新着記事

テレビ東京系では7月6日に、小日向文世主演「嫌われ監察官 音無一六 スペシャル」(午後8:00)を放送する。同作は、小日向文世演じる警視庁の監察官・音無一六が、警察内部のあらゆる不正を取り締まっていく刑事ドラマ。“警察の中の警察”という異名を持ち、警察内でもっとも嫌われている役職だが、その天才的な“深読み力”で事件の真相に迫っていくシリーズの第5弾だ。一六は、暴力団との癒着疑惑の告発があった警部補を監察中のところ、警部補が何者かに毒殺されてしまい、さらには事件現場に居合わせた被疑者もまた取り逃してしまう。その被疑者の素性を洗ったところ、幼い頃に引き離された一六の弟・万丈二六(遠藤憲一)だったことが明らかになる。

もっと見る

安定を求めて公務員になった義経えみる(吉岡里帆)は、いきなり、“生活保護受給者”を支援する部署に配属される。戸惑うえみるだったが、やがて新人ケースワーカーとして生活保護現場の壮絶な現実に直面することになる。担当する110世帯には、知れば知るほど奥の深いそれぞれの人生があることを理解していくえみる。普通に生きてきたはずの彼らの人生は、どこでどう歯車が狂ってしまったのか? そして、どうすれば希望ある明日へ向かうことができるのか? えみるに課せられたミッションは、そんな彼らの人生に向き合い、寄り添い、そして自立への道筋を見つけ出していくことだった。

もっと見る

6月7日が最終回となるテレビ朝日系の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(木曜午後9:00)で、鳴海理沙を演じている鈴木京香が誕生日を迎え、主人公・矢代朋役の波瑠ら、特命捜査対策室第6係メンバーによってサプライズで祝福をされた。同作は、肉体派刑事の矢代と頭脳派刑事の鳴海がバディを組み、「文字」をテーマに事件を解決していく刑事ドラマ。

もっと見る

波瑠さん扮する肉体派熱血刑事が、鈴木京香さん演じる“文字フェチ”刑事と未解決事件に挑む「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)。捜査一課強行犯係から特命捜査対策室第6係(文書解読係)に異動してきた矢代朋(波瑠)は、“倉庫番の魔女”と呼ばれる鳴海理沙(鈴木)と共に未解決事件の真相を解明してきました。最初はお互いに反発し合うところもありましたが、徐々に“名バディ”になってきていますね。そんな2人の上司である特命捜査対策室の室長・古賀清成役の沢村一樹さんを直撃! 怒鳴り散らしたり嫌みな態度をとったりと、“嫌な感じ”の上司に扮する沢村さんに、演じていて「楽しい」という役柄について伺いました。

もっと見る

吉岡里帆が、7月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(火曜午後9:00=関西テレビ制作、開始日未定)に主演することが決まった。生活保護受給者を支援するケースワーカーをテーマにした、漫画家・柏木ハルコ氏による累計50万部突破の同名コミックを連続ドラマ化。吉岡が演じるのは、不器用だが情に厚く、ひたむきで一生懸命な性格の義経えみる。安定を求めて公務員になったえみるは、いきなり配属された先で、“生活保護受給者”を支援するケースワーカーの仕事に就く。何らかの事情で生活に困り、生活保護を受給している生活保護受給者のさまざまな人生に向き合い、奮闘するなかで、成長していくえみるの姿を描く。

もっと見る

テレビ朝日系で4月19日からスタートする連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(木曜午後9:00)の制作発表記者会見が都内で行われ、波瑠、鈴木京香、沢村一樹、工藤阿須加、山内圭哉、高田純次、光石研、遠藤憲一らが参加した。同ドラマは、初共演となる波瑠と鈴木がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく新感覚ミステリー。鈴木について、波瑠は「物語の序盤なので、まだ手を引っ張っている状態」と語りながらも、良い雰囲気で撮影していることを笑顔で語った。

もっと見る

フジテレビ系では4月4日に「バカリズムのそこスルーする?」(午後11:00)を放送する。番組は、よくよく考えるとおかしなことなのに、普段は気にせずに過ごしていることをバカリズムがフリップで紹介し、検証していくバラエティー。「バレーボール」「スルーしている言葉」「マイクテスト」「さるかに合戦」「間が持たない」などを取り上げる。ゲストで伊集院光、青山テルマ、遠藤憲一が出演する。

もっと見る

【最終週】『月』てん(葵わかな)ら一行は、りん(堀田真由)のつてを頼って滋賀の農家に疎開。身を寄せた先の主人・治平(西川きよし)は一行を邪険に扱う。

もっと見る

滝沢秀明さん主演の「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」(フジテレビ系)が、ついに3月24日に最終回を迎えます。第7話では、河村礼菜(谷村美月)の母・あかね(横山めぐみ)が河村家の墓から掘り起こしたものが、30年前の事件の凶器だと分かりました。柳瀬光三(遠藤憲一)の無実が証明できると確信した浅利祐介(滝沢)。ですが、その数日後に柳瀬の死刑執行が確定してしまいます。

もっと見る

【最終回】柳瀬(遠藤憲一)は死刑執行を待ち望んでいたが、実の息子・祐介(滝沢秀明)と再会し、死刑で自分の犯した罪を償えるのかと考えるようになる。一方、柳瀬に死刑執行命令が下ったことを知った祐介は、生きて罪を償うべきだと考え澤田(片岡鶴太郎)と共に奔走するが、命令を覆すことは難しい。そして5日後の朝、万策尽き果てた祐介は、弁護士バッジを胸から外す。そんな祐介に追い打ちを掛けるように、事務所の電話が鳴り響いて…。

もっと見る

テレビ朝日系で4月19日にスタートする連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(木曜午後9:00)に出演する、個性豊かな実力派男性キャスト陣が発表となった。本作は、初共演となる波瑠と鈴木京香がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく新感覚ミステリー。

もっと見る

『月』慰問団の貢献が国に認められ、てん(葵わかな)は勲章を授与されることに。伊能(高橋一生)の会社では、製作中の映画が次々と検閲に引っ掛かる。

もっと見る

滝沢秀明さんが初めて弁護士役を演じられていることで話題のドラマ「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」(フジテレビ系)が、佳境を迎えます。残すところあと3話となり、先日放送された第5話では、浅利祐介(滝沢)が死刑囚・柳瀬光三(遠藤憲一)の実の息子であったことが発覚。30年前に行方不明となっていた柳瀬の息子・光男と、犯人によって殺害されていた赤ん坊の大富祐介の遺体が入れ替えられていたという、衝撃の事実が明かされました。

もっと見る

テレビ東京系で放送中のドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」(水曜午後9:54)が、いよいよ3月7日に最終回を迎える。「しまっこさん」のクランクアップを間近に控えたある日、予知夢のような夢を見た大杉漣は、スタッフへの恩返しを決意する。そんな中、撮影は終了し、島を離れることにした遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研の4人だったが、島ハウスを出る前に大杉が書いた、ある手紙を発見する。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP