新着記事

V6の坂本昌行が、WOWOWプライムで6月11日に独占生中継する「第72回トニー賞授賞式」(午前8:00)のスペシャル・ゲストとして参加する。同賞は、過去1年間の該当期間にニューヨークのブロードウェイで上演された演劇、ミュージカル作品を対象に贈られ、アメリカ演劇界で最も権威のある賞とされている。WOWOWでは、スタジオ・ナビゲーターに井上芳雄と乃木坂46の生田絵梨花、WOWOWトニー賞・アンバサダーに宮本亜門を起用して、同賞の中継を盛り上げる。

もっと見る

日本テレビでは、2018年からスタートする新たなキャンペーン「ゴールデンまなびウィーク」を、4月30日から5月6日まで展開し、各番組が横断して日本の新たな一面を学ぶ。キャンペーンの塾長を務めるのは所ジョージ、塾生代表は川栄李奈、塾生として同局の桝太一アナウンサー、水卜麻美アナウンサー。

もっと見る

フジテレビ系で4月22日に放送されるニチファミ!「ニッポングルメ番付 2018春」(午後7:57)は、さまざまなグルメランキングを発表するバラエティー。コンビニグルメなど、誰もが口にしているグルメ商品の人気ランキングを発表するほか、旬の人気日帰りグルメツアーもランキングで紹介する。

もっと見る

この春、朝の情報番組「あさイチ」(NHK総合)のキャスターが交代し、新たなスタートを切った。番組開始から8年、朝の顔として愛されたのはV6の井ノ原快彦、有働由美子元NHKアナウンサー、柳澤秀夫解説委員。生活情報から赤裸々な性の話題までを取り上げ、視聴者の意見と真摯に向き合う姿勢が支持され、時にアブナイ(!?)本音も飛び出し、話題を集めてきた。そしてこの度の3人の番組卒業。「あさイチ」はどのように変わるのか。片山淳一チーフ・プロデューサーに話を聞いた。まずは、「あさイチ」がここまで愛される番組になった理由を、どのように考えているのだろうか。

もっと見る

写真集のようなビッグサイズの判型で、毎号好評を博している「TVガイド Alpha」。アルファベットの頭文字(A~Z)をテーマに、今の時代を象徴する最も旬な人やグループの核心に迫るシリーズで、最新号は、それぞれが「L」ではじまるワードにちなんだエピソードをお届けする。

もっと見る

話題のPERSONの素顔に迫るPHOTOマガジン「TVガイドPERSON」(毎月9日前後発売、東京ニュース通信社刊)。本日3月9日(金)に、V6・三宅健表紙の「vol.67」が発売された。

もっと見る

V6の三宅健が、NHKのピョンチャンオリンピック・パラリンピック「ユニバーサル放送」のメインパーソナリティーに就任することが決まった。NHK総合で2月18日(午後6:05)、25日(午後4:00)放送の「みんなで応援! ピョンチャン2018 オリンピック」、3月10日から19日まで放送の「みんなで応援! ピョンチャン2018 パラリンピック」(午前9:30、日曜は午前8:25)に出演し、競技のルールや見どころを伝える。

もっと見る

高画質なグラビアやライブリポートなど、それぞれの特集を写真満載の大ボリュームで展開する、番組表のないTV情報誌「TVガイドPLUS VOL.29」が本日発売となった。V6が、3年連続で「TVガイドPLUS」新年号の表紙を飾っており、巻頭グラビアでは、戌年にちなんで6匹のトイプードルと一緒に撮影。メンバーがそれぞれトイプードルとペアになり、愛くるしい2ショットを披露している。「V6 withトイ6」と題して、メンバーが犬の名前を呼んで顔を寄せたり、お揃いのポーズをしたりと、癒やされる表情が満載。また、お互いを犬にたとえた座談会や、自身の“癒やし”をテーマにしたトークなど、インタビューにも注目だ。

もっと見る

いよいよ年末を迎え、テレビ番組もさまざまなスペシャルが目白押しの毎日。そこで「TVガイド」では、発売日からすぐ使える『超最新!年末&お正月特番ガイド』と、2017年12月27日(水)~2018年1月12日(金)の最新番組表を掲載した「新春超特大号」を、本日12月27日(水)に発売。「紅白歌合戦」「箱根駅伝」など、放送日が近づいてきた大型特番の見どころを詳しく、分かりやすく解説。まさに新春に必携の一冊となっている。

もっと見る

嵐を表紙に迎えた月刊のTV情報誌「月刊TVガイド新春超特大号」が本日12月14日に発売となった。「年末年始とくばんパーフェクトガイド」、「紅白歌合戦全出場歌手名鑑」、1月スタートの「新ドラマ大関係図」など大ボリュームのテレビ情報に加え、豪華特典も満載。年末年始、新春に欠かせない最強の一冊が完成した。

もっと見る

TV情報誌、「TVガイド」のお正月超特大号が、本日12月12日(火)に発売となった。この夏55周年を迎えたTVガイドだが、お正月超特大号は情報量たっぷり、大ボリュームの270ページでおくる、年末年始に欠かせない、お茶の間に必須の一冊となっている。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP