ボイメンEnglish★

タレント連載

ボイメンEnglish★ 水野勝×平松賢人×土田拓海
メンバー内でも田中俊介のコーナーが大人気!?

 ボイメン初の帯レギュラーバラエティー「ボイメンの試験に出ない英単語」の放送開始を記念してお届けしている特別連載企画『BOYS AND MENは知ってる! ボイメンEnglish★』。メンバーのインタビューや、記者が目撃した撮影秘話などが大好評です!

 本日は水野勝さん&平松賢人さん&土田拓海さんの登場! 今回は、番組内のコーナーをまたぎ、コラボしてみたいキャラクターについてなど聞きました。そして、いよいよ今週!8月24日は『YAMATO☆Dancing』発売日!! カップリング曲の魅力なども語ってもらっています!

土田拓海、水野勝、平松賢人

――この連載を通して、BOYS AND MEN(以下、ボイメン)のさまざまな魅力を伝えてきましたが、みなさん本当にキャラが濃くて楽しくて…。なので引き続き、メンバーの素顔に迫っていきたいと思います! お隣りに座っているメンバーを象徴する英単語を教えてください。

水野 「平松はMother Complex<訳:マザコン>。マザコンだよな?」
平松 「はい!そうなんですよね~」
水野 「お母さんと『お風呂、先に入るよ』とか、『入っていいよ!』とか、いちいち連絡とりあってますもん」
土田 「(水野は) Child<訳:子ども>! 本当は中二病って言いたかったんですけど、英単語が思い浮かばなくて。本当に中学生が言いそうな軽い下ネタとかが大好き(笑)。例えば、おっぱいとかで喜んじゃうんです」
水野 「おっぱいは冗談抜きで好きなんで。あ、これ、全然書いてもらって大丈夫ですよ(笑)」
土田 「中学生と喋ったら1番生きいきするんじゃないかな(笑)?」
水野 「中学生とも同じ目線で話せるっていうのは良いことですよね?」
平松 「つっちーはFunny!Funnyは“おもしろい”って意味もあるけど、“滑稽な”って意味もあるから、そっちの意味で! なんでしょうね、いろいろ足りてない(笑)」
土田 「失礼でしょ(笑)!」

――番組がスタートしてから約5か月が経ち、8月23日で放送100回を迎えます。ボイメンのみなさんが収録にも慣れてきて、アドリブなども増えてきたと感じています! みなさんは収録スタート時と比べて、変化したと感じていることはありますか?

土田 「台本が来るとすごくワクワクします! そこに新しいコーナーがあると、どんなキャラクターなんだろうって楽しみになる。特に俊くん(田中俊介)は、いろんな人を演じるからからワクワクしますね(笑)」
平松 「最初は、台本を覚えるので一杯いっぱいだったんです。もちろん覚えるのも大切。でもバラエティー番組だけど、お芝居として役作りをしっかりやることも大切だなって気づきました。僕が中小企業の社長を演じる『募集します!』は、ある企業の会長をモチーフにして演じています!」

――番組ではたくさんのキャラクターが登場しますが、コーナーをまたいでコラボすることはこれまでありませんでした。もし、自分の担当キャラクターと他のメンバーの担当キャラクターが共演できたら…どんなことをやってみたいですか?

平松 「僕は『ザ・インタビュー』ってコーナーで、インタビューを行う聞方良男キャスターを演じています。あそこに俊くんのキャラクターとか、『素晴らしきヨガの世界』でヨガのインストラクターをしてる3人を呼んでみたら楽しそう! ヨガの3人には、“なぜその仕事についたのか”とか、“なぜその髪型なのか”とか、聞きたい事が無限にあります(笑)」
土田 「僕ってキャラクターがあるのがヨガだけで、他のコーナーはだいたい“土田拓海”なんですよ(笑)。なので、土田拓海として(田中が演じる)二頭筋切蔵先生とコラボしてみたい! 彼と同じく、俺も上裸で出たいです(笑)」
水野 「僕の部屋には(田中が演じる)願多礼男先生を呼びたいですね! 僕も願多礼男先生みたく、ヤンキーっぽい口調で会話したい。2人ともなんて言っているのか分からないと思うので、字幕を出してもらって(笑)。でも、話す内容はすごく真面目で道徳的なことがいいな(笑)。世界の貧困問題とか語り合いたいですね!」

――みなさんコラボ相手に田中さんを選ばれていますね。やはり、メンバー内でも田中さんが演じる個性的なキャラクターたちは人気なんですね! では、次が最後の質問です。このインタビューの掲載は8月末で、その頃といえば…。 
※取材は7月中旬に行いました

水野 「YAMATO Dancing~♪ ですね!」

――その通り! 8月24日は『YAMATO☆Dancing』の発売日です! カップリング曲の『One For All, All For One~夢は叶えるもの~』は今秋公開予定の主演映画『BOYS AND MEN~One For All, All For One~』の劇中歌で、メンバー自身で作詞したと聞きました。

水野 「僕たちがこれまで経験してきた出来事が、そのまま歌詞になっています。曲を聞いてくれた人が、私も頑張ろうって思ってもらえたら嬉しいですね」
土田 「ほかに『Let’s Go』ってカップリング曲があります。ボイメンがこれまで歌ったことがないような曲で、アーティストとしての幅が広がっているというか…」
平松 「つっちーは歌ってない人じゃなかったでしたっけ(笑)?」 
(※「Let’s Go」は水野、辻本達規、本田剛文、平松、吉原雅斗が担当の曲)
土田 「そう(笑)! 僕は歌ってないから『良いな~!!』って思いながら聞いていて…」
水野・平松 「まさにFunny!滑稽な(笑)!」

――『Let’s Go』はポップで爽やかなダンスナンバーで、これまでの男らしくアツいイメージが強いボイメンの楽曲と印象が異なりますよね。

土田 「『Let’s Go』を聞いてくれた方には、ボイメンの新しい一面を知ってもらえると思います!」
平松 「この1枚にボイメンの魅力が詰まっていると思います。『YAMATO☆Dancing』はボイメンの自己紹介になる曲でもあります。これまで応援してきてくれた方は、“ボイメンってこうやって今までに至ったんだな”って改めて感じてもらえると思いますし、僕らを知らなかった方には“こういうグループなんだ”って知ってもらえると思うので。たくさんの人に聞いてほしいですね!」
水野 「次のシングルで1位を獲ったら、3作連続1位になります。なので、伝説を一緒に残したいねって激励の言葉もいただいています。今は僕たちもその目標に向けて、がむしゃらに頑張っています!」

Text:伊藤美寿々

<放送情報>
「ボイメンの試験に出ない英単語」 
CBC/
月曜 深夜1:30~/
火曜 深夜2:04~/
水曜 深夜1:30~/
木曜 深夜1:39~/
金曜 深夜2:03~/
※放送時間は変更になる場合があります/
GYAO!でも配信中
<放送内容>
東海エリアを中心に活動する男性グループ・BOYS AND MENの冠番組「ボイメンの試験に出ない英単語」が放送中。各種英語試験(英語の試験)にほぼ出ないであろう英単語を、シュールなイラストとともに紹介している英語教本「試験に出ない英単語」を原作に、ボイメンメンバーが時には体を張って英単語を紹介するバラエティー番組。
関連リンク
PAGE TOP