放送局から直送便・ドラマ版

コラム

禁断の医療サスペンスがついに放送。
本物の“悪人”は誰かを探れ!

 老化した心臓を若返らせる“夢の治療法”をめぐり陰謀や欲望が渦巻く、禁断の医療サスペンス「破裂」が10月10日に初回を迎えます。先日、試写で第1話を見たのですが、親子の問題や大学病院の教授選、医療問題など、さまざまな思惑が交差した目が離せない内容で、スピード感があり、45分とは思えないほど、あっという間でした!

「2004年に原作本が出版された当時から、映像化を熱望していた」と勝田夏子プロデューサーが語るほどの、長い時間を掛けて練られた本作は、重厚な医療ドラマになっています。撮影前の準備期間は、1クールのみの連続ドラマとしては異例の7カ月! 原作者の現役医師・久坂部羊さんの小説「破裂」をベースに、それに肉付けするために、研究者や医療関係者への取材などが細かく重ねられたのだとか。”夢の治療法“を生み出した外科医・香村鷹一郎を演じる椎名桔平さんも「スタッフさんが、さまざまな準備をされているのを肌で感じています。その準備がドラマの密度になると信じています」と。医療や政治に特別詳しくない私でも、セリフなどに感心して見てしまいました。

 そんな綿密で濃厚な内容とともに、もちろんキャストの方たちもとても魅力的です!  明るくコミカルな役も演じる椎名さんですが、今回はさわやかな笑顔を封印し、自分の夢をかなえるためだけに研究を続ける冷徹な医師を演じています。そして、そんな椎名さんが扮(ふん)する香村を、自らの野望のために利用しようとする官僚・佐久間和尚を演じるのは滝藤賢一さん。若くしてやり手の官僚…という役どころですが、その不気味な演技がたまらなくクセになります。あのニヤッとする笑顔は、1度見ると、もう1度見たくなってしまうと思いますよ! しかし、滝藤さんは現場でずいぶんと悩んだそう。「椎名さんは憧れであり、尊敬している人。その演技に飲まれないようにするのにと心掛けていました」と、現場では緊張感を高ぶらせていたことをうかがわせていました。

 綿密なストーリーと役者さんたちの緊張感みなぎる演技が魅力的な「破裂」。“誰が味方で、誰が敵なのか”“誰が善で、誰が悪なのか”。そのヒントが第1話にはたくさん隠れているようなので、キャラクターの発言や行動に注意して推理しながら、見てみてはいかがでしょうか?

NHK担当 K・T

【番組情報】

「破裂」
NHK総合 10月10日スタート 土曜午後10:00~10:45 

 
PAGE TOP