新着記事

ハゲタカ

特集

バブル景気とともに産声を上げた「平成」は、バブル崩壊や失われた10年、リーマンショックにアベノミクスと、激動の時を経て2019年にその幕を閉じる。そんな時代に、外資系投資ファンド「ホライズンジャパン・パートナーズ」を率い、大手銀行やリーディングカンパニーに次々と買収劇を仕掛け、莫大な利益を上げる男がいた。その男の名は鷲津政彦(綾野剛)。鷲津はバッシングを受けながらも、“利益相反”と“忖度(そんたく)”で腐りきってしまった企業の上層部をたたき、日本企業をよみがえらせていく。

もっと見る

テレビ朝日系で7月からスタートする、綾野剛主演の「ハゲタカ」(木曜午後9:00、開始日未定)の追加キャストが発表され、渡部篤郎、小林薫ら実力派俳優の出演が決定した。本作は、真山仁氏による同名小説を原作とし、伝説の企業買収者・鷲津政彦(綾野)が“ハゲタカ”と激しいバッシングを受けながらも、不良債権を抱えた大銀行や経営不振の名門企業へ次々と買収劇を仕掛け、鮮やかに勝利していくさまを描く痛快なエンターテインメントドラマ。

もっと見る

【最終回】財務省の国有地払い下げ問題が発覚。なぜか関連文書は破棄され、払い下げを認可した議員・藤堂(堀部圭亮)に不正献金の疑いが掛かる。藤堂は、かつて黒澤(江口洋介)が心酔していた直属の上司だった。藤堂の依頼により、黒澤は財務省職員・川瀬(山本耕史)を好条件でヘッドハントする。記録の改ざんを命じられて悩む川瀬を転職させ、口封じしようという魂胆だ。黒澤の裏切り行為に灰谷(杉本哲太)も響子(小池栄子)も激高する。

もっと見る

テレビ東京系で4月16日からスタートする江口洋介主演のドラマBiz「ヘッドハンター」(月曜午後10:00)の第1話に、同系の経済番組「未来世紀ジパング」(水曜午後10:00)のMCを務める内田恭子の出演が決定した。ドラマでは、企業の要望に応え、必要な人材の転職を斡旋するヘッドハンター・黒澤和樹(江口)の奮闘する姿を描きながら、「転職」という人生の岐路を通じて、現代の人々の姿に迫る。

もっと見る

FINAL CUT

特集

【最終回】慶介(亀梨和也)は若葉(橋本環奈)への殺人未遂容疑で逮捕されてしまう。混乱する雪子(栗山千明)だったが、そんな彼女の元に慶介のかつての偽名「吉澤優」から電話がかかってくる。一方、独自に祥太の行方を追っていた百々瀬(藤木直人)は、慶介逮捕の知らせを聞き、さらなる大スクープを画策する。そんな中、取り調べで黙秘を貫いていた慶介は、訪れた高田(佐々木蔵之介)に対し、突然、「犯人は、俺です」と驚きの告白を始める。

もっと見る

亀梨和也演じる中村慶介による、母を追い詰めた者たちへの復讐(ふくしゅう)劇、「FINAL CUT」(フジテレビ系)。いよいよ佳境に入ってきました。母を追い詰めた「ザ・プレミアワイド」のボスともいえる百々瀬塁(藤木直人)との直接対決、また、小河原雪子(栗山千明)との禁断の恋の行方なども、核心部分に向かいつつあります。第7話では、慶介と雪子がそれぞれ抱えている“思い”はあるものの、それ以上にお互いを“思う”気持ちが止まらずに感情がこみ上げてしまいます。その一方で、慶介が怪しいとにらんでいる小河原祥太から妹の若葉(橋本環奈)の元に連絡が…。

もっと見る

テレビ東京では、4月から月曜午後10時に新たなドラマ枠「ドラマBiz」をスタートさせる。同枠は、働くことをテーマとした大人のための上質なビジネスドラマシリーズとなり、第1弾作品は「ヘッドハンター」(開始日未定)を放送。主演を江口洋介が務め、小池栄子、杉本哲太が共演する。このほど、新枠ドラマ発表会に、3人が顔をそろえた。

もっと見る

「母のための復讐」と「許されざる恋」。二つの軸で進んでいる「FINAL CUT」(フジテレビ系)。皆さんご覧になっているでしょうか。SNSなど、誰もが何かしらのメディアに接しなければ生きづらくなっている現代だからこそ、そういったことをテーマにできるこのドラマ。主演を務めるのは、亀梨和也さん。静かに復讐に燃えたり、禁断の恋に陥ってしまったりと、二面性を持つ男性を切なく、そして熱く演じています。

もっと見る

フジテレビ系連続ドラマ「FINAL CUT」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)では、亀梨和也演じる主人公・中村慶介が、母親を殺人事件の犯人かのように扱い、死に追い込んだテレビ番組関係者に復讐(ふくしゅう)していく姿が描かれている。第1話では、12年前に起きた女児殺害事件に関して、百々瀬塁(藤木直人)が司会を務めるテレビ番組「ザ・プレミアワイド」の井出正弥(杉本哲太)、真崎久美子(水野美紀)、小池悠人(林遣都)、皆川義和(やついいちろう)による取材によって、慶介の母親・恭子(裕木奈江)が死に追い込まれたエピソードが明らかになった。

もっと見る

1月9日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「FINAL CUT」(火曜午後9:00、初回は15分拡大)の制作発表会見に、主演の亀梨和也、共演の藤木直人、栗山千明、橋本環奈、林遣都、髙木雄也、やついいちろう、水野美紀、杉本哲太が参加した。

もっと見る

1月9日火曜9時から、亀梨和也さん主演の「FINAL CUT」が放送されます。亀梨さんが演じるのは、母親を自殺へと追いやった犯人への復讐を企む男・中村慶介。深い闇を抱えた彼がとる方法は現代を象徴する“SNS”を活用した、社会的な抹殺をはらんだものです。

もっと見る

【最終回】「本能寺の変」で信長(市川海老蔵)は討たれ、堺で逃亡の道筋を確保していた直虎(柴咲コウ)の手助けにより、家康(阿部サダヲ)は無事、三河へ戻る。明智が京を追われたと聞いた直虎は、龍雲丸(柳楽優弥)と別れ、堺を後に。直虎は井伊谷で保護していた明智の遺児・自然(田中レイ)を逃がそうとする。だが、万千代(菅田将暉)は身柄を徳川に引き渡すよう要求。そこには家康の母・於大の方(栗原小巻)の意思があった。

もっと見る

万千代(菅田将暉)は、信長(市川海老蔵)による家康(阿部サダヲ)の暗殺計画を知り、井伊谷へ向かう。直虎(柴咲コウ)と対面した万千代は、明智光秀(光石研)の謀反が成功した折には、家康を三河へ逃がす手助けをしてほしいと願い出る。この求めに応じた直虎は、逃亡経路として堺からの海路を選択する。そして、その地で龍雲丸(柳楽優弥)や与太夫(本田博太郎)と久しぶりの再会を果たす。一方、家康は安土城で信長の歓待を受けていた。

もっと見る

KAT-TUNの亀梨和也が、2018年1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「FINAL CUT」(火曜午後9:00=関西テレビ制作、開始日未定)に主演することが分かった。同ドラマは、高校時代に、母親が女児殺害事件の犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ男の復讐(ふくしゅう)劇。亀梨にとっては、2006年の「サプリ」以来11年半ぶりとなる同系連ドラ主演作となる。また、藤木直人、橋本環奈、林遣都、高木雄也(Hey! Say! JUMP)、やついいちろう、杉本哲太、水野美紀、佐々木蔵之介らが共演する。

もっと見る

東大卒のトップバンクエリート行員、そしてイケメン。こんな非の打ちどころがない男…のように見えて、恋愛面では明後日の方向に突き進む正真正銘の童貞“チェリート”荒川英人。「オトナ高校」(テレビ朝日系)で英人を演じる三浦春馬さんが見せる、“顔芸”ともいえるモテない男感漂う表情がたまらないですね。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP