新着記事

この声をきみに

特集

京子(麻生久美子)の朗読を聞いて、心に血が通うような感動を覚えた孝(竹野内豊)は、自分を変えるために朗読教室を訪れる。主宰者の佐久良(柴田恭兵)に温かく迎え入れられた孝は、船乗りの邦夫(杉本哲太)や無口な会社員・泰代(片桐はいり)、声優志望の実鈴(大原櫻子)ら個性豊かな生徒たちに出会う。教室では、2匹のカエルの友情を描いた童話を読むことになる。ところが、頭が固い孝は童話の内容をなかなか理解することができない。

もっと見る

この声をきみに

特集

京子(麻生久美子)の朗読を聞いて、心に血が通うような感動を覚えた孝(竹野内豊)は、自分を変えるために朗読教室を訪れる。主宰者の佐久良(柴田恭兵)に温かく迎え入れられた孝は、船乗りの邦夫(杉本哲太)や無口な会社員・泰代(片桐はいり)、声優志望の実鈴(大原櫻子)ら個性豊かな生徒たちに出会う。教室では、2匹のカエルの友情を描いた童話を読むことになる。ところが、頭が固い孝は童話の内容をなかなか理解することができない。

もっと見る

皆さん、朗読に興味はありますか? “朗読”と聞いて敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、ワークショップなどではひそかに人気が高いそうです。そんな朗読教室を舞台にしたドラマ「この声をきみに」(NHK総合)が始まった、いえ、始まることをご存じでしょうか。9月8日の第1回の放送中に緊急の地震ニュースに切り替わったため、9月15日に改めて第1回が放送されます。ドラマは、偏屈でさえない大学の准教授が、人生を変えるため朗読教室を訪れ、新たな自分を見つけようと奮闘する、楽しくも切ないヒューマンコメディーで、その主人公・穂波孝を、NHKドラマ初主演となる竹野内豊さんが演じます。さらに、朗読教室の講師・江崎京子を麻生久美子さんが、孝の妻・奈緒をミムラさんが、京子の上司・佐久良宗親を柴田恭兵さんが演じるほか、大原櫻子さん、杉本哲太さん、戸塚祥太さん、片桐はいりさんら豪華キャスト陣が個性豊かな役を演じます。

もっと見る

NHK総合で9月8日にスタートする連続ドラマ「この声をきみに」(金曜午後10:00)の試写会が行われ、主演の竹野内豊、共演の麻生久美子が出席した。人生を変えるために朗読教室を訪れる偏屈な大学の数学科の准教授・穂波孝役を演じた竹野内は、「自分の話し方や声にコンプレックスがあったのですが、麻生さんに『いい声ですね』と褒めてもらったので、自信を持ってもいいのかなと思いました」と自身にも気持ちの変化があったことを明かした。

もっと見る

take123「グラスホッパー」

コラム

これまで「アヒルと鴨のコインロッカー」(07)「重力ピエロ」(09)「ゴールデンスランバー」(10)など、すでに10作品が映画化している伊坂幸太郎原作小説。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP