放送局から直送便・ドラマ版

コラム

「サイン」いよいよ今夜スタート! おちゃめなキャスト陣とシリアスな作品のテイストのギャップがスゴい

 遺体から“真実”をあぶり出す法医学者たちと、不都合な“事実”を隠蔽しようとする巨大権力の熾烈(しれつ)な攻防戦を描く、大森南朋さん主演の連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系)が、本日7月11日にいよいよスタートいたします! 韓国の大ヒットドラマ「サイン」(2011年)が原作で、“一度見始めたら止まらない骨太な法医学サスペンス”である本作。放送に先駆けて、7月4日にはテレビ朝日本社で第1話試写会&制作記者会見が開催されました。その模様と第1話の見どころをお届けします!

 記者会見には、豪華なキャスト陣が勢ぞろい。主人公・柚木貴志役の大森南朋さん、和泉千聖役・松雪泰子さん、中園景役・飯豊まりえさん、高橋紀理人役・高杉真宙さん、兵藤邦昭役・西田敏行さん、伊達明義役・仲村トオルさんの6人が登壇しました。

 大森さんは、「法医学者に役は難しいことだらけ。手探りで進んでいます」と、複雑な題材ならではの苦労を吐露。その一方で、撮影の合間には大森さんと飯豊さんが“寸劇動画”(!?)を公式Instagramに投稿するなど、和気あいあいとした雰囲気の現場になっていることを教えてくれました。飯豊さんは「南朋さんが『飯豊ちゃん、写真撮ろうよ』や『即興コントやる?』など率先して考えてくださって。こんなに楽しめる現場、ほかにはなかなかないです!」と、座長自らが率先して音頭をとっていると暴露(笑)。これには「バラすなよ!」と苦笑いの大森さんでした。

 松雪さんは「劇中でバディを組む高杉くんと相談して、アイデアを出し合いながら撮影しているので、すごく楽しいです」と話すと、対する高杉さんは、「居酒屋のシーンが本当にすてきで。あのシーンでいろいろお話しさせていただいて、役としても松雪さんご自身とも、距離が近くなった感じがします」とコメント。それぞれチームワークを大切にして撮影が進んでいるようですね。何かの間違いで自分も参加できないかな…。(いざ入れたら緊張してガチガチでしょうけどね!(笑))

 西田さんは「自分が出ているのも忘れるくらい面白かったです。本もアイデアも、何より出演している俳優さんたちが素晴らしいんですよ! 昨夜2回見ちゃいました、それくらいファンです(笑)」と出来栄えをアピール。この言葉には一足先に第1話を視聴できたラッキーな来場の皆さんからも、称賛と同意の大きな拍手が送られました。

 最後に仲村さんは「(今回演じる伊達の)お父さんとお母さんは“明るい”の“明”と、“正義”の“義”で“明義”という名前をつけたのですが、闇を抱え、損得と忖度(そんたく)を大切する男に育ちました(笑)。劇中では机をたたき過ぎて壊さないように気を付けます!」と見事にオチを決め、会場の笑いをさらっていかれました。

 続いてイベントでは、大森さんが高杉さんに物申したいことがあると、殺伐とした雰囲気に…!? どんな文句が飛び出すのかと思いきや、「今日、誕生日らしいな」というツンデレ発言!(笑)。なんと高杉さんのお誕生日が7月4日ということで、サプライズでのバースデーイベントが開催。甘いものが大好きという高杉さんのために“カラフルな特製バースデー巨大綿あめ”が用意されました。

 最後に、「サイン」のキャッチコピーでもある「生きている者だけが嘘をつく―」にかけて、「これまでについた一番のうそ」を問われた皆さん。「よくうそをつく」と公言した西田さんと仲村さんから爆笑のエピソードが飛び出します。西田さんは「まだ売れていない劇団時代に、旅公演で初めて行った居酒屋さんで江守徹さんと間違われたようで(笑)。最後まで江守さんのまま、お代も取られずにごちそうになりました」という、“それは言っちゃっていいの!? ”レベルの暴露話を披露(笑)。仲村さんは「パキスタンに行った時に、僕が日本人だって分かると、現地の人が『アントニオ猪木と似てるなぁ』っていうんです。がっかりさせちゃいけないと思って、『日本でもよく言われます』と答えました」と、ジワジワくるエピソードで会場を沸かせました。

 第1話では、ライブ会場の控室で国民的人気歌手・北見(横山涼)の遺体が発見され、死因究明に特化した国家機関・日本法医学研究院の院長・兵頭は、信頼する柚木に北見の司法解剖を一任。しかし、国立大学の法医学教授・伊達が現れ、思わぬ横やりを入れて解剖を担当することに。一方、遺体を法医学研究院に運ぶように指示を出した警視庁捜査一課の管理官・千聖は、部下の紀理人から、北見の所属事務所社長・会田(猪野学)と、スタイリストの清花(柳美稀)がもめていたことを知らされます。不可解な圧力を察知した柚木は納得がいかず、無許可で遺体を盗んで解剖を始めるという暴挙に出ます…。

 おちゃめで、和気あいあいとしたチームでおくる「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」。会見でのキャストの皆さんのキャラクターからは想像もできないような、シリアスな作風とのギャップも気になること間違いなし! 7月の木曜午後9時は、テレビ朝日で決まりですよ!!

【番組情報】 

「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」 
7月11日スタート 
テレビ朝日系 
木曜 午後9:00~9:54(初回は、午後9:00~10:09)

テレビ朝日担当 I・S





 
キーワード

関連記事
PAGE TOP