般が好きな志尊さんですが、実はテレビ観戦派。「会場で味わえる一体感は何ものにも代え難いと思いつつも、選手の動きや技など、細かいところまで見たくなってしまうんですよね」とのこと。細かくチェックするあたりが本当に好きな人の見方ですよね!

 これまでで記憶に残っている名場面は、2002年のサッカー日韓ワールドカップ。当時志尊さんは小学生で、ベッカムヘアーにしていたのだとか。ベッカムヘアーの志尊さんはとてもかわいいだろうな…と想像してしまいました。もう一つ印象に残っている名場面は、2009年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)決勝戦でのイチロー選手の伝説のタイムリー。「ものすごく感動して、スポーツは本当にドラマチックだと感じた試合」だったそうです。

 憧れの選手は、野球では松井秀喜選手。松井選手がメジャーリーグに移籍するニュースを知った時には悲しくて泣いてしまったのだとか。そして、格闘技では山本KID徳郁選手。KIDさんのジムで一緒に練習したこともあるそうで、当時のことを懐かしそうに話してくれました。

 それから、「同世代のスポーツ選手はやっぱり応援したくなっちゃいます」と志尊さん。バドミントンの桃田賢斗選手やフィギュアスケートの羽生結弦選手、野球ではエンゼルスの大谷翔平選手や阪神タイガースの藤浪晋太郎選手など、志尊さん世代は確かに活躍している人材が豊富。「同世代の皆さんが頑張っている姿を見ると“自分も頑張ろう”と励みになる」と熱く語ってくれました。厳しいプロの世界で戦う選手の姿を見て自分自身を鼓舞するところもまた、志尊さんらしいなと思いました。

 撮影ではスポーツ直後をイメージして、髪やTシャツを濡らして挑んでくださいました。男らしく豪快に水を飲む姿は、なんと一発勝負です! また、TVガイド創刊58周年記念として、志尊さんからのサイン入りオリジナルフォトを抽選でお一人にプレゼント! 2号連続企画となっておりますので、ぜひご感想とともにご応募いただけますと幸いです。

☆撮影メーキング動画を公開中☆

取材・文/石本真樹 撮影/ティム・ギャロ
ヘア&メーク/花村枝美(MARVEE) スタイリング/手塚陽介

【プロフィール】

志尊淳(しそん じゅん)

1995年3月5日、東京生まれ。魚座。A型。放送日未定ドラマ「天使にリクエストを~人生最後の願い~」(NHK総合)に出演予定。8/21(金)公開の映画「2分の1の魔法」にて、主人公の日本語版声優を担当。10/30(金)公開の映画「さんかく窓の外側は夜」では主演を務める。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.