放送局から直送便・ドラマ版

コラム

岡田結実主演「私のおじさん」第5話は無気力な若手社会人の本音に迫る!

 岡田結実さんが初主演に挑んでいる連続ドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」(テレビ朝日系)。岡田さん扮する一ノ瀬ひかりの前に突然現れた“妖精”おじさんを演じる遠藤憲一さんの、コミカルでキュートに言いたい放題の姿に反響が集まっています。さらに、妥協を許さない鬼ディレクターであり、女性関係は超絶だらしない千葉迅を演じる城田優さんが、これまで毎回見せてきたキスシーンも話題になっていますね。

 ひかりが就職した番組制作会社で担当することになったバラエティー番組「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」は、体当たりロケ上等で超過酷な労働環境。周りは理不尽な上司やいびってくるお局、典型的な“バイトリーダー”といったクセの強い面々ばかり。しかも、ひかりも超ポンコツな新人AD。いきなり出現した妖精も従来イメージされてきた妖精像とは違い、性格が悪くて超毒舌な上に外見はこわもてでスーツ姿のおじさん…。言いたいことを好き勝手に言いまくり、助けてくれるどころかキャッキャしながら邪魔してくるだけっていう…。パッと見た第一印象は「ぶっ飛んだネタ系ドラマ」だと思ってしまいますね。

 しかし、このドラマには、(意外にもと言ったら大変失礼ですが)社会派で真面目に考えさせてくれる側面もあります。社会に出るということは、いろいろなしがらみに直面することもあり、無理難題や理不尽なことを押し付けられることもあり、努力が報われないことも多々あり…。そういった、働くことの大変さやそれを口に出せずに我慢しなければいけないということを風刺しています。おじさんは、その「誰もが我慢しなければならないこと」を我慢せずにズバズバと代弁してくれる存在で、視聴者の皆さんが共感できることばかりを言っていますね。そして、おじさんと一緒にいることで、ひかりがどんなふうに成長していくのかが描かれています。

 さて、2月15日放送の第5話は、働き方改革を盾に、「“ワークライフバランス”を大事にしよう」とサボっている感MAXな九条隼人(戸塚純貴)のメイン回になります。突然周りに伝えずに有給休暇を取得し、ひかりたちが慌てることに。何を考えているか分からない若者が、一体どんなことを考えながら社会に出ているのかが描かれます。演じる戸塚さんが制作発表会見で今年の抱負を「五話必見」としたため、「このドラマは毎話が神回でとても面白いんですが、特に5話が必見です。九条の葛藤が描かれています」と、その時にはまだ撮影していなかった第5話がどんな出来になったのか注目ですね。そして、毎回千葉のキスシーンで終わっていたドラマの第5話ラストには、衝撃の展開が待ち受けていますので、それも見逃せません!

テレビ朝日担当 K・T

【番組情報】 

「私のおじさん~WATAOJI~」 
テレビ朝日系 
金曜 午後11:15~深夜0:15 
※地域によって放送時間が異なります。

 
キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年8月30日号
発売日:2019年8月21日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:410円
表紙:

新着連載

PAGE TOP