放送局から直送便・ドラマ版

コラム

“刑事”中島健人が“泥棒”遠藤憲一と最強タッグを組む!?「ドロ刑 –警視庁捜査三課-」いよいよスタート

 中島健人さんがゴールデンプライム枠の連続ドラマで初主演を務める「ドロ刑 –警視庁捜査三課-」(日本テレビ系)。原作は、現在「週刊ヤングジャンプ」で好評連載中です。

 主人公の斑目勉(中島)は、警察組織の論理や現実を前にやる気を失っていました。そんななか、目撃者や痕跡がゼロで過去に誰も姿を見たことがない幻の大泥棒と呼ばれている煙鴉(遠藤憲一)に出会います。煙鴉は、斑目に捜査協力をしてくれるようになります。斑目が煙鴉から豊富な知識やアドバイスを受けて事件を解決に導き、人間として大きく成長していく姿は注目です。また、成長した斑目は、大泥棒である煙鴉を捕まえるのか? 斑目に力を貸している煙鴉の目的は一体なんなのか? こちらも気になるところです!

 10月13日からスタートする第1話では、厳重なセキュリティーをすり抜け、夜明け前の住宅街の邸宅に忍び込んで簡単に金庫を破るという事件が発生。その翌朝、警視庁捜査三課の刑事である皇子山隆俊(中村倫也)は、犯人の男を煙鴉だと断定します。

 その頃、地域課の若手警察官である斑目は、電車内でひったくりに遭遇。せっかくの休日を台なしにしたくないと、見て見ぬふりをします。ところが、自分の財布も盗まれてしまい…。

「公務員は安定しているから」という理由で、警察官になった斑目。あらゆる課でお荷物扱いされているそんな彼を、鯨岡千里(稲森いずみ)が刑事部へ引き抜きます。そしてある日、斑目はバーである男と居合わせます。その帰り際、その男は斑目に驚愕の一言を言われ…。スタートから驚きの連続で目が離せません!! ぜひともお見逃しなく。


日本テレビ担当 S・H

【番組情報】
「ドロ刑 –警視庁捜査三課-」
10月13日スタート 
日本テレビ系 
土曜 午後10:00~10:54(初回は午後10:00~11:09)
 
キーワード

関連記事
PAGE TOP