ボイメンEnglish★

タレント連載

ボイメンEnglish★ 田中俊介×辻本達規×吉原雅斗
今昔語太郎先生の授業は、幕末から全く進まない!?

 ボイメン初の帯レギュラーバラエティー「ボイメンの試験に出ない英単語」の放送開始を記念してお届けしている特別連載企画『BOYS AND MENは知ってる! ボイメンEnglish★』。メンバーのインタビューや、記者が目撃した撮影秘話などが大好評です!

 本日は田中俊介さん&辻本達規さん&吉原雅斗さんによる座談会! 3人が番組で演じたキャラクターの共通点についてなど伺いました。そのほか、間もなくリリースされる(8月24日発売)シングル『YAMATO☆Dancing』に懸ける想いも語ってくれました!

吉原雅斗、田中俊介、辻本達規

――試験に出ない英単語を紹介するのが番組のベースですよね。それにちなみまして、隣りに座っているメンバーを英単語で表して紹介してください!

辻本 「(田中は)Stoic<訳:ストイック、禁欲的>。食生活に気を使ったり、映画を見るのが日課だったり、自分に課したことを続けられるのがすごい。継続は力なりってイチローも言っていたので!」
田中 「雅斗はSunburn<訳:日焼け>。雅斗は本当に焼けやすくて! 俺らが全然焼けてない春先とか、夏本番じゃない時期からだんだん一人だけ黒くなっていくんですよ。どこで紫外線を浴びてきた!? ってビックリします(笑)」
吉原 「(辻本は)Passionate<訳:情熱的>。彼はアツいものを持ってるし、何に対しても本気ですね」

――『ボイメンの試験に出ない英単語』は8月23日で放送100回を迎えます。収録開始から5か月が経ち、さまざまなキャラクターを演じてこられましたが、みなさんの中で、この番組に出演したからこその変化はありますか?

田中 「この番組がすごく好きで、収録も楽しい。楽しいがゆえに、求められるものをさらに超えていきたいと思うようになりました。例えば、僕はいろんな濃いキャラを担当させてもらえたので、前回演じたキャラより、ビジュアルも演技もさらに上を目指したいと思っています」
吉原 「いろんなキャラをやらさせてもらうと、自分が今まで経験したことのない、新しいヒキダシをどんどん開けていくことになるんです。役を通して、自分の新たな姿をどんどん見つけられています」
辻本 「僕が『和太鼓ルーキー』の収録後に声が枯れ気味になってしまったことがあって。その後に、さらに声を張る『叫べ!ボイメン応援団!!』の収録があったんです。僕はスタッフさんに“喉は大丈夫なので、(特に声を張るポジションを)やらせてください!”って伝えたのですが、僕の今後のことを思って“今やらせるのは、君の将来に良くない”って言われました。スタッフさんたちは、ボイメンのことを単純に番組作りのための要素と考えているのでなく、僕らに愛情を持ってやってくれていると感じて。その時、僕も番組に対してもっと愛が生まれたし、みなさんに仕事以上のお返しがしたいなって思いました。質問の意図とちょっと違うけど…」
吉原 「(田中が)首をかしげてる(笑)!」
田中 「良いこと風に言ってるけど、微妙…(笑)」

――貴重なエピソードが聞けたのでOKです(笑)! 先日、この連載の読者の方に好きなキャラクターをアンケート調査したところ、田中さんが演じる今昔語太郎先生がとても人気でした。やはり、歴史について泣きながら語る姿はインパクトが特に強いようです。

吉原 「俺、二頭筋さん(※1)の方が好きだけどなー(笑)。ボディビルダー風に“キレてるー!”って言ってるくせに、1日に2、3回しか腕立てをしてないのがめっちゃ面白い(笑)。あ! でも、今昔先生の授業は受けてみたいですね」
田中 「教科書をもらえれば、熱を込めて授業しますよ(笑)。(今昔先生は)沖田総司が大好きなので、幕末あたりから急にペースが遅くなるよ(笑)!」
吉原 「授業進まなそう~(笑)」
辻本 「“来週も幕末!”ってなるね(笑)」
※1 田中さんが演じる二頭筋切蔵先生というキャラクター

――実は! 田中さんは『二頭筋切蔵』と『僕、出演者です!!』、辻本さんは『和太鼓ルーキー』、吉原さん『BODY ADVENTURE』と、番組内で鍛えた体を披露したという共通点があります。視聴者からの反響はいかがでしたか?

吉原 「僕たち、結構脱ぐ機会が多いんですよ」
辻本「この3人は脱いで写真集も出しているんです。なので、俺自身はそんなに反響は感じなかったですね! 脱ぐことは自分の担当だから、“また脱いどるわ”ぐらいにしか思ってもらえてないんじゃないかな(笑)? だからこそ、演技を頑張って楽しんでもらわなければと思います」
吉原 「上半身脱ぎは経験があったんですけど、今回はふんどし姿。下半身脱ぎは最初ちょっと抵抗ありました。くるぶしだけとか、鎖骨だけとか部分的に撮られるのって、上半身脱ぎとは違う羞恥心が出てくる(笑)」
田中 「『僕、出演者です!!』でTバック姿を披露したとき、番組自体が面白くなるならと思い、僕自身は全然抵抗なかったんです。でも放送後にファンの子たちが、ニヤニヤしながら“見ましたよ~(笑)”言ってきて(笑)。“超おもしろかった!”とか、内容面で感想を言ってもらえると俺も単純にうれしいんですけど、“おしりがきれいだった”とかの感想しか言ってもらえないと、俺はそこをみてほしいんじゃないんだよなーって思っちゃう。脱いだ姿は内容の1つのポイントになっているだけで、メインじゃない。あとは、改めて言われるとちょっと恥ずかしくなるよね(笑)」

――みなさんが体を張って届ける笑いが、一人でも多くの人に楽しんでいただけると嬉しいですね。では、最後の質問です。ボイメンは歌やダンスを通して、多くの人に夢を追いかけることの素晴らしさを伝え、頑張る人の背中を押していますよね! 8月24日発売の『YAMATO☆Dancing』の歌詞は、そのことがストレートに表現されていると感じます。是非みなさんから、この曲に懸ける想いを聞かせてください。

辻本 「『YAMATO☆Dancing』は僕らにとって、メジャー専属契約第一弾シングルです。全国に“ボイメンとはこういうグループだよ”って示す曲だと思っています。名古屋魂が詰まっていてボイメンらしいし、名刺代わりの一曲なんじゃないかな。知らない人にも僕たちのアツさが伝わると思います」
吉原 「俺らはカッコいいグループではなくて、何もないところから始まり、罵倒されても、無視されても、“ちくしょう!覚えとれよ”って言って泥臭く頑張ってきたグループ。ようやくそれを見返せるチャンスだと思っています。まだ全国的には“ローカルグループでしょ?”って思われているかもしれない。そんな人たちや、ボイメンをまだ知らない人のハートにバシンとぶつけられるような、勝負の一曲ですね」
田中 「ボイメンは何もないところからスタートした集団。俺らが夢を一つずつ叶えていくことが自己満足なだけじゃなく、ボイメンが夢を叶える姿を見た人たちにも夢を持ってもらいたいと思って活動してきています。その想いがこの曲にはしっかり詰まっていて。俺たちはどんなに泥臭くても頑張るし、お前たちに追いたい夢があるなら俺たちも応援するから、共に夢を叶えていこう、頑張っていこうってメッセージが込められている。そこに是非注目してもらいたいですね」

★記者は知った! ボイメンMEMO★
皆さまに素敵なお知らせです! 『ボイメンの試験に出ない英単語』が9月よりCS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」にて放送決定しました♪ 
初回の放送は9月18日(日)午後11:30~深夜0:30に#1、#2と続けて放送されます。さらに! TBSチャンネルでテレビ初放送となるスペシャル企画も!! 詳細はTBSチャンネル公式HP(http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/v2487/)でご確認ください。

Text:伊藤美寿々

<放送情報>
「ボイメンの試験に出ない英単語」 
CBC/
月曜 深夜1:30~/
火曜 深夜2:04~/
水曜 深夜1:30~/
木曜 深夜1:39~/
金曜 深夜2:03~/
※放送時間は変更になる場合があります/
GYAO!でも配信中
<放送内容>
東海エリアを中心に活動する男性グループ・BOYS AND MENの冠番組「ボイメンの試験に出ない英単語」が放送中。各種英語試験(英語の試験)にほぼ出ないであろう英単語を、シュールなイラストとともに紹介している英語教本「試験に出ない英単語」を原作に、ボイメンメンバーが時には体を張って英単語を紹介するバラエティー番組。
関連リンク
PAGE TOP