放送局から直送便・ドラマ版

コラム

竹内結子が女性を救う弁護士に! 1月期木10「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」

 2019年1月期にフジテレビ系で放送の木曜劇場では、情報を操作し陰で社会を動かす“スピン・ドクター”を日本で初めて題材にするノンストップ・エンターテインメント「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」をお送りします。今回は、物語の軸となっていく法律事務所のメンバーを中心にご紹介していきます。

 主演を務めるのは竹内結子さん。竹内さん演じる氷見江は、大手の法律事務所に勤める弁護士ですが、その専門は危機管理で、クライアントからの依頼達成率は99.9%を誇る、知る人ぞ知る天才トラブルシューター。このドラマの見どころについて「まず言葉の掛け合い、そして毎回出てくるクライアントの問題を、どう解決していくのか、というところを楽しんでいただきたいです。台本を読んでいるだけでも、一体どこでこんな仕掛けをしたんだろうと思うようなトリッキーな部分があるので、そういったところにも注目していただきつつ、登場人物たちのやりとりを楽しんで見ていただけたらな、と思います」と語った竹内さん。テンポよく進むセリフの応酬にも注目です。

 もちろん、脇を固める方々も、新年の幕開けにふさわしい豪華キャストです。氷見の右腕的な存在である与田知恵を演じるのは水川あさみさん。冷静沈着かつ完膚なきまでに論理的で竹を割ったような性格ながら、一度怒りに火がつくと氷見でも止められない顔を持ち合わせる一方、たまに言葉の端々で恋愛至上主義者であることをにおわせるという、まさに“新しい女性弁護士”といった役柄です。水川さん自身、この役柄を「頭はいいですが、口が悪く、正義感があるような、真面目なようでどうなのか…(笑)。性格はブスな与田ですが、尊敬するかっこいい氷見さんの右腕のような存在なので、ブスがバレないよう頑張ります(笑)」とやや自嘲気味に分析(笑)。きっと、水川さんにしかできないような役どころに昇華させてくれることでしょう!

 また、駆け出しの弁護士・藤枝修二に中川大志さんが挑みます。端麗な容姿とアメリカでも最難関のロースクール出身という華やかな経歴を持つ一方、どこか抜けており、鈍くさいミスをすることもある藤枝を、中川さんはどう演じていくのでしょうか。「藤枝というキャラクターを作っていく上で、いろいろなアイデアが湧き出てきて、監督と相談しながら、1話からいろいろな面が出せたと思います」と語っている中川さん。法律事務所の面々に振り回されつつ、食らいついていく藤枝にご期待ください。

 氷見たちが勤める大手法律事務所の副所長・鈴木太郎役をバカリズムさんが務めます。父親が所長であり、生粋のお坊ちゃまゆえにハングリー精神に乏しい…という、少しくせ者に扮します。バカリズムさんは自身の役の見どころについて「“所詮、父親の事務所だし”という無責任なノリで仕事をしているボンボンです。自分の上司だったら嫌です」と語っていますが、どのような化学変化が起きるのでしょうか。

 法律事務所には弁護士だけではなく、事務員もいます。その事務員、真野聖子を演じるのは斉藤由貴さん。バツイチ子持ちで、何を考えているのか、喜怒哀楽をほとんど見せず、マイペースに事務作業をこなす一方、高度なハッキング技術を持ち、氷見から要望があればフェイクニュースを作り上げ、世間を混乱させることなどお手の物という謎多き事務員に扮します。「弁護士事務所の中で唯一、弁護士ではない“事務員”という役割なので、逆にその立場を生かして、このチームのある種スパイス的、あるいは差し色的な表現を織り込んでいけたらと考えています」と話す斉藤さん。真野がどのような暗躍を見せるのかも注目ですね。

 法律事務所に勤める5人全員、キャラクターの濃い人たちばかり。この5人がチームワークをどのように発揮させて依頼を解決していくのか。その結末は、どんでん返しに次ぐどんでん返し! 仕事や家事などでお疲れの方にはすっきりするドラマだと思います。ぜひ、お楽しみに!

フジテレビ担当 A・M

【番組情報】 

「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」 
1月10日スタート 
フジテレビ系 
木曜 午後10:00~10:54(初回は、午後10:00~11:09)

 
キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月1日号
発売日:2019年10月23日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:ビートたけし×村上信五

新着連載

PAGE TOP