放送局から直送便・ドラマ版

コラム

連ドラ初主演の小芝風花が特オタOLを熱演中! その魅力をオタクらしく“熱く”語る!!

 好きなものを「好き」と言えないことで悩んでいる、そこのあなた! そんなあなたにお薦めのドラマ「トクサツガガガ」(NHK総合)が1月18日に始まりました。今作では特撮(特殊撮影技術を用いて作られた映像作品)をこよなく愛する“隠れ特撮オタク”を、NHK連続テレビ小説「あさが来た」に出演した小芝風花さんが熱演! 今回が連ドラ初主演という小芝さん、そして寺田心くん、松下由樹さんも出席された試写会にお邪魔した記者が、今作の見どころと出演者の皆さんからの熱い声をお届けします!!

 まずはあらすじからご紹介。物語の主人公・仲村叶(小芝風花)は商社勤務のOL。職場では女子力が高いと思われていますが、実は特撮をこよなく愛する隠れオタクです。女の子らしさを好み、特撮を嫌う母・志(松下由樹)の影響で、しばらく特撮から離れていましたが、大学進学以降は一人暮らしになり、OLになった今ではお金と時間を好きなだけ特撮につぎ込めるようになりました。叶が特に力を入れて追いかけているのは「獅風怒闘ジュウショウワン」。しかし、特撮嫌いの母にはもちろん、職場の同僚たちにも“特オタ(特撮オタク)”であることは一切秘密にしています。

 劇中では、幼少期に好きな雑誌を母に隠れてこっそり買うシーンがあるのですが、皆さんにも同じような経験はないでしょうか? 記者は漫画禁止の家庭で育ったので、こっそり友人に借りて読んでいた記憶がよみがえり、どこか懐かしい気持ちになりました。(どうか両親がこのコラムを読んでいませんように…(笑)) ひっそりと特オタを続けている叶ですが、日常生活には特オタであることがバレてしまう“オタバレ”の危機がたくさん…。そんな時、叶は特撮ヒーローの言葉に勇気づけられ、次々と“オタバレ”のピンチを切り抜けていきます!

 多くの人が日常で直面する「あるある!」な壁に、特オタならではの理由で葛藤しつつも、前向きに奮闘する叶の姿を描くヒューマンコメディードラマですが、記者は特撮を見た経験がなかったため、話の展開についていけるか不安でした。しかし、自分の好きなものに熱中する叶の姿を見ていたら、いつの間にか自分のことと照らし合わせて「そういう時あるよね~。良さが伝わらないんだよね~」と共感の嵐。叶がこれからどのように自分の好きなことと向き合っていくのか、続きが気になるところです。特オタでなくとも、少し人とは違う好きなものを大声で「好き」と言えない気持ちや、その良さが周囲の人たちに伝わらないもどかしさを感じたことがある人は多いはず! 今作はそんな方々の心に響く、とっておきのドラマです。

 試写会後には小芝さん、心くん、松下さんが登壇し、今作の見どころを語ってくれました。皆さん椅子に座ってお話してくださるのですが、座るやいなや、まだ小さい心くんの足が床に着かない様子を見た小芝さんが「え~! 足が着かないのめっちゃかわいい~!」と一言。その言葉で会場は一気に和やかなムードになりました。その後も、小芝さんは「心くんは本当にかわいくて、よく公園で撮影をしていたんですが、そこでゲームをして一緒に遊んでいました」とほのぼのとした撮影中のエピソードを語ってくれました。

 さらに「お母ちゃん役の松下さんとは対立関係なのですが、2話のショッピングのシーンでのお母ちゃんの圧が本当にすごいので、2話以降も楽しみにしてほしいです!」と語り、松下さんも「特撮っぽく言うと、“最強の悪役”を演じています。楽しみにしてください!」と見どころを語ってくれました。 

 今作の外せないもう一つの見どころは、なんと言っても、特撮です。特オタのドラマなので、もちろんヒーローたちが登場し、特殊撮影技術を使用したシーンがたくさん出てくるのですが、叶が劇中で観賞する作品だけでなく、電車の中やカラオケなどの日常生活に、叶にしか見えないヒーローたちが現れます。電車の中に特撮ヒーローが居るっていう字面だけでも少しクスッと笑えてしまいますね(笑)。

 その特撮について「ここがかっこいい!」というところはどこかと聞かれると、小芝さんはすかさずポスターを指し「この尻尾がかわいくて見つけた時に『尻尾あるんだ~!』って感動しました。そして『獅風怒闘ジュウショウワン』にはシシレオー、トライガー、チェルダ、あとセロトルも追加戦士で出てくるんですけど…。私も叶と一緒で”シシレオー”が好きなんです。トライガーとチェルダはつるっとしてるんですが、シシレオーはたてがみがあって、それがすごくツボです! あと、チェルダは女の子なので、ウェストも少し細くて、腰のベルトの位置が他の男の子キャラクターより高く作られていて『こういうところにもこだわってんねや~!』ってなりました! あとセロトルは~」と、熱が入り、思わず方言も出てくるくらいに止まらぬ特撮愛…。

 すると心くんも負けじと「最初の戦うシーンとかかっこよくてまねしたくなって、こうやってやったりして」と刀で斬るジェスチャーをしながら小芝さんのトークに参戦。小芝さんもそれを聞いて「分かる~!」と、特撮が嫌いな役の松下さんを若干置いてけぼりにしながら、大盛り上がり(笑)。世代の違うお二人をここまで熱くさせてしまう特撮。物語の内容だけでなく、こだわりポイントにも大注目ですね!

 そしてなんと、試写会後の写真撮影には小芝さんの“推し”であるシシレオーがサプライズで登場! 記者たちの前でかっこいいポーズを決めてくれました。全員での撮影に移ると「シシレオーはシシトウ(をモチーフにした刀)を持っているので、私が代わりにポーズ取りますね!」と、小芝さんはオタクならではの細かい解説をはさみながら、心くんと共にかわいいポーズを披露してくれました。

 現代人なら「あるある! 分かる!」と言いたくなる共感ポイントがたくさんの今作、明日1月25日には第2話が放送されます。第2話では、叶の母・志が突然叶に会いにやって来ます。母にも特オタであることを隠している叶は、結婚について聞かれたり、ショッピングに付き合わされたりし、“オタバレ”しないように必死。果たして隠し通すことはできるのでしょうか? その後、休日にヒーローショーに出かけた叶は、探していた年上の女性(倉科カナ)と再会。お互いに特オタであることで、意気投合します。しかしそこへ会社の同僚・チャラ彦(森永悠希)が現れ、またもや“オタバレ”の危機に陥ってしまいます…! 叶はこの危機も乗り切ることができるのか!? 現代人だからこそ共感ポイントが満載「トクサツガガガ」。皆さんも叶と一緒に“好きなもの”への気持ちを見つめ直してみませんか?

NHK担当 A・M

【番組情報】 

「トクサツガガガ」 
NHK総合 
金曜 午後10:00~10:45

 
キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年8月30日号
発売日:2019年8月21日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:410円
表紙:

新着連載

PAGE TOP