放送局から直送便・ドラマ版

コラム

「デジタル・タトゥー」で高橋克実と瀬戸康史が初タッグ! 仲が良すぎて監督からクレームが!?

 インターネットに疎い50代のヤメ検弁護士・岩井堅太郎(高橋克実)と動画サイトで荒稼ぎする20代のYouTuber・タイガ(瀬戸康史)がバディを組み、“デジタル・タトゥー”に苦しむ人々を救い出すサスペンスが、5月18日からNHK総合でスタート! “デジタル・タトゥー”とは、一度入れたら完全に消すことができない入れ墨(タトゥー)のようにインターネット上に公開された誹謗(ひぼう)中傷や個人情報がいつまでも消えずに残ってしまうことを指します。意外なことにドラマでの共演は初めてとなる高橋さんと瀬戸さんからお話を伺いました。

高橋 「『デジタル・タトゥー』というタイトルを聞くと、一見、今っぽい感じがしますけど、アナログ世代の人が『すごく新しいな』と思って付けた感じがします(笑)。今の人たちには“デジタル”ってそんなに特別な言葉じゃないと思うんですよね。僕が演じる岩井は、自分の年齢とほぼ変わらない設定で、タイガが何を言っているのか全然理解できていないところから物語はスタートします。実際、僕も出てくる言葉が分からないので調べたのですが、分からなくても物語は進んでいくので途中から調べるという抵抗もやめました (笑)」

瀬戸 「僕はデジタル世代だと思うのですが、タイトルを聞いた時に『ちょっとかっこいいな』と思ってしまったので、アナログもかじっているのかもしれないです。今回、YouTuberという職業がフィーチャーされることで新しいなと思いましたし、普通に暮らしている人にも危ないことや一生消えない何かが残る時代になってきて、ネットは本当に使い方次第だなと思いました。窮屈な世の中でどう戦っていくのかというのが今回のテーマの一つになっていて、サスペンス要素がありつつも勇気をもらえるような作品になっています」

──物語は、岩井とタイガがタッグを組み、デジタル・タトゥーによって傷ついた人々を助けるドラマですが、この題材を聞いて感じたことを教えてください。

高橋 「最近、SNSに関わったドラマが増えている気がしていましたが、そこに弁護士が介在して何かやるというのはあまり聞いたことはなかったので、『なるほど』と。そういうものが事件として扱われ、弁護士が出てくる事態が起きるんだなと最初に思いました。自分の周りにはないけれど、現実に起きていてこれから増えていくんだろうなと感じました」

瀬戸 「僕もSNSをやっていて、感想やコメントで傷つくような言葉を書かれることがあります。自分が標的になることもあり得る世の中で、どういう発信の仕方をすればいいのかなと。発信する上での僕の決まり事は、うそは書かないということなのですが、正直に書きすぎてもそこにかみつく人とか傷つく人もいるので本当にいろんなことを気にしなくてはいけない世の中になっているんだなと痛感しています」

──お二人のコンビネーションがとても良くて、初共演とは思えないほどでしたが、実際共演してみていかがでしたか? また撮影中のエピソードを教えてください。

高橋 「初共演ですけど、初めてという感じはあまりなかったです。 瀬戸くんはお芝居が上手で。僕は年齢関係なく割と飛び込んでいくタイプで瀬戸くんは引き受けてくれる感じでした。飛び込んでいくタイプと引き受けるタイプ。それが見事にマッチングしたんでしょうね」

瀬戸 「僕は逆だと思っていましたよ。克実さんの方が広い心で、僕が何を言っても応えてくださるからだと思っていました」

高橋 「いや、台本はそういうふうになっているけれども、たぶん瀬戸くんも分かっていると思うんですけど、逆になってる」

瀬戸 「いやいやいやいや(笑)。そういえば撮影中に克実さんが、『これはこういうふうに使うんだ~』と、本当にデジタル機器が分からない感じが面白くって。『なんでこれが分かんないんだろう?』と思いながら一緒にやっていました。芝居の中ですけど、でっかいタブレットを耳に当ててみたり…。電話なわけがないでしょって(笑)」

高橋 「あれね。誤情報かもしれないけど、しゃべれるんでしょ?」

瀬戸 「でも耳に当てなくてもいいんですよ」

高橋 「そうなの? 電話の機能もあるんでしょ?」

瀬戸 「はい、スピーカーにして話すんです」

高橋 「なるほど。でも、全然使う必要を感じないんですよ。SNSとかも。だから例えばご飯食べに行って料理が出てきたときに『ちょ、ちょ、ちょっと待って!』って写真を撮られると、『う~ん』っていう感じになるんです。電話とか最小限のやりとり以外はほぼいらないですね」

瀬戸 「そういえばこの間、克実さんが誰かとメールで連絡を取られていた文字が見えたんですけど、めちゃくちゃでかかったんですよ! もう画面からはみ出すくらいのでかさで(笑)」

高橋 「俺、あれでもまだ足りないくらいなの。あれがMAXだっていうから」

瀬戸 「それが面白かったです。そういうのが多々ありますね」

高橋 「そうですね。第1回でタブレットの画面を拡大するしぐさをするんですけど、あれはリアルですから。名前があるらしいですけど分からない(笑)」

──終始笑いの絶えない現場のようですね(笑)。ほかにも、お二人には忘れられないシーンがあるそうですが…。

高橋 「第1回でも出てくる岩井の事務所にある屋上のシーンですね。タイガの感情が分かったというか。感情が吐露されるのがたった一言なんですけど、そこにすごく集約されていて、タイガという人間をケアしてあげたいとまでは思わないんだけど、興味を持つというか、きっかけになったなと。タイガが本音でしゃべるところで岩井もそれに向かって本音でしゃべるというシーンなんです。そこで初めて撮った時に…めっちゃ寒かったんですよ!(笑)。さらにそこにあった手すりは、『建物自体が古いんであまり頼らないでください』みたいなことを言われて。またその手すりがね、冷たいんですよ! 長時間触っているのもなかなかの至難の業というくらい冷たくて。しかも風はゴーゴーいってるし、下は電車がバンバン走っているんですよ。いろんな意味で忘れられないですね」

瀬戸 「あははは(笑)。僕は、結構どこも好きなんですよね。第2回のカレー屋さんでひそひそ話しているシーンは面白かったですよね。ナンがなかなか切れなかったという…(笑)」

高橋 「あははは(笑)。 そうそう」

瀬戸 「そういうハプニングもありつつ、どんどんコンビネーションが良くなって、おじさん(岩井)のことを信頼していくタイガの様子やタイガがおじさんをどんどん好きになっていくという、うれしさもありましたし、カレー屋さんのシーンは印象に残っています」

高橋 「ハードな現場なんだけど、みんな最後までニコニコやっている感じだったよね。カレー屋さんの撮影に関しては、俺たちに気を使ってナンを温かくしてくれていたんだけど、撮影の終わりくらいに温めない方が柔らかいってスタッフが気付いたんだよね」

瀬戸 「あははは(笑)。セリフをしゃべっている間にナンが固まっちゃうんですよね。結構長いシーンで」

高橋 「そうそう。それに気付いたのが終わりの頃だったんでね。そういう気を使う人がいっぱいいましたね」

瀬戸 「すてきな現場でしたね」

──第2回のカレー屋さんのシーンは見逃せませんね! ところで、岩井とタイガはお互いに腹の内をあまり見せない部分と信用している部分があるという微妙な関係のようですが、演じる上で距離感をどのように出そうと思っていらっしゃいましたか?

瀬戸 「最初にタイガが岩井の事務所を訪ねてくるシーンで、僕と克実さんが仲が良すぎて、監督から『もうちょっと距離感を…』って言われたことありましたね」

高橋 「あははは(笑)。そう、あった」

瀬戸 「テンポが良すぎて、そういうこともありました。タイガはいろんな人に裏切られて人間不信のような中で日々を過ごしていて、やっと本音をぶつけて自分の弱さを分かってくれる人が、この人(岩井)なのかもしれないって思った人というか。はたから見たら、タイガは結構ガーン!と行くので一気に距離が縮まったようにも見えるんですけど、彼の中では徐々に徐々に距離感を縮めていったと思います。どこか探っているところもあったでしょうし」

高橋 「瀬戸くんも言っていましたけど、タイガと関わっていくうちにどんどん好きになっていくというか。後半、ある事情があって岩井のところから出ていくんです。それで電話のやりとりばかりになって、現場でも実際に絡まなくなって本当になんか寂しくなっちゃってね。本人がいないとね、ちょっとキュンとなって…(笑)」

瀬戸 「あははは(笑)。僕もそうですよ。タイガは政治家のお父さんがいるけれど確執があるので、理想のお父さん像をおじさんにちょっと思い描いているというか。おじさんとは呼んでいるけど、本当はお父さんって言いたいというか。もしかしたらそういうこともあるのかもしれないですね。こういう関係だったらいいのになって」

──ありがとうございました! 取材の場を盛り上げてくださる高橋さんと、それを楽しそうに聞いていらっしゃる瀬戸さんに記者も思わず笑顔になっていました。

 さて、息もぴったりの高橋さんと瀬戸さんが登場する物語の第1回のあらすじは、元特捜検事の岩井が追いかけていた疑獄事件が政治家秘書の自殺によって幕を引かれ、岩井は失意のなか辞職し、弁護士となります。ある日、年に数千万円を稼ぐ人気YouTuber・タイガが岩井の事務所を訪れます。タイガはある動画をきっかけに炎上し、何者かに駅のホームで突き飛ばされ殺されかけたというのです。岩井が殺害予告を出した者の特定を依頼されて捜査を進めていくと、タイガはかつて疑獄事件の首謀として捜査した政治家・伊藤秀光(伊武雅刀)の次男だと判明し…。

 因縁の相手ともいうべき人の息子だと知った岩井は、果たしてどんな行動に出るのでしょうか? また、そんな2人がどのように心を通わせ、タッグを組んでいくのかにも注目です。


【番組情報】 

「デジタル・タトゥー」
5月18日スタート 
NHK総合 
土曜 午後9:00~9:49

NHK担当 K・H



 
キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年8月30日号
発売日:2019年8月21日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:410円
表紙:

新着連載

PAGE TOP