新着記事

博文(小澤征悦)は善財(竹森千人)に応急処置を施すが、凶器のハンドベルの指紋から犯人扱いされる。意識が戻った善財が真犯人を明かしても汚名返上とはならず、「副院長への道が絶たれた」と落ち込む博文。秀作(山田涼介)は泰蔵(中村梅雀)と知晶(波瑠)に命じられ、失意の兄を勇気づける。そんな中、院長・浜野谷(柴俊夫)宅に出入りするクリーニング店の手毛綱(児嶋一哉)から、博文にも挽回のチャンスがあるとの情報が入る。

もっと見る

ヒットドラマ界の鉄板三大職業、警察官・弁護士・医者。そんな職業に就く3兄弟に訪れる危機をなにがなんでも解決する、ばかばかしくも美しい(!?)家族愛を描いた山田涼介さん主演のコメディードラマ「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」(日本テレビ系)。そんな3兄弟が暮らす豪邸に仕える執事見習・楠木松也を演じるのは、2017年多数の映画やドラマに出演し、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞の受賞も果たした注目の俳優・千葉雄大さん。

もっと見る

日本テレビ系で放送中の連続ドラマ「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」(土曜午後10:00)の2月17日放送・第6話に、山村紅葉がゲスト出演することが明らかとなった。同ドラマは、主演の山田涼介、共演の波瑠、小澤征悦が演じるエリート3きょうだいと中村梅雀扮(ふん)する父の、北沢家に毎回降りかかるさまざまなトラブルを、知を結集して全力で解決していくコメディーホームドラマ。第6話では、名門私立中学の経営者・泰蔵(中村)が殺人のターゲットとなり、3きょうだいが真犯人を捜し出していく。警察官の秀作(山田)は、圧倒的に怪しいオーラを放つ女性・奥平こずえ(山村)が真犯人だと目星を付ける展開が描かれる。

もっと見る

映画雑誌「キネマ旬報」が主催する「キネマ旬報ベスト・テン」は1924(大正13)年から現在まで、毎年、その年の称賛すべき作品と映画人を選出してきた映画賞。「2017年 第91回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式が2月12日に東京・文京シビックホールで開催され、大林宣彦監督(日本映画監督賞)、蒼井優(主演女優賞)、菅田将暉(主演男優賞)、田中麗奈(助演女優賞)らの受賞者が出席。日本で一番長い歴史をもつ映画賞を受賞した喜びや、今後の抱負などを語った。

もっと見る

現在、ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」(日本テレビ系)で主演中の山田涼介さんが表紙で登場!この号の発売がバレンタインデーということで甘~い笑顔で表紙を飾ってくれているのですが、その裏側では山田さんの陰なる努力がありました。

もっと見る

桜井日奈子が、日本テレビ系で放送中の連続ドラマ「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」(土曜午後10:00)の1月27日放送・第3話にゲスト出演する。桜井は、山田涼介演じる主人公の豪邸で執事を務める小岩井凛治(浅野和之)が立ち寄るメイド喫茶の店員・冨美代として登場し、物語に波乱を巻き起こす。

もっと見る

日本テレビ系で1月13日より放送スタートする連続ドラマ「もみ消して冬」(土曜午後10:00)の制作発表記者会見が、東京都新宿区の赤城神社で行われ、主演の山田涼介、共演の波瑠、小澤征悦、千葉雄大、中村梅雀が登壇した。

もっと見る

地上波TV+BS+CSオールイン月刊テレビ誌「デジタルTVガイド」のお正月超特大号が本日発売となった。表紙を飾っているのは、「紅白歌合戦」の司会者・内村光良&有村架純&二宮和也。1000本を超える番組解説に加え、地上波TV・BS・CSを網羅した1日6ページの見やすくて使いやすい44日間番組表を武器に、圧巻の情報量で年末年始、そして1月の番組を紹介する。

もっと見る

2018年1月13日から日本テレビ系でスタートする連続ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」(土曜午後10:00)がクランクインし、小瀧望(ジャニーズWEST)、恒松祐里、児嶋一哉、千葉雄大、浅野和之の出演が発表された。また、主題歌をHey! Say! JUMP が担当することも決定した。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

サイン入りポラをプレゼント!

「もみ消して冬」
千葉雄大サイン入りポラを
1名様にプレゼント!

PAGE TOP