新着記事

3月6日にフジテレビ系で生放送される「R-1ぐらんぷり2018」(午後7:00=関西テレビ制作)の決勝戦の審査員が決定した。2002年から開催されている、史上最大の“ひとり芸日本一”を決定する「R-1ぐらんぷり」の出場条件はただ一つ、“ひとり芸”であることだが、今回は過去最多の3795人がエントリー。審査員は、桂文枝、関根勤、久本雅美、ヒロミ、陣内智則が務める。頂点を目指すのは、決勝に進出したカニササレアヤコ、河邑ミク、霜降り明星・粗品、濱田祐太郎、おいでやす小田、おぐ、ルシファー吉岡、チョコレートプラネット・長田、紺野ぶるま、ゆりやんレトリィバァの10人と、敗者復活戦勝ち上がりの2人。

もっと見る

3月6日に、フジテレビ系で生放送される“ひとり芸日本一”決定戦「R-1ぐらんぷり2018」(午後7:00=関西テレビ制作)のファイナリスト10人が決定した。第16回目となる今大会の決勝進出者は、カニササレアヤコ、河邑ミク、霜降り明星・粗品、濱田祐太郎、おいでやす小田、おぐ、ルシファー吉岡、チョコレートプラネット・長田、紺野ぶるま、ゆりやんレトリィバァ。この10人に加え、当日決定する敗者復活戦勝ち抜き組2人を併せた計12人が、トーナメント戦で“ひとり芸日本一”の称号を競う。優勝者には賞金500万円と冠番組出演権が与えられる。

もっと見る

キャスターの宮根誠司が、フジテレビ系で1月20日放送の土曜プレミアム「人志松本のすべらない話」(午後9:00)に初出演する。同番組は、松本人志をはじめ、誰しもが認める実力派芸人たちが、見るものを引き込んでやまない“すべらない”トークを武器に、真剣勝負を繰り広げる“お笑い総合格闘技”。今回が32回目となる。

もっと見る

各局が趣向を凝らし独自のカラーを打ち出してくるなか、そのシーズンのトレンドも見えてくる改編期。この秋の特徴のひとつにAI(人工知能)を扱った新番組の台頭がある。ざっと並べただけでも「人間ってナンだ?超AI入門」(NHKEテレ)や「ロボット旅 日本一周〜タカラモノクダサイ〜」(テレビ朝日系)、「アイ〜私と彼女と人工知能」(フジテレビほか)など、ジャンルも切り口もさまざま。そうした〝AIブーム〞にあって「AIが考えた企画案をもとに番組を作る」というコンセプトで、異彩を放つ実験的バラエティーが「AI‐TV」。番組を担当するフジテレビの石川隼ディレクターは、企画のあらましをこう語る。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP