新着記事

先に生まれただけの僕

特集

民間企業が経営する京明館高校は、社内で「不採算部門」と呼ばれている。偏差値は、中の下でスポーツが優れているわけでもない。第1、第2志望校に落ちた生徒が入る、定員割れギリギリの高校だ。そんな学校の経営を立て直すため、大手総合商社「樫松物産」で働く商社マン・鳴海涼介(櫻井翔)が、校長として送り込まれる。教育現場を知らない鳴海は、突然の校長という立場と、これまでのビジネスの常識とはかけ離れた学校現場の実態に困惑する。一方、鳴海を校長として迎えることとなった現場の教師たちは当然反発。しかし、彼らにも熱い教育理念があるわけでもない。果たして、鳴海は京明館高校を立て直せるのか。

もっと見る

10月期新ドラマ「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)に、瀬戸康史の出演が決定した。このドラマは、櫻井翔演じるエリート商社マン・鳴海涼介が、経営難に陥った高校に校長として送り込まれるところからスタート。オリジナル脚本で描かれる社会派エンターテインメントドラマだ。瀬戸は、鳴海が出向を命じられた私立高校の英語科教師・島津智一を演じる。一見存在感が薄いものの、実はネイティブ並みの英語力を持ち、アクティブラーニングの名手という役どころ。物語にも大きな変革をもたらすであろう今回の役について、瀬戸に話を聞いた。

もっと見る

テレビ東京系にて、3週連続で放送するドラマ特別企画の第2弾である、大沢在昌サスペンス「冬芽の人」。殺人事件の捜査中に同僚を死なせてしまい、罪の意識から刑事を辞めて心を閉ざして生きてきたヒロイン・牧しずり(鈴木京香)が、守るべきもののために再度立ち上がり、人生を取り戻していく姿を描きます。今回、しずりの同僚の息子で、しずりと一緒に事件を追う仲本岬人役を演じる瀬戸康史さんを直撃!役柄についてや、ドラマのテーマの中のひとつである年の差恋愛、またプライベートな質問までさまざまな話をお伺いしてきました!

もっと見る

来年1月4日にスタートするNHK大河ドラマ「花燃ゆ」(日曜午後8:00)の女性ファン限定の女子会トークイベントが都内で行われ、松下村塾の四天王の1人に数えられた吉田稔麿役を演じる俳優の瀬戸康史が出席した。約150人の女性ファンに囲まれた瀬戸は、「これだけの女性の前でしゃべるのは新鮮です」と笑顔を浮かべ、「学園ドラマの要素も入っている、これまでにない大河ドラマになっています」と見どころをアピールした。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP