放送局から直送便・ドラマ版

コラム

坂上忍「真昼の悪魔」最終話にゲスト出演!! 原作ファンならではの視点で見どころを語る

 フジテレビ系で放送中のオトナの土ドラ「真昼の悪魔」。病院内で悪魔のような所業を繰り返す美人外科医・大河内葉子の心の闇を描いた作品で、葉子を演じる主演の田中麗奈さんの恐ろしい演技が話題を呼んでいる今作も、3月25日の放送で最終話を迎えます。

 その最終話に、かねて「真昼の悪魔」の原作ファンであると語り、ドラマへの出演が決定していた坂上忍さんがついにゲストとして登場します。坂上さんが演じる役は、第2話で入院中に葉子の悪魔的な部分に影響されてしまった子供の父親である竹居道明。葉子と出会ったことで家庭を壊された父親が、その原因となった張本人である葉子と対峙(たいじ)することが、葉子自身にどんな変化をもたらすのか…というのが見どころの一つとなっています。

 坂上さんと「真昼の悪魔」の出合いは、20数年前。当時映画で共演していた岩下志麻さんからの薦めだったそう。「“映画化したいから読んでみて”と薦められた1冊で、最初に読んだ時にはとても驚きましたが、自分の好みの作風でした。たぶんもう20回ぐらいは読み込んでいて、1冊は気になった言葉を全部マーカーで引いていて、もう1冊は何も手を付けないで保存用にしています」とかなり気に入っている様子。

 ドラマ化のことを聞いた時は、思わず「マジ!? 勇気あるな」とこぼしてしまったと笑う坂上さん。「でもこの作品を映像化することには意義があると思いました。実際にドラマも見て、やはりあの本は今でも通じますし、たぶん一生通じると思うんです。監督、スタッフ陣が目を向けていたところは、やはり“人間の内面の部分”。その部分がクローズアップされていたので、原作ファンとしては素直にうれしかったです」と大好きな作品の映像化への喜びを語りました。

 撮影後の坂上さんに、共演者についての感想を聞くと、「田中麗奈さんとは初共演でしたが、葉子という難しい役をよくつかんでいらっしゃる印象でした。いい目をしていらっしゃる方だなと思いました」と話し、またリハーサル中に田中さんにやんわりとイントネーションを指摘したことも明かした上で「気持ちは分かります。たぶん田中さんは葉子という役を本当に大切にしていて感情が入るから、そうなったのかなと思いました」とエピソードも明かしてくれました。

 また、難波聖人役の中村蒼さんについては、「中村くんはとてもいい意味で地味さがすてきだと思いました。この作品の世界観を表現するには“中村蒼”という役者が立つよりは、難波というふうに見られた方がいいですし、少しぞっとする部分が出ていたのもいいなと思いました」と絶賛。さらに、久々の共演となった神父役・伊武雅刀さんについては「ずいぶんご無沙汰していて、なんだか照れくさかったです。神父役は伊武さんだと聞き、よくよく考えたらこういう役を演じるのは伊武さんぐらいしかいないと思いました」と、再会を楽しんだようでした。

 第5話までと違い、6話から最終話までの「真昼の悪魔」は原作にない展開を迎えていくことになります。そんな最終話の見どころを坂上さんに語ってもらうと、「何より僕の一押しの原作なので、遠藤周作ならではの世界観、その精神を引き継いでのオリジナル化したラストの展開ですから。是非、見ていただきたいですね。ああいう終わり方は、僕は好きでしたよ」と原作ファンならではのコメントを寄せてくれました。坂上さんの登場シーンに注目しつつ、葉子、難波、大塚、神父など、それぞれが迎えるラストをどうぞお見逃しなく。

フジテレビ担当 Y・H

【番組情報】

「真昼の悪魔」(最終回) 
フジテレビ系 
土曜午後11:40~深夜0:35

 
関連リンク
PAGE TOP