新着記事

10月1日にスタートするNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜午前8:00ほか)のクランクイン取材会が行われ、ヒロイン・今井福子役の安藤サクラ、福子の次姉・克子役の松下奈緒、長姉・咲役の内田有紀、母・鈴役の松坂慶子が出席した。物語序盤で18歳の福子を演じる安藤は、「私は32歳の子持ちでございます。もう悪あがきをしてもしょうがないと思っています。逆に笑っていただければ幸いです」と苦笑いを浮かべながら、体当たりで臨む意気込みを明かした。

もっと見る

日本テレビ系で5月4日に放送される「天才バカボン3~愛と青春のバカ田大学」(午後9:00)に、東方神起のユンホとチャンミンが本人役で出演することが分かった。日本のドラマで2人がそろって本人役で出演するのは今作が初めてとなる。ユンホは「アニメの『天才バカボン』を見たのですが、キャラクターがかわいくて、家族愛あふれる物語だったので、ドラマに出られることを楽しみにしていました」と話し、チャンミンも「東方神起2人で出演するのは初めてだったので、撮影はすごくワクワクしました」と、出演の喜びを明かしている。

もっと見る

【最終回】優希(松下奈緒)は南部(岩松了)が転落した際の新たな目撃者を見つけ、落ち方が不自然だったことを知る。さらに、南部の愛人・治子(片岡礼子)からも話を聞く。出社した伊東(白石隼也)は、自分を突き落とした犯人が社内にいると断言し、調査の続行を醍醐(古田新太)に訴える。一方、校条(田中泯)に会って以来、南部の‘自殺説’に傾きつつあった醍醐は、社長・利勝(平泉成)と対峙(たいじ)することでより確信を深めるが…。

もっと見る

日本テレビ系で5月4日に放送される「天才バカボン3~愛と青春のバカ田大学」(午後9:00)の新たなキャストが発表され、大塚寧々、ネプチューンの堀内健、カミナリ(竹内まなぶ、石田たくみ)、ANZEN漫才(みやぞん、あらぽん)、ミキ(昴生、亜生)、同局の桝太一&水卜麻美アナウンサーらが出演することが決まった。

もっと見る

2016、17年に日本テレビ系で放送され、くりいむしちゅー・上田晋也がバカボンのパパ役を演じたことで話題となった実写ドラマ「天才バカボン」の第3弾が、同局の新キャンペーン「ゴールデンまなびウィーク」内で放送されることが分かった(日時未定)。今回はスペシャルゲストとして、バカボンのパパの恩師であるバカ田大学・紙一重教授役を西田敏行が演じることも明らかとなった。

もっと見る

3月31日にWOWOWプライムでスタートする「連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件」(土曜午後10:00)の完成披露試写会に、主演の松下奈緒、古田新太、三木孝浩監督が出席した。同ドラマは、長崎尚志氏の「編集長の条件 ―醍醐真司の博覧推理ファイル―」が原作。出版関係専門の調査員・水野優希(松下)と、変人漫画編集者・醍醐真司(古田)がタッグを組み、伝説の編集長の死の謎を追う中で、戦後最大の未解決事件「下山事件」の真相と“謎の漫画”との関係を、サスペンスにあふれつつもユーモラスなやりとりを交えて解明していく。

もっと見る

NHK総合で10月1日にスタートする連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜午前8:00ほか=NHK大阪放送局制作)のヒロイン・今井福子(安藤サクラ)の家族に扮(ふん)するキャストが発表され、松下奈緒が福子の次姉・香田克子を演じることが決まった。会見に出席した松下は、「今回このお話を頂いて、“あ、また朝ドラのスペシャルな経験をさせていただけるんだな”と思い、非常にうれしかったです。そして、今度はどんな家族とどんな人生を歩んでいけるのかなと、今から楽しみにしています」と出演の喜びを語った。松下が連続テレビ小説に出演するのは、ヒロイン役を務めた2010年放送の「ゲゲゲの女房」以来2度目となる。

もっと見る

WOWOWプライムでは、2018年3月31日から「連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件」(土曜午後10:00)をスタートさせる。同作は、松下奈緒と古田新太がダブル主演し2015年春に放送された「連続ドラマW 闇の伴走者」の第2弾。監督は前作に引き続き、三木孝浩氏が務める。

もっと見る

トットちゃん!

特集

【最終週】渥美(山崎樹範)が病死する。徹子(清野菜名)はお別れ会に出席した帰り、久松(三宅健)と渥美の思い出を語り合う。そんな中、祐介(城田優)が来日し、徹子にコンサートの司会を依頼。だが当日、祐介は演奏せずに舞台を降りる。彼は病に侵されていた。その後、祐介は徹子に何も語らないまま、パリへ帰ってしまう。一方、自伝エッセーがベストセラーになった朝(松下奈緒)は、守綱(山本耕史)亡き後も伸び伸びと人生を楽しんでいた。

もっと見る

エンターテインメント界の第一線で活躍を続け、40年以上にわたって「徹子の部屋」の司会を務める黒柳徹子さんと、その家族の激動の昭和史を描き大反響を呼んでいる帯ドラマ劇場「トットちゃん!」(テレビ朝日系)。森繁久彌さん、向田邦子さん、渥美清さんなど昭和を代表する伝説の俳優や脚本家との交流が描かれ、ますます目が離せない展開が続いています。

もっと見る

ディーン・フジオカと武井咲がダブル主演を務めている日本テレビ系連続ドラマ「今からあなたを脅迫します」(日曜午後10:30)に、松下奈緒が出演することが発表された。松下が演じるのはディーン演じる主人公の千川完二の、今は亡き恋人・来栖稚奈(くるすわかな)。一匹おおかみの“脅迫屋”として、これまで孤独に生きてきた千川の人生のターニングポイントとなる大きな影響を与えた人物だ。

もっと見る

10月2日にスタートし、上質な昭和のドラマとして話題を呼んでいる「トットちゃん!」(テレビ朝日系)は、「徹子の部屋」(同系)でおなじみの黒柳徹子さんの半生を描いた作品です。物語の前半で幼少時の徹子さんを演じる豊嶋花さんの姿には、「子どもの頃の徹子さんって、本当にこんなふうに伸び伸びと歌ったり踊ったりしていたんだろうなぁ」と笑顔にさせられます。時代の激流に翻弄(ほんろう)されながらも、天真らんまんに育っていく徹子ですが、10月30日に始まる第5週からは、豊嶋さんから清野菜名さんにバトンタッチ!

もっと見る

テレビ朝日系の帯ドラマ劇場「トットちゃん!」(月~金曜午後0:30)が早くも大反響を呼んでいる。同作は、40年以上「徹子の部屋」(同系)の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍してきた黒柳徹子とその家族や、激動の昭和を駆け抜けた人々を描く。放送中の第1週は、徹子がまだこの世に生を受ける前、母・朝(松下奈緒)と父・守綱(山本耕史)が運命的な出会いを果たして、結ばれていく愛の物語を軸に展開している。

もっと見る

今年春に新しく創設された、テレビ朝日系お昼の帯ドラマ枠“帯ドラマ劇場”。第1弾である倉本聰氏のオリジナルドラマ「やすらぎの郷」が大きな話題を呼びましたが、そんな注目枠の第2弾「トットちゃん!」が、10月2日についにスタートします! 1976年に放送を開始した「徹子の部屋」(同系)の司会を務め、お昼の顔ともいえる黒柳徹子さんと、その家族の激動の昭和史を描いた人間ドラマです。

もっと見る

シニア世代を中心に大反響を巻き起こした「やすらぎの郷」に続く、テレビ朝日の帯ドラマ劇場第2弾「トットちゃん!」が10月2日からスタートする。放送に先がけて、制作発表記者会見が行われ、原案の黒柳徹子をはじめ、清野菜名、松下奈緒、豊嶋花、山本耕史、小澤征悦、高岡早紀、竹中直人、八木亜希子ら出演者と脚本の大石静が勢ぞろい。挨拶とともに、本作への思いやエピソードなどを語った。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP