新着記事

放送スタート以来、次々と魅力的なキャラクターが登場するNHK連続テレビ小説「半分、青い。」。そんな中、物語が幼少期から高校生に移った第3週以降、話題を集めている人物の一人がヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の幼なじみで、ポニーテールと笑顔が印象的な木田原菜生役の奈緒さんです。鈴愛がこばやん(森優作)と出会った第4週では、ブッチャー(矢本悠馬)に「あの2人(鈴愛と律)は、なにかがあったらどうにかなるかもしれん。と私は、常々にらんでいました」と空気を読んであえて2人にさせたり、こばやんとのデートに失敗した鈴愛に「さて、スズメの何がいけなかったでしょう?」と冷静に問いかけたりと、鈴愛を見守るお姉さん的キャラかと思えば、衣装に憧れて入った弓道部の引退試合では、隣の的に命中させてしまうちょっとドジな一面もあったりと、とにかくかわいい菜生の人柄に、“菜生ちゃんかわいい”“あのかわいい子は誰?”などと、SNSなどで話題になり、菜生というキャラクターと、その菜生を演じる奈緒さんに注目が集まっています。今回、そんな奈緒さんを直撃。役についての思いや撮影エピソードなど、お話を伺いました。

もっと見る

4月2日の放送スタート以来、常に話題のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」。ストーリーが面白いのはもちろんですが、SNSで鈴木伸之さんや佐藤江梨子さん、加藤綾子さんら新キャストを次々と発表するなど、視聴者を飽きさせない仕掛けで話題が絶えません。

もっと見る

4月2日にスタートしたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」。視聴率20%超えの好発進を果たし、CGで表現された胎児時代からのスタート、“マグマ大使問題”、原田知世さん演じる和子(わこ)さんのモノマネなど、SNSなどでは常に話題が絶えず、注目の高さがうかがえます。

もっと見る

日本テレビ系で10月からスタートする連続ドラマ「今日から俺は!!」(日時未定)の新たなキャストが発表され、健太郎、太賀、矢本悠馬ら若手実力派俳優が出演することが決まった。主人公の三橋貴志(賀来賢人)と最強ツッパリコンビを組む、トンガリ頭の伊藤真司を演じる健太郎は、「このような大きな役を頂けて、びっくりしたのが最初の感想です。今はとてもうれしい気持ちと不安、撮影が待ち遠しい気持ちが入り混じっている状態です」と、大役に抜てきれた驚きを明かしている。

もっと見る

ギャンブルで生徒の階級が決まる学園が舞台の「賭ケグルイ」(TBSほか)。ついに第5話でミケ落ち(財産も尊厳も奪われ家畜同然に扱われること)してしまった蛇喰夢子(浜辺美波)。「人生計画表」と呼ばれる、結婚や出産などその後の夢子の人生を予想するかのようなファイルが生徒会から手渡されます。それは今後の人生の全てを生徒会に支配されることを意味しているのです。そんな窮地に立たされてしまった夢子。このまま夢子はギャンブルから足を洗いミケとして学園生活をおくるのでしょうか!?

もっと見る

TBSほかで、1月スタートの連続ドラマ「賭ケグルイ」(MBS=1月14日スタート・日曜深夜0:50、初回は深夜1:15。TBS=1月16日スタート・火曜深夜1:28、初回は深夜1:43)の新たなキャストが発表され、中川大志、中村ゆりか、三戸なつめら若手人気俳優が出演することが決まった。

もっと見る

2018年4月2日にスタートするNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜午前8:00ほか)の新たな出演者が発表され、六角精児らの出演が決まった。ヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)の同級生・西園寺龍之介(矢本悠馬)の父親・満役で出演し、町で一番お金持ちの不動産会社社長で常にギラギラしているという役どころの六角は、「実際に自分が生きた時代をさかのぼって味わえるというのは、とても楽しみで興味深いです。さまざまなことがイケイケのにぎやかな時代、バブリーに演じたいです」と意気込んでいる。

もっと見る

大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)に出演中の、主人公・井伊直虎の忠臣コンビ「ユキロック」こと矢本悠馬さん&田中美央さんのトークを、前編に引き続きお届け。後半では2人が活躍する合戦ロケのエピソードや“直虎愛”にスポットを当てます!

もっと見る

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、柴咲コウさん演じる井伊直虎を支えてきた忠臣が、2人いる。彼らの名は、中野直之(矢本悠馬)と奥山六左衛門(田中美央)。回を追うごとに存在感を強めてきたこのコンビ、直虎ファンからは「ユキロック」と、双方の名前を組み合わせたコンビ名で呼ばれるようになっていた──。10月22日に放送された第42回「長篠に立てる柵」で2人が力を合わせる見せ場もあったばかりということで、演じる矢本さんと田中さんに独占インタビューを敢行! 正反対な性格の2人による爆笑対談の模様を、前・後編にわたって余すことなくお届けします。

もっと見る

第2回マンガ大賞を受賞し、2010年の「このマンガがすごい!オンナ編」で第1位を獲得した末次由紀の少女コミックを前後編の2部作で映画化。

もっと見る

take48「クローズEXPLODE」

コラム

7500万部超を売り上げた高橋ヒロシのコミックを三池崇史監督が映像化した「クローズZERO」シリーズ(07・09)が、惜しまれつつ終了。それを受け、劇画をもとにした「青い春」(02)で、犯罪に走る不良高校生の心情を鮮烈にすくい取った豊田利晃監督が描く後日談だ。前作の1カ月後に時間を設定し、滝谷源治や芹沢多摩雄らメインキャラが卒業した鈴蘭高校で、引き続き“てっぺん”を目指す戦争が勃発する。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP