新着記事

山本美月と新井浩文が、5月24日放送のフジテレビ系連続ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」(木曜午後10:00)の第6話で、副音声に挑戦する。同ドラマは、幸せの絶頂から一転、冤罪(えんざい)を着せられ投獄生活を送っていた主人公・柴門暖(ディーン・フジオカ)が、15年間の時を経て、投資家のモンテ・クリスト・真海となり、3人の男たちへ復讐(ふくしゅう)を果たす物語。

もっと見る

幸男(大倉忠義)のスキャンダルを探す神楽(新井浩文)は、彼が香港マフィアと関係があったことをつかむ。折しも香港で、13年前の俳優一家失踪事件にマフィアが関与している疑いが報じられた。幸男は当時その俳優の付き人だった。神楽は同事件の捜査資料を持つという真海(ディーン・フジオカ)に協力を依頼するが断られ、寺角(渋川清彦)を使って情報を盗むことを決意。一方、幸男の前にマフィアのダニーが現れる。

もっと見る

ディーン・フジオカさん主演「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」(フジテレビ系)の4月26日放送・第2話では、柴門暖(ディーン)が大富豪の“モンテ・クリスト真海”と名を改めて日本にやってきました。第1、2話では暖が牢獄にいるすさまじい地獄のような世界の怖さに引き込まれた方も多いかと思いますが、5月3日放送の第3話からは真海の手によって“地獄のような復讐”が始まっていくのです…。

もっと見る

【最終回】幸乃(竹内結子)と面会を果たした慎一(妻夫木聡)はある告白をし、わびる。しかし、幸乃の思いは既に遠く離れたところにあった。慎一から幸乃が再審を望んでいないと聞いた翔(新井浩文)に、瞳(芳根京子)からメールが届く。時間がないと悟った翔は、死刑執行を阻止するためにマスコミを集めて会見を開き、慎一はその会場に現れた見覚えのある女性・ゆり子(草村礼子)に注目。そして、慎一と翔はついに事件の真相にたどり着くが…。

もっと見る

【最終回】幸乃(竹内結子)と面会を果たした慎一(妻夫木聡)はある告白をし、わびる。しかし、幸乃の思いは既に遠く離れたところにあった。慎一から幸乃が再審を望んでいないと聞いた翔(新井浩文)に、瞳(芳根京子)からメールが届く。時間がないと悟った翔は、死刑執行を阻止するためにマスコミを集めて会見を開き、慎一はその会場に現れた見覚えのある女性・ゆり子(草村礼子)に注目。そして、慎一と翔はついに事件の真相にたどり着くが…。

もっと見る

フジテレビ系で4月19日にスタートする連続ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」(木曜午後10:00)の制作会見が行われ、主演のディーン・フジオカ、共演の大倉忠義(関ジャニ∞)、山本美月、新井浩文、高橋克典が参加した。本作は、フランスの文豪、アレクサンドル・デュマが19世紀に発表した小説「モンテ・クリスト伯」を原作とし、ディーン演じる主人公の柴門暖が愛、将来、自由、仕事、自尊心、全てを奪われたことを機に、実直な人間から“復讐鬼(ふくしゅうき)”と化す物語。

もっと見る

フジテレビ系で4月19日にスタートするディーン・フジオカ主演の連続ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」(木曜午後10:00)に、稲盛いずみ、山口紗弥加、伊武雅刀ら個性派キャストの出演が決定した。本作は、フランスの文豪、アレクサンドル・デュマが19世紀に発表した小説「モンテ・クリスト伯」を原作とし、ディーン演じる主人公の柴門暖が愛、将来、自由、仕事、自尊心、全てを奪われたことを機に、実直な人間から“復讐鬼(ふくしゅうき)”と化す物語。

もっと見る

卒業バカメンタリー

特集

【最終回】卒業式前日。ガク(藤井流星)らはマオ(濱田崇裕)が入院中に仲良くなった看護師たちと飲みに行くことに。一同はついに‘大人の男’になれると意気込むが…。

もっと見る

ジャニーズWESTの藤井流星さんと濵田崇裕さんがダブル主演を務めるドラマ「卒業バカメンタリー」(日本テレビほか)。堀口学(ガク/藤井)と米澤真央(マオ/濵田)、伊田公貴(コウキ/前田航基)、仁純(ジュン/吉田靖直)らエリート大学の4年生が、大学卒業までの90日間で“大人の男”になるために奮闘する姿をドキュメンタリーカメラが追うという設定の本作も、最終回まで残すところあと2回となりました。毎週月曜の深夜、寝る前の癒やし的存在だったドラマの終わりが近いのは悲しいですが、だからこそ、皆さん、最後までガクたちの頑張る姿をじっくり見届けたいと感じているはずです!

もっと見る

3月18日からWOWOWプライムでスタートする「連続ドラマW イノセント・デイズ」(日曜午後10:00)の完成披露試写会に、主演の妻夫木聡、共演の竹内結子、新井浩文、芳根京子、石川慶監督、原作者の早見和真氏が参加した。本作は、幼なじみの女性確定死刑囚・田中幸乃(竹内)が犯したとされる罪の真偽に疑問を感じた佐々木慎一(妻夫木)が、その真相を探っていくヒューマンサスペンス。原作は、早見氏が第68回日本推理作家協会賞・長編および連作短編集部門を受賞した同名小説で、映像化を強く望んだ妻夫木が自ら企画にも携わり、ドラマ化にこぎ着けた。

もっと見る

日本最高のエリート大学に通い、勉強ばかりの日々を送ってきて、気付いたら卒業まで残り90日。とっくに成人式も挙げ、見た目は立派な男性ですが、まだ“大人の男”になれていない大学4年生の堀口学(ガク/藤井流星)、米澤真央(マオ/濵田崇裕)、伊田公貴(コウキ/前田航基)、仁純(ジュン/吉田靖直)が卒業までに“大人の男”になろうと奮闘する姿をフェイクドキュメンタリータッチで描いた「卒業バカメンタリー」(日本テレビほか)。スタートから早くも1カ月以上経ちましたが、毎週オンエア後にSNSをのぞくと「面白い!」「週7で見たい!」「思わず爆笑した」といった熱い感想がタイムラインにあふれかえっていることが多々あります。

もっと見る

ディーン・フジオカが、4月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」(木曜午後10:00、開始日未定)に主演する。フランスの文豪、アレクサンドル・デュマ氏が19世紀に発表した小説「モンテ・クリスト伯」が原作。愛、将来、自由、仕事、自尊心、すべてを奪われた実直な主人公が、自らを陥れた男たちに復讐(ふくしゅう)し、彼らの人生そして運命の歯車を狂わせていく復讐劇で、日本では「巌窟王」として知られている。

もっと見る

毎週月曜日の深夜0時59分から放送されるシンドラ第3弾「卒業バカメンタリー」(日本テレビほか)が、いよいよ本日1月22日にスタートします。過去に、シンドラ枠で放送れた作品は、“お一人さま”の健康と食事をサポートするアンドロイドとご主人さまとの交感を描いた「孤食ロボット」や、菊池風磨さんがドラマ初主演にして、初一人芝居に挑んだ「吾輩の部屋である」といった、寝る前の癒やしにぴったりな、ほっこりとした内容のものばかりでした。では、「卒業バカメンタリー」はいかがでしょうか。ちらりと中身を見てみましょう。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP