放送局から直送便・ドラマ版

コラム

「とと姉ちゃん」のあの兄弟が「真田丸」に登場! 注目の若手俳優・大内田悠平を直撃!!

 放送開始直後から常に話題を独占してきたNHK大河ドラマ「真田丸」。残すところあと10話となり、いよいよ大坂の陣に向けた物語が始まります。名のある主要人物だけではなく、登場シーンやセリフが少なくても、なんだか気になってしまう魅力的な人物がたくさんいるというのが特徴であり見どころでもある「真田丸」だけに、新たにどんなキャラクターが登場するのか、ますます目が離せません。

 ところで皆さん、先日最終回を迎えたNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の序盤で、高畑充希さん演じる常子たち小橋3姉妹に何かとちょっかいを出して、ネットなどでも“うざキャラ”として話題になった玉置3兄弟を覚えていらっしゃいますか? 常子たちをいじめる3兄弟に、「あさイチ」(NHK総合)では司会の井ノ原快彦さんもご立腹でしたが、3姉妹との別れのシーンで常子に手ぬぐいを渡す長男・茂雄の姿に、「なんだ、いいやつじゃん」と再登場を願った人も少なくなかったようです。その茂雄役の大内田悠平さんと次男・正雄役の加藤諒さんが、なんと「真田丸」に登場するんです。

 大内田さんが登場する10月16日放送・第41回は、真田幸村(堺雅人)が豊臣秀頼(中川大志)に味方することを決意するも、牢人たちが大坂城に集まっていることを知った徳川家康(内野聖陽)は、九度山の見張りを強化するよう命じます。その九度山からの脱出を試みる幸村の前に、突然現れた九兵衛(大内田悠平)。九兵衛の目的とは? 決死の覚悟の幸村たちは、久兵衛を切ろうと刀に手をかけますが…。一方、家康からの出陣命令が届いた真田信之(大泉洋)は、二人の息子の初陣にしようとしますが、稲(吉田羊)からある提案がなされます。そして、ようやく大坂城に向かった幸村は、茶々(竹内結子)と運命の再会を果たします。

 このたび、幸村の前に突如現れた謎の男・九兵衛を演じる大内田さんにお話を伺ってきました。

――出演が決まった時の感想は?

「毎週日曜日は必ず家族で食事をすることが家訓なのですが、大河ドラマは一緒に住んでいる祖父母が見ていて、外食しても『大河ドラマだから早く帰ろう』と言うほどだったので、日曜日の夜は必ず大河ドラマが流れていました。それだけに僕が役者を目指してからは、大河ドラマというのはとても大きな存在になっていたので、出演が決まった時は『来たっ!』と思いました。でも、撮影までの時間があまりにも早かったので、かみ締める余裕はありませんでした」

――撮影現場に入った時はどうでしたか?

「1年近く役を演じてきた人たちのなかに飛び込むのは、恐怖しかなかったです。撮影初日は、正直ふわふわしながら現場に行ったのですが、とにかくセットがすごくてびっくりしました。あんなに立派なセットは初めてで、入ったら城がすぐそこにあったので、本当に城ができているんだ、こんなにすごいんだと、ただただ感心しました。そんななか、堺さんが皆さんの前で声を掛けてくださって、緊張をほぐしてくださったので、最初の撮影は集中して臨めました」

――初共演の堺さんはどうでしたか?

「初めてごあいさつをした時に、『死ぬ気でやりましょう』と言ってくださって、こんな誰とも分からない若い役者に、『一緒に頑張ろうな』と言っていただいている気がしてとてもうれしかったことを覚えています。堺さんはテレビで見ていていつもニコニコされているイメージがあったのですが、イメージ通りの温厚な方でした。堺さん演じる信繁(幸村)は周りの人がどんどん引き込まれていく役ですが、今回僕が演じる九兵衛という役は、その信繁に新しい仲間だと言ってもらえる役なので、九兵衛にも魅力がないと信繁の立場もないだろうと思い、魅力を持った人物を必死で演じようと思いました」

――初めての時代劇。ご自身の役をどう捉えて演じましたか?

「時代劇は、まずかつらを着けることから違いますよね。僕は野球をやっていたので、野球部員の役などスポーツが絡む役が多く、戦国時代は未知の世界でした。無精ひげを付けるのも初めてで、見た目も全く違い、鏡の前に立った時にこいつは自分じゃないという、今までに感じたことのないスイッチのようなものを感じました。九兵衛の第一印象は“山猿”です。当時、半農半士という農家もやりながら武士もやるということで、“刀を持ったサル”という感じを表現できればと思いました。九兵衛自身は大名になる夢があって村を出ます。九兵衛には申し訳ないですが、僕個人としては戦で立派に死ねたらいいなと思っています」

 いよいよ大坂城へ向かう幸村に、九兵衛がどう絡んでくるのか楽しみですね。ちなみに大内田さんといえば、知る人ぞ知る腹筋が割れた完成した肉体美の持ち主です。本人曰く「4歳の頃から腹筋が割れていた」という筋肉は、皆さん一見の価値ありです! 残り10話のなかで大内田さんが、山本耕史さんが演じた石田三成のように上半身を披露するシーンがあるかどうかは分かりませんが、「真田丸」に限らず、今後どこかですてきな筋肉が披露されるのを期待しながら、これからの大内田さんの活躍にぜひ注目してみてください。

NHK担当 Y・S

【番組情報】

大河ドラマ「真田丸」 
NHK総合 日曜午後8:00~8:45 
NHK BSプレミアム 日曜午後6:00~6:45

 
関連リンク
PAGE TOP