新着記事

インターネットTVガイドでは、関東約25万台の視聴データを集計した東芝レグザの視聴データを基に毎週録画視聴ランキングを発表しているが、今回はその特別編。1~3月の冬ドラマにスポットを当てて、視聴者たちはどのドラマをどんなふうに楽しんだのか、深く探っていこうと思う。併せて2017年4月から今年3月まで、1年間のドラマ録画視聴ベスト20も大発表。世帯視聴率のランキングとは一味違う結果を味わってほしい。

もっと見る

木村拓哉主演のテレビ朝日系連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜午後9:00)で、さまざまな警護対象者を息もつかせぬ攻防戦で守り抜いてきた身辺警護課のボディーガードたちの物語が、3月15日についに最終回を迎える。亡くなった身辺警護課課長の村田五郎(上川隆也)をめぐる証拠隠蔽(いんぺい)問題や厚生労働大臣の職を辞した立原愛子(石田ゆり子)が、事件の真実を語るのかどうか。警視庁SPである落合義明(江口洋介)はどう動くのか。そして、島崎章(木村)たちは、村田の汚名をそそぐことができるのか。さまざまな人間模様と思惑が絡み合った怒濤(どとう)の展開に終止符が打たれる。

もっと見る

BG~身辺警護人~

特集

【最終回】章(木村拓哉)の言葉が胸に刺さり、愛子(石田ゆり子)はテレビで真実を語る決意をする。大臣辞任を勧告されたが、それでも村田(上川隆也)の名誉を守りたいと言う愛子に一同は期待感をにじませる。身の危険を心配する章に対し、愛子は身辺警護を依頼。その辞任と離党のニュースが流れる中、高梨(斎藤工)は経緯を村田の妻・靖子(中山忍)と息子・庸一(堀家一希)に伝える。一方、落合(江口洋介)もまた事件の‘後始末’に動き出す。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP