麗しのオードリー

連載

ライター・清藤秀人が紹介するオードリーが愛したパリ!

 オードリーとパリは切っても切れない間柄。1950~60年代当時、アメリカ人にとって、また、もちろん日本人にとっても遠い街だった花の都・パリを、映画の舞台として紹介するのに、ハリウッド女優の中でも特にヨーロッパの雰囲気を漂わせるオードリーほどぴったりの案内人はいなかった。「ローマの休日」(53)以来、オードリー映画はロケーションムービーのパイオニアでもあったのだ。

麗しのオードリー

 パリと言えば、エッフェル塔。「パリの恋人」(57)ではオードリーが演じるジョーとフレッド・アステア扮するカメラマン・ディック、ケイ・トンプソン演じるファッション誌編集長・マギーが、挿入歌「ボンジュール・パリ」を歌いながら塔に上り、展望台で曲を歌い終える。3人の立ち位置が次々と入れ替わる演出がメロディーにマッチして、「さあここれらパリを巡るぞ!」という気分が一気に盛り上がる。「パリで一緒に」(64)でウィリアム・ホールデン扮する脚本家のリチャードが滞在するホテル・ラファエルのテラスからエッフェル塔が望めるし、彼が執筆中の脚本のタイトルは「エッフェル塔を盗んだ娘」。おまけに、リチャードとオードリー演じるガブリエルが向かう仮装パーティーの会場が、これまたエッフェル塔ときている。こうなると、まるでエッフェル塔が主役に思えてくる。

 そして、芸術の殿堂はオペラ座。「パリの恋人」で写真家のリチャード・アヴェドンが監修した雑誌の撮影シーンの中でも、ジョーが貴婦人のようにつんとした表情でグリーンのガウンを翻すのは、オペラ座の階段の途中。その瞬間、色彩が変化する劇中でも白眉の場面だ。「昼下りの情事」(57)でワーグナーのオペラ“トリスタンとイゾルデ”が上演されるのはオペラ座だが、映画の主な舞台はゲイリー・クーパー扮する名うての中年ジゴロ・フラナガンが定宿にしているホテル・リッツのスイートルーム。オードリーがコケティッシュに演じるヒロイン、アリアーヌは、たびたびホテルにやって来て、ありもしない恋愛話でフラナガンの気を引こうとする。2人が昼間だけのデートを重ねる場所が、このホテル・リッツなのだ。

「シャレード」(64)ではオードリー扮するレジーナとケーリー・グラント演じるピーターが、消えた50万ドルの行方を追いながらパリ中を散策する。シャンゼリゼ沿いの公園で人形劇を観て、ノートルダム寺院を脇に見てセーヌ川沿いを散歩しながら、レジーナは出店で買ったばかりのアイスクリームをピーターのスーツにぶっかけてしまうというもったいないクライマックス。ピーターが真犯人と勘違いしたレジーナはサンジャック駅からメトロに乗ってパレ・ロワイヤル駅で下車。追いすがるピーターを背後に感じながら、駆け足で向かうのは本当の真犯人であるバーヒロミュー(ウォルター・マッソー)が待ち受ける街のランドマーク、パレ・ロワイヤルだ。

 サルディニア、コペンハーゲン、ロンドン、クラクフ、ミュンヘン、ニューヨーク、そして、パリで撮影された「華麗なる相続人」(79)も、実はロケーションムービーとしての魅力が満喫できる作品。オードリー扮するエリザベスが食事中に怒って出て行くのは、パリの有名レストラン“マキシム・ド・パリ”。オードリーがプライベートでもよく通っていたパリ8区にある知る人ぞ知る名店だ。

麗しのオードリー:バナー
【オードリーが愛したパリ】
「昼下りの情事」

麗しのオードリー ホテル・リッツのスイートルームの廊下には、ルイ・ヴィトンのトランクがいくつか無造作に並べられている。まるで、中に人を入れて運べそうな巨大なトランクには、年がら年中旅しているフラナガンの必需品が詰められていて、それらは部屋の中に運び込まれ、空になったトランクが廊下に放置されているのだ。それが許されるのは彼が常連だからなのかどうか、ホテル・リッツに問い合わせてみないと。
「パリの恋人」

パリでの撮影シーンでは、他にも、真紅のジバンシィをまとったジョーがルーブル美術館の階段を早足に下りていく背後に、ギリシャ彫刻“サムトラケのニケ”が雄々しくそびえ立っている。赤いストールを両手で高く持ち上げたジョーと彫刻の対比が見事だ。また、雨の日にカラフルな風船を持ったジョーがたたずむのは、カルーゼル凱旋門の前。カルーゼル広場に位置するナポレオンの戦勝を祝い建造された人気の観光スポットだ。
「シャレード」

ピーターの素性を探るため、顔をスカーフで隠し、“シャレード・グラス”と呼ばれる大きなサングラスをかけたレジーナが、ある日尾行を開始する。そのスタート地点になるのが、家具一式が忽然と消えたため、仕方なくレジーナが仮住まいするホテル・サンジャックだ。このホテルにはピーターや容疑者たちも滞在していて、劇中で残忍な殺人事件の現場にもなる。ホテル・サンジャックは学問の街として知られるカルチェラタンの中心部に位置する。
「パリで一緒に」

オープニングクレジットで鳥かごを抱えたガブリエルが通り過ぎるシャンゼリゼ沿いの公園は、どこかで見たことがある。それは決してデジャブではない。「シャレード」では人形劇場が開かれ、後に「おしゃれ泥棒」(66)ではオードリーの相手役、ピーター・オトゥールがブーメランを買い求める同じ公園なのだ。また、ガブリエルとリチャードがランチするのは、ブローニュの森に佇むフレンチの隠れ家的名店、グラン・カスケード。ジバンシィによるオレンジ色のサマードレスを着たオードリーの奇麗なことと言ったら!
「華麗なる相続人」

マキシム・ド・パリを公私共に愛用していたオードリー。59年にはリチャード・アヴェドンによるファッション・フォトの撮影場所にも使われているし、私用でパリに訪れたオードリーが、親友のジバンシィや女優のキャプシーヌらと共に、ディナータイムを楽しむ姿がパパラッチされている。名物はご存じ、デザートで出てくるイチゴのミルフィーユ。パリ訪問の折には、ぜひ。

文/清藤秀人


キーワード
関連リンク

TVガイド最新号

TVガイド
2019年8月23日号
発売日:2019年8月16日(金)
※地域により発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:相葉雅紀

新着連載

PAGE TOP