放送局から直送便・ドラマ版

コラム

永山絢斗・横浜流星・中村倫也の胸キュンシーンをプレーバック!「初めて恋をした日に読む話」

 ついにゆりゆりこと由利匡平(横浜流星)が春見順子(深田恭子)に猛烈アピールを開始した「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)の第4話。分かりやすいアピールに、鈍感な順子も遂に! 匡平の好意に気付きます。…最後には演技だと勘違いするオチ付きではありますが。匡平の「先生、俺にもご褒美ください」の言葉や、手の甲にキスしたシーンは皆さんかなりキュンキュンさせられたはず。そんな匡平の“キュンポイント”が多い第4話ではありましたが、八雲雅志(永山絢斗)と山下一真(中村倫也)のキュンポイントも今までたくさんありました。次回2月12日放送は第5話。番組も折り返しに差しかかるところで、前半戦のそれぞれのキュンキュンシーンを振り返りたいと思います。

◆八雲雅志「東大出だからって楽してるって言われてると、つい苦労したくなるんだよ」

 第3話で他部署の先輩に「いいよなぁ。東大出のおぼっちゃんは苦労知らずで」と嫌みを言われた時のセリフです。エリートかつイケメンで(恋愛以外は)順風満帆なイメージの雅志でしたが、実際にはたくさんの努力と苦労の上に勝ち取った今の立場なのだなと感じさせるシーンでした。働いている女性にはきっとグッとくるシーンになったはず。ただ、この雅志のセリフを順子が聞いていなかったのがもったいなさすぎる! 雅志はこういうところをもっと順子にアピールするべき!!

◆由利匡平「ふーん、かわいいですね」

 第4話のヒールを履いていない順子に対して発した言葉。なんだかリアルでさりげなくて、とてもいいセリフだと思いませんか? 鈍感な順子も動揺してしまったほど、そっけないけど破壊力抜群の言葉でした。順子は腰を痛めているのにかなりヒールの高い靴を履いているのが気になっていましたが「おしゃれに対する頑張りが実を結んだね!」と匡平にも順子にも拍手を送りたいシーン。

◆山下一真「春見はおれにとって初恋だからさ。幸せになったところ見てーなって」

 順子と2人バーでお酒を飲んでいるシーンでした。こんなこと言われてなんで好きにならないの!?と、不思議でなりません(笑)。さらっとこんなことを言えてしまうのが、大人の既婚者の余裕ともいうべきでしょうか、前述した2人との器の差を見せつけた言葉でした。こんなこと言われたら照れるでしょうし、さらに頭なんてなでられたら挙動不審になりそうなものですが、まったくなびかない順子は本当に一体どんなハートをしているのでしょうか。

 お気に入りのシーンがありすぎて一人一つ選ぶのは苦労しましたが、いかがでしたでしょうか? 第5話はさらに胸キュンのシーンが盛りだくさんです! 特に山下ファンには必見の回になること間違いなし。匡平・雅志ファンも推し変しちゃうかも?

【番組情報】 

「初めて恋をした日に読む話」 
TBS系 
火曜 午後10:00~11:07

 
キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年8月30日号
発売日:2019年8月21日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:410円
表紙:

新着連載

PAGE TOP